109件中 41 - 50件表示
  • 2004年アテネオリンピックの日本選手団

    2004年アテネオリンピックの日本選手団から見た瀬古利彦瀬古利彦

    コーチ:浜田安則(日本陸上競技連盟)、高野進(東海大学)、有川秀之(埼玉大学)、永山忠幸(ワコール)、大森重宜(星陵女子短期大学)、小坂忠広(石川県立鶴来高校)、高橋卓巳(香川県立観音寺中央高校)、越川一紀(順天堂大学)、本田陽(中京大学)、室伏重信(中京大学)、坂口泰(中国電力)、白水昭興(日清食品)、瀬古利彦(エスビー食品)、藤田信之(グローバリー)、鈴木秀夫(三井住友海上火災保険)、武冨豊(天満屋)2004年アテネオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ解説者

    スポーツ解説者から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(DeNAランニングクラブ総監督)スポーツ解説者 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤英恵

    近藤英恵から見た瀬古利彦瀬古利彦

    日本平桜マラソンの女子10キロの部に出場、ゲストランナーの瀬古利彦とともに59分で完走している。近藤英恵 フレッシュアイペディアより)

  • 山口香

    山口香から見た瀬古利彦瀬古利彦

    2013年4月1日に瀬古利彦の後任として東京都教育委員会教育委員、6月21日に日本バレーボール協会理事、8月21日に全日本柔道連盟監事、にそれぞれ任命される。山口香 フレッシュアイペディアより)

  • 山本行文

    山本行文から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1984年11月11日、大分国際車いすマラソンにおいて、2時間00分47秒を記録。このとき同時に、日本人として初めてマラソン男子の世界最高記録と日本最高記録を抜いた。その当時の世界最高記録は、スティーブ・ジョーンズ(英国)が、1984年10月にシカゴマラソンで出した2時間8分5秒。日本最高記録は、瀬古利彦が1983年2月に、東京国際で出した2時間08分38秒であった。山本行文 フレッシュアイペディアより)

  • 篠田正浩

    篠田正浩から見た瀬古利彦瀬古利彦

    高校時代は400m走の選手だったこともあり、大学入学時に早大競走部に入部。当時の早大競走部の長距離コーチで、後にオリンピックマラソン代表の瀬古利彦を育てた中村清に長距離転向を促され、1年生で1950年の箱根駅伝に出場し、「花の2区」を走った。翌1951年に足の故障で陸上選手を断念した(ただし、当時は3区がエース区間で、2区は現在でいうエースクラスが集う区間ではなかった)。大学駅伝に対しては強い思い入れを持っており、毎年シーズンになると熱心に観入っているという。特に箱根駅伝については「箱根駅伝は一種の神事だと思うんだ。お正月から、若者たちが箱根の山に向かって走るわけだ。たすきは各校の御輿でね。」とインタビューで答えている。篠田正浩 フレッシュアイペディアより)

  • 宗茂

    宗茂から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1978年2月の別府大分毎日マラソンでは、スタートより果敢に先頭に立ち、当時としては驚異的といえる5km14分台のペースを刻み、40kmまで当時の世界最高記録(デレク・クレイトン:2時間8分33秒6)のペースを上回ったが、後半の強風により世界記録の偉業は阻まれることとなった。それでも世界歴代2位となる2時間09分05秒6で優勝し、日本人では初のサブテン(2時間10分以内)であった。この快記録は、それまで数年続いた日本のマラソン低迷期を脱する画期となった。同年12月の福岡国際マラソンでは期待をかけられたが、早稲田大学の学生だった瀬古利彦が優勝し、茂は3位であった。以後、瀬古は好敵手として宗兄弟の前に立ちはだかることとなる。1979年には翌年のモスクワオリンピックのプレ大会に派遣され、2位となっている。モスクワオリンピックの代表選考レースであった同年12月の福岡国際マラソンでは、瀬古・猛とゴールの競技場でデッドヒートを演じて2位となり、2大会連続のオリンピック代表に選出される。猛と兄弟揃っての代表となったが、日本がモスクワ大会をボイコットしたため、出場は幻となった。宗茂 フレッシュアイペディアより)

  • 早田俊幸

    早田俊幸から見た瀬古利彦瀬古利彦

    高校卒業後の1987年、カネボウに入社し同社陸上競技部に所属する。主に駅伝大会での活躍は目覚ましく、必ず前を走るランナーをしとめることから「駅伝ハンター」の異名をとった。1988年、瀬古利彦の引退レースとなった国際千葉駅伝に出場。男子の部の1区(10・0km)を走り27分56秒という2013年8月現在でも国内的には十分「トップレヴェルの記録」として通用する高水準の記録をマークし,一躍脚光を浴びた。早田俊幸 フレッシュアイペディアより)

  • 金井豊

    金井豊から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(ヱスビー食品陸上競技部監督)金井豊 フレッシュアイペディアより)

  • 中村孝生

    中村孝生から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1970年代から1980年代にかけて長距離種目で活躍した。モスクワオリンピック代表、アジア大会2冠などの実績を誇る。瀬古利彦らとしのぎを削った名ランナーである。1980年ヱスビー食品入社。モスクワオリンピック代表に選出されるも、ソ連のアフガニスタン侵攻の影響で日本選手団は不参加を決定。不運に泣いた。ヱスビー食品陸上競技部競技部長を務めた。中村孝生 フレッシュアイペディアより)

109件中 41 - 50件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード