109件中 31 - 40件表示
  • 新宅雅也

    新宅雅也から見た瀬古利彦瀬古利彦

    新宅 雅也(しんたく まさなり、改名後、永灯至(ひさとし)、1957年12月20日 - )は、広島県三原市出身の陸上競技、マラソン選手。広島県西条農業高校、日本体育大学卒業。1970年代後半から1980年代にかけて瀬古利彦、宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通らとともに日本陸上界をリードした名選手である。新宅雅也 フレッシュアイペディアより)

  • エスビー食品陸上競技部員交通死亡事故

    エスビー食品陸上競技部員交通死亡事故から見た瀬古利彦瀬古利彦

    エスビー食品陸上競技部監督の瀬古利彦は合宿先の宿舎に留まっており、事故車に乗っておらずに結果として難を逃れる形になった。この年の9月に行われる1990年アジア競技大会(中国・北京)で金井は5000mと10000m、谷口はマラソンの日本代表としてメダルが期待されていた。エスビー食品陸上競技部員交通死亡事故 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋憲昭

    高橋憲昭から見た瀬古利彦瀬古利彦

    ヱスビー食品陸上部廃部後、受け皿となったDeNA Running Clubに瀬古利彦・田幸といったスタッフ陣や、中央大学の後輩でもあった上野裕一郎らとともに移籍。高橋憲昭 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口泰

    坂口泰から見た瀬古利彦瀬古利彦

    広島県世羅郡世羅町出身。古くから駅伝競走の盛んな地で、駅伝の名門広島県立世羅高校へは山奥の自宅から走って通った。全国高等学校駅伝競走大会では中心選手として2年時に4位、3年時は1区・区間賞もチームは9位だった。インターハイ1500mと国体5000mで優勝。卒業後は地元の広島大学に入って教師になるつもりだったが、当時早稲田大学競走部の瀬古利彦に声をかけられ、中村清監督が実家まで足を運んでくれたため、早稲田大学に進学した。早稲田では箱根駅伝で2年時に9区区間新記録、3年時に9区区間賞。創部70周年の4年時には2区を走りトップを奪うと独走、早稲田30年ぶり10度目の完全優勝の原動力となる。2位日体大との差は15分18秒、3位以下18校は10区で繰上げスタートとさせる圧勝劇だった。坂口泰 フレッシュアイペディアより)

  • 弘山勉

    弘山勉から見た瀬古利彦瀬古利彦

    大学卒業後、1989年(平成元年)4月に資生堂に入社。マラソンのトレーニングを独学でおこない、入社すぐの翌1990年2月の別府大分毎日マラソンで3位、同年12月の福岡国際マラソンでは自己ベスト記録で2位などの実績をあげる。日本男子マラソン界では待望されていた、瀬古利彦・宗兄弟・中山竹通・谷口浩美らの次の世代のエース候補として将来を嘱望されたが、独学の限界ならびに故障等もあって実力を発揮出来ず、その後脚光を浴びることは無かった。弘山勉 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤一良

    工藤一良から見た瀬古利彦瀬古利彦

    マラソンは、21歳の時の第37回毎日マラソン(1982年)が初めてだった。同大会でいきなり2位に入り、俄然注目を集めた(優勝は水久保美千男〈新日鐵八幡〉)。その後低迷が続いたが、1986年の福岡国際マラソンで4位に入り復活した。翌1987年12月6日の福岡国際マラソンにも出場する。日本陸上競技連盟は、この大会を「ソウルオリンピックマラソンへの一発選考大会」と位置付けていた。この大会でも安定した走りを見せて、中山竹通、新宅雅也に次ぐ日本人3位の総合4位、2時間11分36秒のタイムでフィニッシュした。だが、日本陸連は中山、新宅をソウルオリンピック代表に内定させたものの、工藤については経験不足を理由に保留とした(他の選考レースである東京国際マラソン、びわ湖毎日マラソンの結果を見て内定者を決めるとした)。結局、1988年3月13日に開催された、第43回びわ湖毎日マラソンで優勝した瀬古利彦(福岡国際を負傷のため欠場した)を最後の3人目の代表に選出し、工藤は補欠に回ることになり、オリンピック出場を逃した。一連の経緯については国内で日本陸連に対する批判もなされた。瀬古はオリンピック本番で9位と入賞を逃した。日本陸連は次のバルセロナオリンピックの代表選考以降、事実上一発選考とみなされる代表決定を一切していない。補欠決定直後の4月17日に行われたロンドンマラソンでは2時間10分59秒の自己最高記録を出し、3位に入った。その後、あさひ銀行(現在のりそな銀行、埼玉りそな銀行)陸上部に移籍し、1993年の上尾シティマラソンを最後に現役引退した。工藤一良 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年ソウルオリンピックの日本選手団

    1988年ソウルオリンピックの日本選手団から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(ヱスビー食品)1988年ソウルオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛部静二

    櫛部静二から見た瀬古利彦瀬古利彦

    大学卒業後、早大OBの瀬古利彦が監督を務めていたエスビー食品に入社し、1998年の全日本実業団1万mで優勝するなどの活躍をしたが、同年指導者になりたいとして退社。日本体育大学大学院進学後、愛三工業に所属する実業団選手として、また指導者として城西大学駅伝部コーチとして復帰。櫛部静二 フレッシュアイペディアより)

  • メクボ・ジョブ・モグス

    メクボ・ジョブ・モグスから見た瀬古利彦瀬古利彦

    大学時代、箱根駅伝では4年連続エース区間の2区を任されて1年次の第82回箱根駅伝では区間賞、2年次の第83回箱根駅伝では、後半失速、早稲田大学の竹澤健介らに敗れ区間6位に終わったが、3年次の2008年に行われた第84回箱根駅伝で2区の区間新記録1時間06分23秒をマーク、これまでの区間記録であった1999年の順天堂大学の三代直樹が出した1時間06分46秒を9年ぶりに更新した。さらにその翌年、2009年の第85回箱根駅伝では、前年の自らの記録をさらに19秒更新する1時間06分04秒を記録、同区間では瀬古利彦(早稲田大学)以来29年ぶりとなる2年連続区間記録を達成した。メクボ・ジョブ・モグス フレッシュアイペディアより)

  • ワルデマール・チェルピンスキー

    ワルデマール・チェルピンスキーから見た瀬古利彦瀬古利彦

    ほとんど無名で出場したモントリオールオリンピックの男子マラソンで、当時世界最強のマラソン選手であったフランク・ショーター(アメリカ)に五輪新記録で勝ち、金メダルを獲得。その後、モスクワオリンピックまで目立った成績がなく、再び出場したモスクワオリンピックでも事前の評価は高くなかったが、優勝候補といわれた日本3選手(瀬古利彦、宗茂、宗猛)の不参加などもあって、これらの予想を覆してアベベ・ビキラ(エチオピア)以来の、オリンピックのマラソン2大会連続優勝を達成した。また、33歳で出場した第1回世界選手権ヘルシンキ大会でも3位に入り、銅メダルを獲得した。翌年のロサンゼルスオリンピック (1984年)は自国のボイコットによる不参加で出場出来ず、マラソン種目で史上初の五輪3連覇はならなかった。現在では統一されたドイツ国内にてスポーツ用品店を経営している。ワルデマール・チェルピンスキー フレッシュアイペディアより)

109件中 31 - 40件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード