31件中 21 - 30件表示
  • 演劇

    演劇から見た舞台音響

    俳優の演技の他、様々な芸術表現を組み合わせ調和と協調をはかり、演劇作品は作られていく。それゆえに、演劇は総合芸術の一つとして捉えられている。用いられる芸術分野は多岐に渡り、音楽や舞踊、舞台音響・舞台照明や舞台美術、時には舞台機構や劇場となる空間そのものなど建築デザインの範疇にまで至る。演劇のために劇作家が執筆する戯曲は、それ単体でも文学作品となりうる。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見たダンス

    俳優の演技の他、様々な芸術表現を組み合わせ調和と協調をはかり、演劇作品は作られていく。それゆえに、演劇は総合芸術の一つとして捉えられている。用いられる芸術分野は多岐に渡り、音楽や舞踊、舞台音響・舞台照明や舞台美術、時には舞台機構や劇場となる空間そのものなど建築デザインの範疇にまで至る。演劇のために劇作家が執筆する戯曲は、それ単体でも文学作品となりうる。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た文学作品

    俳優の演技の他、様々な芸術表現を組み合わせ調和と協調をはかり、演劇作品は作られていく。それゆえに、演劇は総合芸術の一つとして捉えられている。用いられる芸術分野は多岐に渡り、音楽や舞踊、舞台音響・舞台照明や舞台美術、時には舞台機構や劇場となる空間そのものなど建築デザインの範疇にまで至る。演劇のために劇作家が執筆する戯曲は、それ単体でも文学作品となりうる。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た劇場

    俳優の演技の他、様々な芸術表現を組み合わせ調和と協調をはかり、演劇作品は作られていく。それゆえに、演劇は総合芸術の一つとして捉えられている。用いられる芸術分野は多岐に渡り、音楽や舞踊、舞台音響・舞台照明や舞台美術、時には舞台機構や劇場となる空間そのものなど建築デザインの範疇にまで至る。演劇のために劇作家が執筆する戯曲は、それ単体でも文学作品となりうる。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た長回し

    リアルタイムの演技提示ではない「映像作品中の演劇」(映画、テレビドラマなど)は、現代では演劇とは分けて考えられているが、例えばワンシーンが非常に長いなど、俳優やスタッフが入念に稽古やリハーサルを重ねて撮影された場合、そのシーンや作品自体を「演劇である」「演劇的だ」と評することがある。テレビドラマも開始当初は生放送(リアルタイム)であり、その後も撮影用ビデオテープは貴重であった時代が長く、演劇がそのまま撮影される手法が普通であったため、近年のドラマと1980年頃までのドラマを見比べると、昔の作品では一連の演技がそのまま撮影されており、セリフのちょっとしたミス(いわゆる「とちり」や「噛み」)の許容度が高いなどリアル感があり、より演劇的である。作品や監督によってはいわゆる「長回し」の手法が用いられるなど、演劇的であることが重視される場合も多い。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た建築

    俳優の演技の他、様々な芸術表現を組み合わせ調和と協調をはかり、演劇作品は作られていく。それゆえに、演劇は総合芸術の一つとして捉えられている。用いられる芸術分野は多岐に渡り、音楽や舞踊、舞台音響・舞台照明や舞台美術、時には舞台機構や劇場となる空間そのものなど建築デザインの範疇にまで至る。演劇のために劇作家が執筆する戯曲は、それ単体でも文学作品となりうる。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た舞台

    演劇を指して「舞台」と言われることも多い。「舞台を観に行く」も日常的である。「俳優Xの舞台出演作」とは言われても「演劇出演作」という表現は一般的ではない。俳優が初めて演劇作品に出演する場合、または作品そのものについて、「初舞台」という言葉が使われる。これらに鑑みると「演劇」という言葉にはよりフォーマルで専門用語に近い位置づけがあるようである。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た映画

    リアルタイムの演技提示ではない「映像作品中の演劇」(映画、テレビドラマなど)は、現代では演劇とは分けて考えられているが、例えばワンシーンが非常に長いなど、俳優やスタッフが入念に稽古やリハーサルを重ねて撮影された場合、そのシーンや作品自体を「演劇である」「演劇的だ」と評することがある。テレビドラマも開始当初は生放送(リアルタイム)であり、その後も撮影用ビデオテープは貴重であった時代が長く、演劇がそのまま撮影される手法が普通であったため、近年のドラマと1980年頃までのドラマを見比べると、昔の作品では一連の演技がそのまま撮影されており、セリフのちょっとしたミス(いわゆる「とちり」や「噛み」)の許容度が高いなどリアル感があり、より演劇的である。作品や監督によってはいわゆる「長回し」の手法が用いられるなど、演劇的であることが重視される場合も多い。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た千秋楽

    最初の開演日を「初日」といい、最終公演を「千秋楽」という。上演期間が長い場合、ほぼ中間に当たる上演日を「中日(なかび)」といい、それぞれに俳優やスタッフが祝われたり、お互いをねぎらったりする機会となる。演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 演劇

    演劇から見た人形劇

    上の項と関連して言えば、人形劇というのもある。演じるのは必ずしも人間でなくてもよいわけである。例えば、日本はマンガがそれなりの文化として内外で認められつつあるが、絵画による演劇と見なすこともできよう。「絵画劇」と呼ぶこともできよう。劇画という言葉はその辺を意識して造語されたのかもしれないが、後に、重厚でリアルタッチな絵柄のストーリー・マンガを指すようになっていった。劇画とマンガの間にあるのは、もはや絵柄(小説で言えば文体)の差くらいしかない。演劇 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「演劇・舞台」のニューストピックワード