2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
109件中 91 - 100件表示
  • 川内優輝

    川内優輝から見た瀬古利彦瀬古利彦

    2016年12月4日、翌2017年開催の世界陸上ロンドン大会男子マラソン国内選考会・福岡国際マラソンにエントリーしたが、11月12日の練習中に右脹ら脛を痛め、更に本番2日前は左足首を捻挫する負傷にも見舞われ、周囲からは欠場を勧められたが断固拒否、レース直前に鎮痛剤を服用し強行出場。その福岡国際では終始先頭集団に果敢についていき、中間点過ぎでペースメーカーが離脱すると、川内自ら積極的に飛び出してトップに立つ。その後優勝したイエマネ・ツェガエ(エチオピア)、2位のパトリック・マカウ(ケニア)らと競り合う中、後半ややペースダウンしたが2時間9分台の日本人首位・総合3位でフィニッシュ、ゴール後の川内は感極まり男泣きしていた。レース後の日本陸連理事・尾縣貢専務は「経験から築かれた冷静さと試合展開、攻めのレースは非常に評価している。本当に素晴らしい」、又長距離・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦も「粘りまくってよく3番になってくれた。いい一歩目を踏み出せた。彼に有難う!と言いたい」と、それぞれ川内の激走ぶりを絶賛していた。なお川内は今回の福岡国際で、日本男子マラソン界では前人未到の二桁回数となる、合計10度目のサブテンをマークしている。川内優輝 フレッシュアイペディアより)

  • 国際千葉駅伝

    国際千葉駅伝から見た瀬古利彦瀬古利彦

    第1回(1988年) 瀬古利彦の引退レースとなる。国際千葉駅伝 フレッシュアイペディアより)

  • 小野梓記念賞

    小野梓記念賞から見た瀬古利彦瀬古利彦

    教育・体育 3年 瀬古利彦 : 競走部小野梓記念賞 フレッシュアイペディアより)

  • 東京箱根間往復大学駅伝競走

    東京箱根間往復大学駅伝競走から見た瀬古利彦瀬古利彦

    黒木亮(金山雅之)著 『冬の喝采』 講談社、2008年。ISBN 978-4062150415 - 中村清監督時代の箱根駅伝に向けての早稲田大学競走部のトレーニング描写、瀬古利彦のエピソード、中村の人物像に詳しい。東京箱根間往復大学駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年IAAFダイヤモンドリーグ

    2011年IAAFダイヤモンドリーグから見た瀬古利彦瀬古利彦

    ヘイワード・フィールドはオレゴン大学内に位置し全米選手権やオリンピック代表選考会の舞台として知られる競技場である。2011年のプリフォンテーンクラシックは16のダイヤモンドレースを含む25の競技が行われた。風に恵まれた女子100mは歴代2位の記録を持つカーメリタ・ジーターが10秒70の記録で優勝した。男子30,000mではケニアのモーゼス・モソプが1時間26分47秒4をマークして優勝、瀬古利彦が保持していた世界記録は30年ぶりに更新された。モソプは2005年世界選手権10,000m銅メダリストであり、2011年のボストンマラソンでは非公認ながら世界記録を上回る2時間03分06秒を記録して2位に入った選手である。男子10,000mはモハメド・ファラーが優勝、ヨーロッパ記録を更新した。2011年IAAFダイヤモンドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本

    1986年の日本から見た瀬古利彦瀬古利彦

    4月20日 - マラソンの瀬古利彦選手(エスビー食品所属)がロンドンマラソンで初優勝。1986年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂5丁目ミニマラソン

    赤坂5丁目ミニマラソンから見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(DeNAランニングクラブ総監督/2014年春)赤坂5丁目ミニマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 増田明美

    増田明美から見た瀬古利彦瀬古利彦

    高校1年生の2学期に貧血にかかり、瀧田からマネージャーへの転向を指示される。それに反発した増田はいったん陸上部をやめて自宅に戻り、千葉県立長生高等学校への転校を考えたり(困難なために断念)、自宅から2時間半かけて成田高校に通学したりしたが、半年後に復帰。「(マネージャー転向を指示した)瀧田を見返してやろう」という思いから猛練習を重ねる。その成果が長距離に転向した3年生の1981年にあらわれた。4月19日に中央大学で行われた記録会で、10000m(33分20秒0)、5000m(途中計時16分48秒4)の日本新記録を出したのを皮切りに、兵庫リレーカーニバル(5000m、15分53秒2=日本新記録、途中計時の3000m・9分30秒6も日本新記録)、スポニチ国際陸上(3000m、9分14秒81=日本新記録)、アジア陸上競技選手権大会(3000m、9分18秒17)など好記録を重ねた。6月7日のアジア陸上10000m(オープン競技)では、その年のボストンマラソン優勝のアリソン・ローや、同3位のジョーン・ベノイト(後のロサンゼルスオリンピック女子マラソン・初代金メダリスト)らと互角に渡り合い、彼女らを抑えて33分13秒22の日本新記録で優勝した。身長173cmのローを150cmの増田が抜き去る模様は、国立競技場の観客を大いに沸かせた。一方、当時女子マラソンの日本最高記録保持者だった佐々木七恵(当時岩手県の教職員だった)は、スポニチ国際やアジア陸上(3000m)で同走したが、あまりの速さの違いに「別世界の人みたい」と感想を漏らすほどであった。これを契機に佐々木は以前より指導を受けていた中村清により熱心にコーチを求めていくこととなった(翌年、エスビー食品陸上部に入部)。6月21日の札幌タイムス20キロロードでも日本最高記録で優勝、途中計時の10キロでも日本最高を記録し、トラックの3000m・5000m・10000mとロードの10キロ・20キロの日本記録をすべて塗り替えた。こうした活躍に、マスコミからは「女瀬古」のあだ名がつけられた。10月の日本陸上競技選手権大会でも3000m、10000mで2冠を達成する。このうち10000mは自己の記録を更新する33分01秒5の日本新記録であった。増田明美 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年モスクワオリンピックの日本選手団

    1980年モスクワオリンピックの日本選手団から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(ヱスビー食品)1980年モスクワオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 宮嶋泰子

    宮嶋泰子から見た瀬古利彦瀬古利彦

    「走れ瀬古利彦!」 東京出版 1984.8宮嶋泰子 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
109件中 91 - 100件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード