前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 演劇

    演劇から見たクロサワ

    モノクロ時代のクロサワ映画の予告編などを見ると、「映画演劇」という言葉が出てくる。この当時は劇映画を演劇の延長とみなしていたことがわかる。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た漫画

    上の項と関連して言えば、人形劇というのもある。演じるのは必ずしも人間でなくてもよいわけである。例えば、日本はマンガがそれなりの文化として内外で認められつつあるが、絵画による演劇と見なすこともできよう。「絵画劇」と呼ぶこともできよう。劇画という言葉はその辺を意識して造語されたのかもしれないが、後に、重厚でリアルタッチな絵柄のストーリー・マンガを指すようになっていった。劇画とマンガの間にあるのは、もはや絵柄(小説で言えば文体)の差くらいしかない。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た俳優

    演劇(えんげき、英語:theater)とは嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああ、主として生身の俳優による演技を通し、何らかのストーリーやテーマなどを、同じ場にいる観客に対しリアルタイムに提示する表現活動を言う。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た演技

    演劇(えんげき、英語:theater)とは嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああ、主として生身の俳優による演技を通し、何らかのストーリーやテーマなどを、同じ場にいる観客に対しリアルタイムに提示する表現活動を言う。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た舞台美術

    俳優の演技の他、様々な芸術表現を組み合わせ調和と協調をはかり、演劇作品は作られていく。それゆえに、演劇は総合芸術の一つとして捉えられている。用いられる芸術分野は多岐に渡り、音楽や舞踊、舞台音響・舞台照明や舞台美術、時には舞台機構や劇場となる空間そのものなど建築デザインの範疇にまで至る。演劇のために劇作家が執筆する戯曲は、それ単体でも文学作品となりうる。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た戯曲

    俳優の演技の他、様々な芸術表現を組み合わせ調和と協調をはかり、演劇作品は作られていく。それゆえに、演劇は総合芸術の一つとして捉えられている。用いられる芸術分野は多岐に渡り、音楽や舞踊、舞台音響・舞台照明や舞台美術、時には舞台機構や劇場となる空間そのものなど建築デザインの範疇にまで至る。演劇のために劇作家が執筆する戯曲は、それ単体でも文学作品となりうる。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た専門用語

    演劇を指して「舞台」と言われることも多い。「舞台を観に行く」も日常的である。「俳優Xの舞台出演作」とは言われても「演劇出演作」という表現は一般的ではない。俳優が初めて演劇作品に出演する場合、または作品そのものについて、「初舞台」という言葉が使われる。これらに鑑みると「演劇」という言葉にはよりフォーマルで専門用語に近い位置づけがあるようである。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た観客

    演劇(えんげき、英語:theater)とは嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああ、主として生身の俳優による演技を通し、何らかのストーリーやテーマなどを、同じ場にいる観客に対しリアルタイムに提示する表現活動を言う。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た歌舞伎

    現代演劇を上演する上で不可欠なのは、一定以上の長い期間(多くは1ヶ月程度)にわたる俳優の稽古である。多くの演劇作品で上演時間は1時間半以上、長いものでは途中休憩等を除いても3時間以上もあり、演出家の指示のもと、稽古を通してセリフや動き・他の俳優とのやり取りを身体で覚える必要がある。古典歌舞伎などの場合は、セリフや動きが型にはまっており、幼少時からの稽古で演目や演技が役者の身体に染み付いているためか、稽古期間は数日であるという。新作歌舞伎でも、その稽古期間は現代劇に比べ圧倒的に短い。また古典歌舞伎に演出家はいない。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た演出家

    現代演劇を上演する上で不可欠なのは、一定以上の長い期間(多くは1ヶ月程度)にわたる俳優の稽古である。多くの演劇作品で上演時間は1時間半以上、長いものでは途中休憩等を除いても3時間以上もあり、演出家の指示のもと、稽古を通してセリフや動き・他の俳優とのやり取りを身体で覚える必要がある。古典歌舞伎などの場合は、セリフや動きが型にはまっており、幼少時からの稽古で演目や演技が役者の身体に染み付いているためか、稽古期間は数日であるという。新作歌舞伎でも、その稽古期間は現代劇に比べ圧倒的に短い。また古典歌舞伎に演出家はいない。演劇 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「演劇・舞台」のニューストピックワード