109件中 21 - 30件表示
  • カルロス・ロペス

    カルロス・ロペスから見た瀬古利彦瀬古利彦

    その後、マラソン競技に転向し、1984年のロサンゼルスオリンピックにおける下馬評では前年の世界選手権優勝者ロバート・ド・キャステラや瀬古利彦などの評価が高く、彼自身の評価はそれほど高くなかったが37歳での出場にも係わらず2時間9分21秒の五輪新記録で見事金メダルを獲得した。カルロス・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • 梅木蔵雄

    梅木蔵雄から見た瀬古利彦瀬古利彦

    小学校時代は足が速くなかったが光市立浅江中学校に入り陸上を始め、1000m走、3000m走で中学生の山口県記録を樹立する実力をつけたその後宇部鴻城高等学校に進学し瀬古利彦とも知り合った。早稲田大学に特別選抜枠で進学し、箱根駅伝には3年連続出場、3年時には1区で区間賞、4年時には華の2区で区間賞に輝いた。2003年のベルリンマラソンで2時間10分を切った。2006年には同大会では3位入賞を果たした(優勝はハイレ・ゲブレセラシェで2時間5分56秒)。ニューイヤー駅伝では2008年に区間賞を獲得するなど活躍しており、中国電力の2度の優勝にも貢献した。梅木蔵雄 フレッシュアイペディアより)

  • 1956年のスポーツ

    1956年のスポーツから見た瀬古利彦瀬古利彦

    7月15日 - 瀬古利彦(三重県、マラソン)1956年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • モーゼス・モソップ

    モーゼス・モソップから見た瀬古利彦瀬古利彦

    マラソン以外でも活躍は続き、2011年6月3日、モソップはプレフォンティーン・クラシックで、30年間瀬古利彦が持っていた30000m世界記録を2分半も短縮する1時間26分47秒4の世界新記録を樹立。25000m通過記録も、瀬古の持つ世界記録を1分短縮する1時間12分25秒4の世界記録を樹立した。モーゼス・モソップ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年世界陸上競技選手権大会

    2005年世界陸上競技選手権大会から見た瀬古利彦瀬古利彦

    解説 増田明美、瀬古利彦、松田克彦、石塚浩、小山裕三、伊東浩司、金哲彦2005年世界陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・フィス

    マルティン・フィスから見た瀬古利彦瀬古利彦

    オリンピックでのメダル獲得はならなかった。日本では1997年から2001年にかけてびわ湖毎日マラソンに連続で出場し、3回優勝。「びわ湖を変えた男」といわれた。マラソンを始めたきっかけは瀬古利彦への憧れであり、谷口浩美からマラソンに取り組む姿勢を学んだという。藤田敦史が尊敬した選手としても知られた。マルティン・フィス フレッシュアイペディアより)

  • ヒーローたちの名勝負

    ヒーローたちの名勝負から見た瀬古利彦瀬古利彦

    三つどもえのデッドヒート 瀬古vs.宗兄弟(宗猛・宗茂)ヒーローたちの名勝負 フレッシュアイペディアより)

  • ジュマ・イカンガー

    ジュマ・イカンガーから見た瀬古利彦瀬古利彦

    1982年9月、オーストラリアで開催されたコモンウェルスゲームズ(英連邦大会)で国際大会にデビューし、アフリカ人として初めて2時間10分の壁を破る2時間9分30秒のタイムで2位となる。1983年12月4日の福岡国際マラソンで瀬古利彦とゴール前の最終コーナーまで競り合い、優勝は逃したものの、1位の瀬古とわずか3秒差の2時間8分55秒という好タイムで2位となって当時の世界最高記録保持者・アメリカのサラザールらに勝利し一気に注目された。このとき、アフリカの星との異名も奉られた。1984年に東京国際マラソンで優勝、1986年には東京国際マラソン、福岡国際マラソンの両方を制するなど日本でも活躍し、「タンザニアの黒豹」と呼ばれた。人の後ろを走るスタイルを好まず、常に先頭で引っ張るレース展開が特徴で、日本でも外国人選手の中でお茶の間にも有名なマラソン選手の一人であり人気もあった。身長163cmと小柄ながら大きなストライドで走り、スピード感にあふれ、その爆発的なスピードは“タンザニア式ジェット走法”と評された。現在は指導者として若手の育成にあたっている。ジュマ・イカンガー フレッシュアイペディアより)

  • ラーメン橋 (ゲームソフト)

    ラーメン橋 (ゲームソフト)から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1964年東京オリンピックに出場予定のマラソン選手。金メダルへの周囲の期待からノイローゼとなっている。モデルは円谷幸吉(名前は瀬古利彦も)。金メダル獲得後、某お菓子メーカーのCMに起用された。ラーメン橋 (ゲームソフト) フレッシュアイペディアより)

  • 滝川哲也

    滝川哲也から見た瀬古利彦瀬古利彦

    保善高校時代に全国高校駅伝1区を走り、全国高校総体(久留米総体)にも出場。日本大学に進学し陸上から一度引退。2年後に早稲田大学に入学し競走部に入部。監督は中村清で1学年上に瀬古利彦が在籍。1年時に箱根駅伝10区に起用され総合6位、区間9位。2年時は総合4位、10区で区間2位。3年時は総合3位、10区で区間5位。4年時も10区で総合5位、区間3位。4年連続アンカーは箱根駅伝史上滝川一人しかいない。4年時は駅伝主将。日本学生選手権(日本インカレ)は3年時に30キロに出場し4位入賞。1981年2月の東京国際マラソンを最後に引退した。滝川哲也 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード