76件中 11 - 20件表示
  • 伊藤国光

    伊藤国光から見た瀬古利彦瀬古利彦

    実力のあるランナーであったが、瀬古利彦や宗茂・宗猛らの全盛期に重なり、1986年の北京国際マラソンでは2時間07分57秒で日本最高記録を更新したがこの時も児玉泰介に次いでの2位だった。マラソンでは24回出場しながらついに一度も優勝できず、トラック、ロードの実力と相まって「伊藤のマラソン未勝利」は「世界マラソン界の七不思議」とまで言われた。ラストレースとなった1991年のボストンマラソンの際には、選手紹介に「おそらく、いまだ勝っていない選手の中では世界最高のランナー」と記されていた。伊藤国光 フレッシュアイペディアより)

  • 1956年のスポーツ

    1956年のスポーツから見た瀬古利彦瀬古利彦

    7月15日 - 瀬古利彦(三重県、マラソン)1956年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 高根沢威夫

    高根沢威夫から見た瀬古利彦瀬古利彦

    現役時代、故障の際等に鍼灸師小林尚寿の治療を受けていた。のちに、足を故障したマラソンの瀬古利彦が高根沢を介してこの鍼灸師を紹介され、その治療によって競技に復帰することができた。日本を代表するマラソンランナー瀬古の恩人である。高根沢威夫 フレッシュアイペディアより)

  • 成田道彦

    成田道彦から見た瀬古利彦瀬古利彦

    秋田県立西目農業高等学校(現・秋田県立西目高等学校)卒業後、法政大学に入学。当時低迷期にあったチームでエースとして活躍し、箱根駅伝では2年時から3年連続で2区を走った。4年時にあたる1978年の54回大会では、早稲田大学の瀬古利彦、日本体育大学の中村孝生ら強豪を抑えて区間賞を獲得。母校を17年振りに先頭に立たせ、9年振りのシード権獲得(8位)の原動力となった。特に学生最強ランナーと言われた瀬古を破った男として現在でも名前を見つけることが出来る。在学中には1500mや3000mSCでも活躍していた。成田道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中村孝生

    中村孝生から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1970年代から1980年代にかけて長距離種目で活躍した。モスクワオリンピック代表、アジア大会2冠などの実績を誇る。瀬古利彦らとしのぎを削った名ランナーである。1980年ヱスビー食品入社。モスクワオリンピック代表に選出されるも、ソ連のアフガニスタン侵攻の影響で日本選手団は不参加を決定。不運に泣いた。現在、ヱスビー食品陸上競技部競技部長を務める。中村孝生 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田敦史

    藤田敦史から見た瀬古利彦瀬古利彦

    駒澤大学時代は、4年連続箱根駅伝出場を果たし、当時順天堂大学のエース、三代直樹(富士通、箱根駅伝2区元区間記録保持者)、東海大学の諏訪利成(日清食品、アテネオリンピックマラソン代表)らと名勝負を演じ、さらに4年生の時は第4区の区間記録を更新した。この記録は、それ自体が驚異的な新記録であるだけではなく、コースが改変されたので事実上不滅の記録といえる。箱根駅伝後の3月にはマラソンで瀬古利彦のもつ日本学生記録を20年ぶりに更新。経営学部では、山田勝ゼミナールに所属。藤田敦史 フレッシュアイペディアより)

  • 清水康次

    清水康次から見た瀬古利彦瀬古利彦

    広島県立西条農業高校、大東文化大学卒。マラソンサブテン(10位以内)4度という記録は、瀬古利彦と中山竹通の5度に次ぐ日本人3位タイ、国内4度は中山と並び最多。清水康次 フレッシュアイペディアより)

  • 木原真佐人

    木原真佐人から見た瀬古利彦瀬古利彦

    大学1年(2006年)から箱根駅伝に出場し、1区(21.4km)区間賞を獲得。このときはまだそれほど有名ではなく、その日解説を務めた瀬古利彦も木原の名前を知らなかった。2006年には、上尾シティマラソン大会(ハーフマラソン)で1時間01分50秒と日本人学生記録を樹立。日本インカレ、関東インカレ(2部)、箱根駅伝予選会では2位に入った。箱根駅伝では2年次(2007年)から3年続けて各校のエースが集う花の2区(23.2km)を任され、3年次(2008年)には日本人トップとなる区間3位の快走を見せた。9区で区間新記録を出し最優秀選手にも輝いた主将の篠藤淳とともに母校の箱根駅伝史上初の3位に大きく貢献、4年次(2009年)も日本人トップの区間3位でチームの順位を8つ上げた。木原真佐人 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美彰朗

    宇佐美彰朗から見た瀬古利彦瀬古利彦

    オリンピックマラソン代表に3大会連続で選ばれて出場したのは、宇佐美彰朗と君原健二だけである。(宗茂、瀬古利彦も幻のモスクワオリンピック代表を含めると3大会連続)また、3回の代表選考レースにすべて優勝して代表権を獲得したのは宇佐美だけ(幻のモスクワを含むと瀬古も)である。1977年に現役を引退。国内で最後のレースとなった京都マラソンは瀬古利彦のマラソンデビューでもあった。宇佐美彰朗 フレッシュアイペディアより)

  • 小掛照二

    小掛照二から見た瀬古利彦瀬古利彦

    小掛の名前を有名にしたのは、しばしば繰り返されるオリンピックマラソン代表選考をめぐる(マスコミを中心とした)騒動である。選考委員のトップ(強化本部長)として大きな影響力を持つとされたため、実力の伯仲した選手を選考したりする場合その選考理由をめぐって小掛の意向が取りざたされ、結果として騒動と呼ばれる状況が時に生じた。ソウルオリンピック男子マラソンでは、陸連の強化指定選手が出場を半ば義務づけられていた福岡国際マラソンをけがで欠場し、びわ湖毎日マラソンで優勝した瀬古利彦が選出された。びわ湖毎日も選考レースの一つではあったため、強引に選考したわけではないが、出るべきであった福岡国際に出られなかった早稲田の後輩・瀬古への救済であるという批判も少なくなかった。瀬古の福岡欠場が決まった際に中山竹通は「自分なら這っても出ますけどね」と発言し、それが「瀬古、這ってでも出て来い!」などと挑発的な内容に歪めて報じられもした。小掛照二 フレッシュアイペディアより)

76件中 11 - 20件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード