1582件中 21 - 30件表示
  • マルセル・エイメ

    マルセル・エイメから見た演劇演劇

    第一次世界大戦終結翌年の1919年、ジュラ県ドール市の高等中学を卒業。その後まもなく語学習得のためドイツへ留学する。途中兵役を挟んで周囲の勧めで医学を学ぶ目的で20歳頃パリに上京すると、新聞記者、銀行員、保険外交員や映画、演劇関連の瑣末な仕事等を転々として暮らし、結局、学業、仕事ともに挫折する。仕事の不首尾については、当人の無愛想な性格・外見も影響したと見られる。その後病を得た彼は、療養のために地元のドール市に帰郷し、そこで小説の執筆を始める。フランスの田舎町に材を取ったゾラになぞらえられる重たい作風の小説作品がほどなく文壇の注目を集めるに至る。(作家としての処女作は1926年に発表された「Brulebois (ブリュールボア)」)マルセル・エイメ フレッシュアイペディアより)

  • はじめてのあく

    はじめてのあくから見た演劇部演劇

    本人いわく「2人(キョーコと秋穂)は私の嫁」。演劇部所属。はじめてのあく フレッシュアイペディアより)

  • 俳優座劇場

    俳優座劇場から見た演劇演劇

    舞台美術家であり初代社長でもある伊藤熹朔の発案により、劇場付属の舞台美術部(大道具製作)を開設し現在に至っている。演劇・舞台・テレビ大道具セット(テレビドラマ、バラエティ番組、ニュース番組など)の大道具全般の美術総合製作会社である。NHK、日本テレビ、テレビ朝日などのセット全般・大道具操作を手掛けている。1953年(昭和28年)5月12日設立。俳優座劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 野村万蔵 (7世)

    野村万蔵 (7世)から見た演劇演劇

    六世野村万蔵の長男として東京府に生まれる。太平洋戦争後、弟である二世野村万作とともに狂言のみならず現代演劇や前衛演劇に出演するほか、『おしん』や『翔ぶが如く』などテレビドラマにも出演した。その一方で、小学校やホールでの公演も重ね、狂言の一般的普及に大きく貢献した。現在も多くの舞台で活躍し、後進の育成にも力を注いでいる。野村万蔵 (7世) フレッシュアイペディアより)

  • スコモローフ

    スコモローフから見た演劇演劇

    ロシアの定住農耕民にとって大きな民俗儀礼としてクリスマス週間があり、期間中に行われる仮装やめぐり歩きなどの遊興は、後の演劇の形成に深く結びついている。スコモローフは、これをはじめとして婚礼や埋葬式など民衆の集いや遊興に中心的な役割を果たした。仮装や歌舞、演技などを通じて民衆にパロディとファルス(笑劇)の形式を与えたことで、スコモローフはロシアの笑いの文化と同時に演劇の起源をもたらした。このような演劇の際だった特徴は、見物人の直接参加がなされていたことである。スコモローフの歌や踊りが元になり、後に民衆劇場や民俗的な題材による芝居の上演が生まれた。スコモローフ フレッシュアイペディアより)

  • アヴィニョン演劇祭

    アヴィニョン演劇祭から見た演劇演劇

    アヴィニョン演劇祭(アヴィニョンえんげきさい、Festival d'Avignon)は、毎年のヴァカンスの時季に、南フランスのアヴィニョンで開かれている、演劇ほかのフェスティヴァルである。期間中は、約9万の町の人口に匹敵する数の演者・観客が、フランス始め各国から、集まる。アヴィニョン演劇祭 フレッシュアイペディアより)

  • 山形県立山形東高等学校

    山形県立山形東高等学校から見た演劇演劇

    2日間半開催される。山形西高・山形南高・山形北高も同じ日程で文化祭を開催しており、4校合同企画も行われる(年度によって4校合同とならず、2校や3校合同となる場合もある)。1日目は午前に短縮授業を行う。その後、午後より山東祭が開催される。1日目「前日祭」2日目「文化部発表」3日目「文化部発表」「後夜祭」という全校生徒参加による行事が山形東高講堂にて行われる。一般への公開は2?3日目のみで、生徒による模擬店出店、アトラクション、演劇発表、カラオケ大会、ライブコンサートや映画上映会やフードファイトなどが行われる。これらにおいて、「前日祭」「後夜祭」「文化部発表」は一般公開ではない。山形県立山形東高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 芸術劇場

    芸術劇場から見た演劇演劇

    『芸術劇場』(げいじゅつげきじょう)は、NHK教育テレビジョンで毎週金曜日23:00から翌土曜日未明にかけて概ね2時間15分にわたって放送されていた、演劇・舞台芸術の番組である(作品により時間の延長あり)。地上アナログ放送においては、レターボックス形式で放送されていた。芸術劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 端役

    端役から見た演劇演劇

    演劇・映像・文学作品においては、その作品の本筋を担う主人公、いわゆる主役や、主役に次いで話に関わる脇役が登場する。端役とは、そのような主役及び脇役の、さらに周辺に登場する人物のことである。主役や脇役のように話の本筋に絡んではこないものの、話の進行を一時的に助けたり、話の背景を描くために用いられることが多い。端役 フレッシュアイペディアより)

  • チャンバラ

    チャンバラから見た演劇演劇

    刀で斬り合う音、および様子を表す擬音に由来する副詞的語句ちゃんちゃんばらばらの略であり、剣戟シーンをクライマックスに置いた作劇をする日本の演劇・映画・テレビドラマ等を指す。この場合、ちゃんばら芝居、ちゃんばら映画、ちゃんばらものと呼称される。チャンバラ フレッシュアイペディアより)

1582件中 21 - 30件表示

「演劇・舞台」のニューストピックワード