2016件中 41 - 50件表示
  • 沖津賢一郎

    沖津賢一郎から見た舞台演劇演劇

    以降、舞台演劇と映画演出のちがいを痛感し、富野由悠季著「映像の原則」などを読みながら独学で映像演出を学ぶようになる。また、大森一樹、篠崎誠、インディーズ映画監督伊東岳、映画カメラマン能勢広、岩谷和行、撮影監督 長田勇市らからの指導を受け、高間賢治、宮武由衣、室井孝介、川島透、塙幸成、坂野義光らとも仕事をするようになり、本格的に映像作家としての活動を始める。沖津賢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 未来

    未来から見た演劇演劇

    未来はいくつかの芸術運動や文化範疇を通じて探求されてきた。20世紀初頭の未来派は絵画・彫刻・詩歌・演劇・音楽・建築さらには美食といったあらゆる芸術形式を探求した。未来派は過去の思潮、特に政治・芸術における伝統を毛嫌いした。代わりにスピード・技術・暴力といったものへの愛を支持した。未来派音楽には機械への敬意、機械の導入、機械の模倣があった。未来派は他の芸術領域を取り込んでいったが、最終的には工業デザイン、織物、建築を取り込むに至った。未来 フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・エイメ

    マルセル・エイメから見た演劇演劇

    第一次世界大戦終結翌年の1919年、ジュラ県ドル市の高等中学を卒業。その後まもなく語学習得のためドイツへ留学する。途中兵役を挟んで周囲の勧めで医学を学ぶ目的で20歳頃パリに上京すると、新聞記者、銀行員、保険外交員や映画、演劇関連の瑣末な仕事等を転々として暮らし、結局、学業、仕事ともに挫折する。仕事の不首尾については、当人の無愛想な性格・外見も影響したと見られる。その後病を得た彼は、療養のために地元のドル市に帰郷し、そこで小説の執筆を始める。フランスの田舎町に材を取ったゾラになぞらえられる重たい作風の小説作品がほどなく文壇の注目を集めるに至る。(作家としての処女作は1926年に発表された「Brulebois (ブリュールボア)」)マルセル・エイメ フレッシュアイペディアより)

  • それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ

    それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコから見た演劇演劇

    現代世界から相対未来の30世紀へ、戦艦のプレイヤーとしてスカウトとされた最初の女子高生。成績優秀、スポーツ万能(アニメ版では運動部からたびたび助っ人に借り出され、みよね椎のコミック版ではバスケットボールの授業でその身長にもかかわらずダンクシュートを決めた)と、本人曰く、忙しい学校生活を送っている。また料理、裁縫など様々な分野に長けている他、演劇でもプロ顔負けの演技力を発揮し、学園祭ではシェークスピアの「お気に召すまま」のロザリンド役を見事に演じていた。唯一の欠点は欧米的な自己主張が強すぎる性格で、学校の教師からは厄介者扱いされている。原作においてアメリカで暮らしている祖母に、「その性格から日本社会に溶け込めないだろうから、大学、就職はアメリカに戻って来い」と言われていた。一方で同級生たちの間、取り分け女子生徒からは学年を問わず圧倒的な人気を誇っており、バレンタインデーの時には大量のチョコレートが贈られてくる(同性愛者の女生徒から贈られたチョコには、かなりいかがわしい内容の手紙が添付されていた)。それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩治郎八

    薩摩治郎八から見た演劇演劇

    東京・日本橋において、一代で巨万の富を築き「木綿王」と呼ばれた薩摩治兵衛の孫として生まれる。父親は2代目薩摩治兵衛(1881-?)。第一次世界大戦後の1920年(大正9年)にイギリスのオックスフォード大学に留学し、ギリシア演劇などを学びつつ、「アラビアのロレンス」として知られたトーマス・エドワード・ロレンスや藤原義江などと親交を結んだ後、1922年(大正11年)に、当時の好景気を背景に隆盛を極めていたフランスのパリに向かう。薩摩治郎八 フレッシュアイペディアより)

  • 喜劇

    喜劇から見た演劇演劇

    喜劇(きげき、 )とは、人を笑わせることを主体とした演劇や映画、ラジオやテレビのドラマ作品や、それらのなかの笑いを誘うやりとりを指す。コメディとも呼称される。喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • ランガラ・カレッジ

    ランガラ・カレッジから見た演劇演劇

    Theatre Arts (演劇学部) (Studio 58)ランガラ・カレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 西ヶ廣渉

    西ヶ廣渉から見た演劇演劇

    西ヶ廣 渉(にしがひろ わたる、1950年4月18日 - )は、日本の外交官、演劇評論家。駐ルクセンブルク特命全権大使、宮内庁宮務主管等を務めた。演劇評論家としての筆名は結城 雅秀(ゆうき まさひで)。西ヶ廣渉 フレッシュアイペディアより)

  • 東邦大学医療短期大学

    東邦大学医療短期大学から見た演劇演劇

    また、華道・茶道・書道・演劇・美術・文学・手話・音楽などの文化講座も設けられていた。東邦大学医療短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァイマル文化

    ヴァイマル文化から見た演劇演劇

    文学、芸術、建築、音楽、舞踊や演劇の他、映画というニューメディアの分野で文化的発展が顕著であった。政治理論家のエルンスト・ブロッホをして、ヴァイマル文化を「ペリクレス時代」とまで言わしめている。ヴァイマル文化 フレッシュアイペディアより)

2016件中 41 - 50件表示

「演劇・舞台」のニューストピックワード