前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示
  • 中山竹通

    中山竹通から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1980年代後半に瀬古利彦や宗茂、宗猛兄弟、新宅雅也らと、1990年代前半には谷口浩美、森下広一らと日本マラソン界をリードした。2時間10分を切るサブテン5回は瀬古利彦、藤原新と並び歴代2位タイ(最多は高岡寿成の6回)、2時間9分を切るレース4回は高岡と並び最多タイを誇る。中山竹通 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺康幸

    渡辺康幸から見た瀬古利彦瀬古利彦

    市立船橋高校、早稲田大学のエースとして全国高等学校総合体育大会、全国高等学校駅伝競走大会、東京箱根間往復大学駅伝競走などの大会で大活躍を見せた。大学以降は瀬古利彦の指導を受けて、日本代表として1992年世界ジュニア陸上競技選手権大会10000m3位、1995年世界陸上競技選手権イェーテボリ大会10000m12位、ユニバーシアード福岡大会10000m優勝の成績を収めた。1996年にエスビー食品へ入社しマラソンで世界を目指した。アトランタオリンピックの10000mはアキレス腱の故障により出場ができなかった。度重なる怪我により、2002年に現役を引退した。渡辺康幸 フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学競走部

    早稲田大学競走部から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1914年(大正3年)4月創部、1919年の第1回関東学生陸上競技対校選手権大会で優勝を飾る。関東学生陸上競技対校選手権大会の優勝は通算18回、日本学生陸上競技対校選手権大会の男子総合優勝は10回を数える。1920年のアントワープオリンピックマラソンに三浦弥平が出場した。以降、オリンピック金メダリストに輝いた織田、南部と、小掛照二の男子三段跳世界記録樹立者を筆頭に、円盤投およびハンマー投で15回日本記録を更新した沖田芳夫、男子100m日本記録樹立者の飯島秀雄、マラソン10勝を挙げた瀬古利彦ら名選手が輩出した。早稲田大学競走部 フレッシュアイペディアより)

  • 中村清

    中村清から見た瀬古利彦瀬古利彦

    その後、箱根駅伝をはじめとする長距離種目で早稲田大学が弱体化したことから、懇願されて1976年に復帰。「世界に通用するマラソン選手を育てる」ことをめざし、瀬古利彦を育て上げた。中村清 フレッシュアイペディアより)

  • 市川中学校・高等学校

    市川中学校・高等学校から見た瀬古利彦瀬古利彦

    岩佐吉章(元陸上競技選手。県大会(1981年)、1500m・5000m・1500m障害の3種目優勝。南関東大会(1981年)、1500m・5000m・1500m障害の3種目優勝により市川高校、団体優勝。横浜インターハイ(1981年)、1500m優勝、5000m優勝により瀬古利彦以来のインターハイ中長距離三冠挑戦者となるも最後の1500m障害で6着。瀬古利彦同様、惜しくも三冠を逃す。順天堂大学の選手として箱根駅伝区間賞2回(1985年3区、1986年3区)市川中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木亮

    黒木亮から見た瀬古利彦瀬古利彦

    早稲田大在学中は競走部に所属し、大学4年時にはロード20kmで1時間1分58秒の北海道新記録を出している。また箱根駅伝には2年連続で出場し、第55回大会(1979年)では、3区のランナーとして、2区の瀬古利彦からトップで襷を受け取り、首位のまま4区へ繋いでいる1。競走部時代の瀬古利彦や中村清のエピソード、および自らの陸上競技人生に関しては、『冬の喝采』に詳しく書かれている。これは自伝的小説という位置づけではあるが、ほぼノンフィクションである。黒木亮 フレッシュアイペディアより)

  • 青梅マラソン

    青梅マラソンから見た瀬古利彦瀬古利彦

    14回大会(1980)にオープン参加ながら1時間29分32秒で走破した瀬古利彦(エスビー食品)は、唯一の1時間30分切りを果たしている。なお30年経った現在でも非公式の男子オープン記録として残っている。青梅マラソン フレッシュアイペディアより)

  • エスビー食品

    エスビー食品から見た瀬古利彦瀬古利彦

    社会人陸上部の活動でも知られており、瀬古利彦(現:同社スポーツ推進局長)などが所属している。エスビー食品 フレッシュアイペディアより)

  • 梅木蔵雄

    梅木蔵雄から見た瀬古利彦瀬古利彦

    小学校時代は足が速くなかったが光市立浅江中学校に入り陸上を始め、1000m走、3000m走で中学生の山口県記録を樹立する実力をつけたその後宇部鴻城高等学校に進学し瀬古利彦とも知り合った。早稲田大学に特別選抜枠で進学し、箱根駅伝には3年連続出場、3年時には1区で区間賞、4年時には華の2区で区間賞に輝いた。2003年のベルリンマラソンで2時間10分を切った。2006年には同大会では3位入賞を果たした(優勝はハイレ・ゲブレセラシェで2時間5分56秒)。ニューイヤー駅伝では2008年に区間賞を獲得するなど活躍しており、中国電力の2度の優勝にも貢献している。梅木蔵雄 フレッシュアイペディアより)

  • S&Bちびっ子健康マラソン大会

    S&Bちびっ子健康マラソン大会から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦が所属したことで長距離走界に関わりの深いヱスビー食品株式会社が、「21世紀を担う人づくり」をテーマにスポーツを通じて心身ともに健康な子供たちを育成することを第一の目的として、1984年から開催。以後、全国各地域における地方大会およびその優秀選手による全国大会が実施されてきた。2007年時点で延べ89万人が参加し、小学生を対象とした長距離走大会としては全国最大規模のものとなっている。S&Bちびっ子健康マラソン大会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード