前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示
  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見たジャニー喜多川

    2005年にはNHKの大河ドラマ『義経』 の主役・源義経に当時としては最年少で抜擢され、同年5月3日には藤原まつりの「源義経公東下り行列」にも義経役で参加した。この大河ドラマの演技が評価され、第14回橋田賞を受賞。またこの頃、事務所社長のジャニー喜多川が「和に特化した舞台を作りたい」と滝沢に打診し、2006年から『滝沢演舞城』がスタートする。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見た松嶋菜々子

    1999年、TBS系ドラマ『魔女の条件』で松嶋菜々子演じる高校教師と禁断の恋に落ちる生徒役をW主演で演じた。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見たフジテレビジョン

    堂本光一に憧れ自分で履歴書を送り、オーディションを経て1995年に13歳でジャニーズ事務所に入所。今井翼や屋良朝幸とは入所日が同じ。事務所の合宿所に入り、相葉雅紀、二宮和也、松本潤らと生活していたこともあった。同年、フジテレビ系の『木曜の怪談』における主演を経て、1998年、鈴木保奈美と共演した『ニュースの女』で人気を得た。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見た山下智久

    14,5歳の頃から社長のジャニー喜多川にリーダーとしての素質を買われ、ジャニーズJr.のリーダーとして、のちに嵐や関ジャニ∞となるメンバー、山下智久、生田斗真、風間俊介らを含むJr.120人をコンサートなどでまとめ、「東のタッキー、西のすばる」とも称されたJr.黄金期をけん引した。雑誌ではセンターポジションを務めるなど絶大な人気を誇り、別格扱いでもあったことから「小さいジャニーさん」とも言われていたという。しかしプライベートも含めてJr.メンバーに何かがあると代表して謝りに行くなど同時に責任も負っており、大き過ぎる責任に16歳の頃に1度引退を考えたこともあるというが、母親の「帰ってきなさい」という言葉で逆に思いとどまったという。自身がデビューしてJr.を卒業した後も、舞台などで後輩Jr.たちと過ごす機会が多く、ジャニー喜多川がピックアップしてきた子たちの素質をなんとか見つけて育てたいという思いで、後輩を頭ごなしに怒らない、喧嘩をした時にはキスをさせて仲直りさせるなど独自の教育論をもってJr.の“教育係”として力を注ぎ続けている。その結果デビューを果たしたのがKis-My-Ft2やA.B.C-Zである。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見たA.B.C-Z

    14,5歳の頃から社長のジャニー喜多川にリーダーとしての素質を買われ、ジャニーズJr.のリーダーとして、のちに嵐や関ジャニ∞となるメンバー、山下智久、生田斗真、風間俊介らを含むJr.120人をコンサートなどでまとめ、「東のタッキー、西のすばる」とも称されたJr.黄金期をけん引した。雑誌ではセンターポジションを務めるなど絶大な人気を誇り、別格扱いでもあったことから「小さいジャニーさん」とも言われていたという。しかしプライベートも含めてJr.メンバーに何かがあると代表して謝りに行くなど同時に責任も負っており、大き過ぎる責任に16歳の頃に1度引退を考えたこともあるというが、母親の「帰ってきなさい」という言葉で逆に思いとどまったという。自身がデビューしてJr.を卒業した後も、舞台などで後輩Jr.たちと過ごす機会が多く、ジャニー喜多川がピックアップしてきた子たちの素質をなんとか見つけて育てたいという思いで、後輩を頭ごなしに怒らない、喧嘩をした時にはキスをさせて仲直りさせるなど独自の教育論をもってJr.の“教育係”として力を注ぎ続けている。その結果デビューを果たしたのがKis-My-Ft2やA\.B\.C-Zである。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見た関ジャニ∞

    14,5歳の頃から社長のジャニー喜多川にリーダーとしての素質を買われ、ジャニーズJr.のリーダーとして、のちに嵐や関ジャニ∞となるメンバー、山下智久、生田斗真、風間俊介らを含むJr.120人をコンサートなどでまとめ、「東のタッキー、西のすばる」とも称されたJr.黄金期をけん引した。雑誌ではセンターポジションを務めるなど絶大な人気を誇り、別格扱いでもあったことから「小さいジャニーさん」とも言われていたという。しかしプライベートも含めてJr.メンバーに何かがあると代表して謝りに行くなど同時に責任も負っており、大き過ぎる責任に16歳の頃に1度引退を考えたこともあるというが、母親の「帰ってきなさい」という言葉で逆に思いとどまったという。自身がデビューしてJr.を卒業した後も、舞台などで後輩Jr.たちと過ごす機会が多く、ジャニー喜多川がピックアップしてきた子たちの素質をなんとか見つけて育てたいという思いで、後輩を頭ごなしに怒らない、喧嘩をした時にはキスをさせて仲直りさせるなど独自の教育論をもってJr.の“教育係”として力を注ぎ続けている。その結果デビューを果たしたのがKis-My-Ft2やA.B.C-Zである。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見た風間俊介

    14,5歳の頃から社長のジャニー喜多川にリーダーとしての素質を買われ、ジャニーズJr.のリーダーとして、のちに嵐や関ジャニ∞となるメンバー、山下智久、生田斗真、風間俊介らを含むJr.120人をコンサートなどでまとめ、「東のタッキー、西のすばる」とも称されたJr.黄金期をけん引した。雑誌ではセンターポジションを務めるなど絶大な人気を誇り、別格扱いでもあったことから「小さいジャニーさん」とも言われていたという。しかしプライベートも含めてJr.メンバーに何かがあると代表して謝りに行くなど同時に責任も負っており、大き過ぎる責任に16歳の頃に1度引退を考えたこともあるというが、母親の「帰ってきなさい」という言葉で逆に思いとどまったという。自身がデビューしてJr.を卒業した後も、舞台などで後輩Jr.たちと過ごす機会が多く、ジャニー喜多川がピックアップしてきた子たちの素質をなんとか見つけて育てたいという思いで、後輩を頭ごなしに怒らない、喧嘩をした時にはキスをさせて仲直りさせるなど独自の教育論をもってJr.の“教育係”として力を注ぎ続けている。その結果デビューを果たしたのがKis-My-Ft2やA.B.C-Zである。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見た松本潤

    堂本光一に憧れ自分で履歴書を送り、オーディションを経て1995年に13歳でジャニーズ事務所に入所。今井翼や屋良朝幸とは入所日が同じ。事務所の合宿所に入り、相葉雅紀、二宮和也、松本潤らと生活していたこともあった。同年、フジテレビ系の『木曜の怪談』における主演を経て、1998年、鈴木保奈美と共演した『ニュースの女』で人気を得た。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見た嵐 (グループ)

    14,5歳の頃から社長のジャニー喜多川にリーダーとしての素質を買われ、ジャニーズJr.のリーダーとして、のちにや関ジャニ∞となるメンバー、山下智久、生田斗真、風間俊介らを含むJr.120人をコンサートなどでまとめ、「東のタッキー、西のすばる」とも称されたJr.黄金期をけん引した。雑誌ではセンターポジションを務めるなど絶大な人気を誇り、別格扱いでもあったことから「小さいジャニーさん」とも言われていたという。しかしプライベートも含めてJr.メンバーに何かがあると代表して謝りに行くなど同時に責任も負っており、大き過ぎる責任に16歳の頃に1度引退を考えたこともあるというが、母親の「帰ってきなさい」という言葉で逆に思いとどまったという。自身がデビューしてJr.を卒業した後も、舞台などで後輩Jr.たちと過ごす機会が多く、ジャニー喜多川がピックアップしてきた子たちの素質をなんとか見つけて育てたいという思いで、後輩を頭ごなしに怒らない、喧嘩をした時にはキスをさせて仲直りさせるなど独自の教育論をもってJr.の“教育係”として力を注ぎ続けている。その結果デビューを果たしたのがKis-My-Ft2やA.B.C-Zである。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢秀明

    滝沢秀明から見た二宮和也

    堂本光一に憧れ自分で履歴書を送り、オーディションを経て1995年に13歳でジャニーズ事務所に入所。今井翼や屋良朝幸とは入所日が同じ。事務所の合宿所に入り、相葉雅紀、二宮和也、松本潤らと生活していたこともあった。同年、フジテレビ系の『木曜の怪談』における主演を経て、1998年、鈴木保奈美と共演した『ニュースの女』で人気を得た。滝沢秀明 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示

「滝沢秀明」のニューストピックワード