76件中 21 - 30件表示
  • 三村仁司

    三村仁司から見た瀬古利彦瀬古利彦

    君原健二、瀬古利彦、谷口浩美、高橋尚子、有森裕子、野口みずき、イチロー、長谷川穂積、尾崎好美、小崎まり、青木宣親、内川聖一、香川真司、木?良子などトップアスリートのシューズ製作を担当。三村仁司 フレッシュアイペディアより)

  • ジュマ・イカンガー

    ジュマ・イカンガーから見た瀬古利彦瀬古利彦

    1982年9月、オーストラリアで開催されたコモンウェルスゲームズ(英連邦大会)で国際大会にデビューし、アフリカ人として初めて2時間10分の壁を破る2時間9分30秒のタイムで2位となる。1983年12月4日の福岡国際マラソンで瀬古利彦とゴール前の最終コーナーまで競り合い、優勝は逃したものの、1位の瀬古とわずか3秒差の2時間8分55秒という好タイムで2位となって一気に注目された。1984年に東京国際マラソンで優勝、1986年には東京国際マラソン、福岡国際マラソンの両方を制するなど日本でも活躍し、「タンザニアの黒豹」と呼ばれた。人の後ろを走るスタイルを好まず、常に先頭で引っ張るレース展開が特徴であった。身長163cmと小柄ながらスピード感にあふれ、その爆発的なスピードは“タンザニア式ジェット走法”と評された。現在は指導者として若手の育成にあたっている。ジュマ・イカンガー フレッシュアイペディアより)

  • マラソン (テレビドラマ)

    マラソン (テレビドラマ)から見た瀬古利彦瀬古利彦

    マラソン指導 - 瀬古利彦、中村孝生マラソン (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • モスクワオリンピック日本選手団

    モスクワオリンピック日本選手団から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(ヱスビー食品)モスクワオリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 新宅雅也

    新宅雅也から見た瀬古利彦瀬古利彦

    新宅 雅也(しんたく まさなり、改名後、永灯至(ひさとし)、1957年12月20日 - )は、広島県三原市出身の陸上競技、マラソン選手。広島県西条農業高校、日本体育大学卒業。1970年代後半から1980年代にかけて瀬古利彦、中山竹通らとともに日本陸上界をリードした名選手である。新宅雅也 フレッシュアイペディアより)

  • 早田俊幸

    早田俊幸から見た瀬古利彦瀬古利彦

    高校卒業後の1987年、カネボウに入社し同社陸上競技部に所属する。主に駅伝大会での活躍は目覚ましく、必ず前を走るランナーをしとめることから「駅伝ハンター」の異名をとった。1988年、瀬古利彦の引退レースとなった国際千葉駅伝に出場。男子の部の1区(10・0km)を走り27分56秒という2012年9月現在でも国内的には十分通用する高水準の記録をマークし,一躍脚光を浴びた。早田俊幸 フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・フィス

    マルティン・フィスから見た瀬古利彦瀬古利彦

    しかし、オリンピックでのメダル獲得はならなかった。日本では1997年から2001年にかけてびわ湖毎日マラソンに連続で出場し、3回優勝。「びわ湖を変えた男」といわれた。日本との因縁は浅からず、マラソンを始めたきっかけは瀬古利彦への憧れであり、谷口浩美からマラソンに取り組む姿勢を学んだという。藤田敦史が尊敬した選手としても知られた。マルティン・フィス フレッシュアイペディアより)

  • 武冨豊

    武冨豊から見た瀬古利彦瀬古利彦

    佐賀県立多久工業高等学校時代、北九州総体(全国高校総体(インターハイ)の北九州地区大会)5000mで4位に入賞しインターハイ出場を決めたが、そのときの優勝は喜多秀喜、2位は宗茂、3位は宗猛と上位入賞者は全て後のオリンピック代表(ただし喜多は幻のモスクワ五輪代表)だった。またひとつ下の学年に伊藤国光、三つ下に瀬古利彦がいて、競技者としての実績も彼らの陰に隠れた形となり「同世代の悲劇」をもろにかぶってしまったとも言える選手だった。武冨豊 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・トレーシー

    ジョン・トレーシーから見た瀬古利彦瀬古利彦

    トレーシーは長らくクロスカントリーの選手として活躍した後に長距離種目に転向した。このため、ロサンゼルスオリンピックは初マラソンであった。戦前の予想では下馬評の挙がらないほど無名の選手であったが、ロバート・ド・キャステラ、瀬古利彦といった金メダル候補を退けての価値ある銀メダルであった。ジョン・トレーシー フレッシュアイペディアより)

  • 大分国際車いすマラソン

    大分国際車いすマラソンから見た瀬古利彦瀬古利彦

    1979年4月、早稲田大学4年だった瀬古利彦がボストンマラソンに出場、学生新記録の2時間10分12秒で2位、同年12月の福岡国際では瀬古が宗兄弟(茂・宗)との接戦を制して連覇、1980年のモスクワオリンピックには、宗兄弟、瀬古が日本代表に選出され、メダル独占もと期待された。大分国際車いすマラソン フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード