109件中 11 - 20件表示
  • 石川渓月

    石川渓月から見た瀬古利彦瀬古利彦

    大学在学中は競走部に所属し長距離走を専門とする(瀬古利彦とは同期生)。50歳を過ぎて「本気で“小説”というものに挑戦したい」と思い、2008年から若桜木虔のメール通信添削講座を受ける。2010年、『煙が目にしみる』(応募時のタイトルは「ハッピーエンドは嵐の予感」)で第14回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2011年、同作でデビュー。石川渓月 フレッシュアイペディアより)

  • 武井隆次

    武井隆次から見た瀬古利彦瀬古利彦

    大学卒業後はエスビー食品に入社。長く伸び悩んでいたが、2002年のびわ湖毎日マラソンでは2時間8分35秒で優勝。釜山アジア大会代表に選出された。アジア大会本番では銅メダルを獲得する活躍を見せた。しかし、オリンピック出場はならず、怪我の影響もあって引退した。引退後、ヱスビー食品に残りコーチをしていたが、瀬古利彦の異動に伴い後継指名を受け監督に就任した。2008年4月より早実高コーチに就任。武井隆次 フレッシュアイペディアより)

  • 成田道彦

    成田道彦から見た瀬古利彦瀬古利彦

    秋田県立西目農業高等学校(現・秋田県立西目高等学校)卒業後、法政大学に入学。当時低迷期にあったチームでエースとして活躍し、箱根駅伝では2年時から3年連続で2区を走った。4年時にあたる1978年の54回大会では、早稲田大学の瀬古利彦、日本体育大学の中村孝生ら強豪を抑えて区間賞を獲得。母校を17年振りに先頭に立たせ、9年振りのシード権獲得(8位)の原動力となった。特に学生最強ランナーと言われた瀬古を破った男として現在でも名前を見つけることが出来る。在学中には1500mや3000mSCでも活躍していた。成田道彦 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ド・キャステラ

    ロバート・ド・キャステラから見た瀬古利彦瀬古利彦

    このあと1983年開催の第1回世界陸上ヘルシンキ大会を含めて4連勝し、ロサンゼルスオリンピックでは瀬古利彦とともに金メダル候補の最右翼と言われたがともに実力を出し切れずメダルを獲得することができなかった。ロバート・ド・キャステラ フレッシュアイペディアより)

  • Number Do

    Number Doから見た瀬古利彦瀬古利彦

    ダイエット特集や、高橋尚子や瀬古利彦ら著名ランナーを起用した特集が多い。Number Do フレッシュアイペディアより)

  • B.B.Joker

    B.B.Jokerから見た瀬古利彦瀬古利彦

    常に走っている、2人の大学生。黒髪の男は走りながらのボケ役であり、茶髪の男はそれのツッコミ役である。『B.B.J』の中でも屈指の古株キャラクターでありながら、名前がない。黒髪の男と美紀はメル友関係。黒髪の男は4月1日生まれで間寛平を、茶髪の男は8月20日生まれで瀬古利彦を尊敬している。B.B.Joker フレッシュアイペディアより)

  • 長距離走

    長距離走から見た瀬古利彦瀬古利彦

    上記の他にも1500メートル競走、10マイルロードレース、20000メートル競走、20キロロードレース、1時間競走、25000メートル競走、30000メートル競走、30キロロードレース、35キロ(マラソンの途中計時)など多彩な種目があるが、競技頻度が少ない。また20キロロードレースは1969年、10マイルロードレース、30キロロードレース、35キロは1971年から道路日本記録として公認されているが、世界記録としては公認されてこなかった。しかし2003年になってマラソン、ハーフマラソンなどのコースで一定の条件を満たしたレースについては10キロから35キロまで5キロごとの途中計時と10キロロードレース、20キロロードレース、30キロロードレースは世界記録として公認されるようになった。なお、25000メートル競走・30000メートル競走は瀬古利彦が1981年から2011年まで、30キロロードレースは松宮隆行が2004年から2008年まで、世界記録保持者であった。長距離走 フレッシュアイペディアより)

  • 木原真佐人

    木原真佐人から見た瀬古利彦瀬古利彦

    大学1年(2006年)から箱根駅伝に出場し、1区(21.4km)区間賞を獲得。このときはまだそれほど有名ではなく、その日解説を務めた瀬古利彦も木原の名前を知らなかった。2006年には、上尾シティマラソン大会(ハーフマラソン)で1時間01分50秒と日本人学生記録を樹立。日本インカレ、関東インカレ(2部)、箱根駅伝予選会では2位に入った。箱根駅伝では2年次(2007年)から3年続けて各校のエースが集う花の2区(23.2km)を任され、3年次(2008年)には日本人トップとなる区間3位の快走を見せた。9区で区間新記録を出し最優秀選手にも輝いた主将の篠藤淳とともに母校の箱根駅伝史上初の3位に大きく貢献、4年次(2009年)も日本人トップの区間3位でチームの順位を8つ上げた。木原真佐人 フレッシュアイペディアより)

  • DNガラン

    DNガランから見た瀬古利彦瀬古利彦

    DNガランはリチャード・チェリモの男子10000m27分07秒91 (1993年) 、ウィルソン・キプケテルの男子800m1分41秒73 (1997年) など、世界記録誕生の舞台となった。また、瀬古利彦が1980年と1985年の2回にわたって男子10000mを更新するなど日本新記録が誕生した。DNガラン フレッシュアイペディアより)

  • アーメド・サラ

    アーメド・サラから見た瀬古利彦瀬古利彦

    当時日本の第1人者であった中山竹通()とは、同じ長身でスピードのある世界的強豪選手としてともに認知され、長らくライバル関係であり、中山とは6戦3勝(片方が棄権したレースも含める)であるが、1985年の広島で開催されたワールドカップマラソンでは今も語り継がれる名勝負を演じ競り勝ち優勝し、1988年ソウルオリンピックでも中山に僅差で先着し銅メダル、1991年東京世界陸上も中山の棄権を尻目に銀メダルを獲得するなど、サラが中山に勝ったマラソンではサラは好成績を収める事が多かった。しかし、サラと同じアフリカ勢のダグラス・ワキウリ()相手には極端に相性が悪く、1987年ローマ世界陸上、1988年ソウルオリンピック、1989年ロンドンマラソンとともに後塵を拝する結果となった(唯一1992年バルセロナオリンピックでサラはワキウリにかろうじて先着している)。瀬古利彦()には1988年ソウルオリンピックで初めて先着したが、1984年ロサンゼルスオリンピックや1986年シカゴマラソンでは瀬古に後塵を拝している。谷口浩美()相手では、1987年東京国際マラソンでサラの棄権、1990年ロッテルダムマラソン、1991年東京世界陸上、1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピックで全て谷口がサラに先着するなど、谷口相手ではワキウリ以上に相性が悪かった。アーメド・サラ フレッシュアイペディアより)

109件中 11 - 20件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード