瀬古利彦 ニュース&Wiki etc.

瀬古 利彦(せこ としひこ、1956年7月15日 - )は三重県桑名市出身の元陸上競技・マラソン選手、陸上競技指導者。1970年代後半から1980年代にかけて宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした。現役引退後はヱスビー食品スポーツ推進局局長を経て、2013年4月よりDeNAランニン… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「瀬古利彦」のつながり調べ

  • 2004年アテネオリンピックの日本選手団

    2004年アテネオリンピックの日本選手団から見た瀬古利彦

    コーチ:浜田安則(日本陸上競技連盟)、高野進(東海大学)、有川秀之(埼玉大学)、永山忠幸(ワコール)、大森重宜(星陵女子短期大学)、小坂忠広(石川県立鶴来高校)、高橋卓巳(香川県立観音寺中央高校)、越川一紀(順天堂大学)、本田陽(中京大学)、室伏重信(中京大学)、坂口泰(中国電力)、白水昭興(日清食品)、瀬古利彦(エスビー食品)、藤田信之(グローバリー)、鈴木秀夫(三井住友海上火災保険)、武冨豊(天満屋)(2004年アテネオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 長距離走

    長距離走から見た瀬古利彦

    上記の他にも1500メートル競走、10マイルロードレース、20000メートル競走、20キロロードレース、1時間競走、25000メートル競走、30000メートル競走、30キロロードレース、35キロ(マラソンの途中計時)など多彩な種目があるが、競技頻度が少ない。また20キロロードレースは1969年、10マイルロードレース、30キロロードレース、35キロは1971年から道路日本記録として公認されているが、世界記録としては公認されてこなかった。しかし2003年になってマラソン、ハーフマラソンなどのコースで一定の条件を満たしたレースについては10キロから35キロまで5キロごとの途中計時と10キロロードレース、20キロロードレース、30キロロードレースは世界記録として公認されるようになった。なお、25000メートル競走・30000メートル競走は瀬古利彦が1981年から2011年まで、30キロロードレースは松宮隆行が2004年から2008年まで、世界記録保持者であった。(長距離走 フレッシュアイペディアより)

「瀬古利彦」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「瀬古利彦」のニューストピックワード