76件中 41 - 50件表示
  • 2011年IAAFダイヤモンドリーグ

    2011年IAAFダイヤモンドリーグから見た瀬古利彦瀬古利彦

    ヘイワード・フィールドはオレゴン大学内に位置し全米選手権やオリンピック代表選考会の舞台として知られる競技場である。2011年のプリフォンテーンクラシックは16のダイヤモンドレースを含む25の競技が行われた。風に恵まれた女子100mは歴代2位の記録を持つカーメリタ・ジーターが10秒70の記録で優勝した。男子30,000mではケニアのモーゼス・モソプが1時間26分47秒4をマークして優勝、瀬古利彦が保持していた世界記録は30年ぶりに更新された。モソプは2005年世界選手権10,000m銅メダリストであり、2011年のボストンマラソンでは非公認ながら世界記録を上回る2時間03分06秒を記録して2位に入った選手である。男子10,000mはモハメド・ファラーが優勝、ヨーロッパ記録を更新した。2011年IAAFダイヤモンドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 武井隆次

    武井隆次から見た瀬古利彦瀬古利彦

    大学卒業後はエスビー食品に入社。長く伸び悩んでいたが、2002年のびわ湖毎日マラソンでは2時間8分35秒で優勝。釜山アジア大会代表に選出された。アジア大会本番では銅メダルを獲得する活躍を見せた。しかし、オリンピック出場はならず、怪我の影響もあって引退した。引退後、ヱスビー食品に残りコーチをしていたが、瀬古利彦の異動に伴い後継指名を受け監督に就任した。2008年4月より早実高コーチに就任。武井隆次 フレッシュアイペディアより)

  • 花田勝彦

    花田勝彦から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1990年、早稲田大学に入学。早稲田大学競走部では同期の武井隆次、櫛部静二とともに早大三羽烏と呼ばれ注目を浴びる。2年後輩には渡辺康幸がいる。1993年正月に行われた第69回箱根駅伝の4区(21.0km)では、1時間2分7秒の区間新記録で区間賞を獲得し、同大学の7年ぶりの往路優勝・8年ぶりの総合優勝に貢献した。同年の全日本インターカレッジでは5000mで優勝している。大学卒業後、早大OBの瀬古利彦が監督を務めていたエスビー食品に入社し、陸上競技部で活躍した。1994年の日本選手権では5000mで優勝。1996年のアトランタオリンピック陸上競技男子10000m代表、2000年のシドニーオリンピック陸上競技男子5000m・10000m代表と、2度のオリンピック出場を果たす。1997年のアテネ世界陸上ではマラソン代表として出場している。シドニーオリンピック以降は、ケガの影響もあり目立った活躍はなく2004年引退。引退後、指導者に転身。花田勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛部静二

    櫛部静二から見た瀬古利彦瀬古利彦

    大学卒業後、早大OBの瀬古利彦が監督を務めていたエスビー食品に入社し、1998年の全日本実業団1万mで優勝するなどの活躍をしたが、同年指導者になりたいとして退社。日本体育大学大学院進学後、愛三工業に所属する実業団選手として、また指導者として城西大学駅伝部コーチとして復帰。櫛部静二 フレッシュアイペディアより)

  • 増田明美

    増田明美から見た瀬古利彦瀬古利彦

    高校1年生の2学期に貧血にかかり、瀧田からマネージャーへの転向を指示される。それに反発した増田はいったん陸上部をやめて自宅に戻り、千葉県立長生高等学校への転校を考えたり(困難なために断念)、自宅から2時間半かけて成田高校に通学したりしたが、半年後に復帰。「(マネージャー転向を指示した)瀧田を見返してやろう」という思いから猛練習を重ねる。その成果が長距離に転向した3年生の1981年にあらわれた。4月19日に中央大学で行われた記録会で、10000m(33分20秒0)、5000m(途中計時16分48秒4)の日本新記録を出したのを皮切りに、兵庫リレーカーニバル(5000m、15分53秒2=日本新記録、途中計時の3000m・9分30秒6も日本新記録)、スポニチ国際陸上(3000m、9分14秒81=日本新記録)、アジア陸上選手権(3000m、9分18秒17)など好記録を重ねた。6月7日のアジア陸上10000m(オープン競技)では、その年のボストンマラソン優勝のアリソン・ローや、同3位のジョーン・ベノイト(後のロサンゼルスオリンピック女子マラソン・初代金メダリスト)らと互角に渡り合い、彼女らを抑えて33分13秒22の日本新記録で優勝した。身長173cmのローを150cmの増田が抜き去る模様は、国立競技場の観客を大いに沸かせた。一方、当時女子マラソンの日本最高記録保持者だった佐々木七恵はスポニチ国際やアジア陸上(3000m)で同走したが、あまりの速さの違いに「別世界の人みたい」と感想を漏らすほどであった。これを契機に佐々木は以前より指導を受けていた中村清により熱心にコーチを求めていくこととなった(翌年、ヱスビー食品陸上部に入部)。6月21日の札幌タイムス20キロロードでも日本最高記録で優勝、途中計時の10キロでも日本最高を記録し、トラックの3000m・5000m・10000mとロードの10キロ・20キロの日本記録をすべて塗り替えた。こうした活躍に、マスコミからは「女瀬古」のあだ名がつけられた。10月の日本陸上競技選手権大会でも3000m、10000mで2冠を達成する。このうち10000mは自己の記録を更新する33分01秒5の日本新記録であった。増田明美 フレッシュアイペディアより)

  • ラーメン橋 (ゲームソフト)

    ラーメン橋 (ゲームソフト)から見た瀬古利彦瀬古利彦

    東京オリンピックに出場予定のマラソン選手。金メダルへの周囲の期待からノイローゼとなっている。モデルは円谷幸吉(名前は瀬古利彦も)。金メダル獲得後、某お菓子メーカーのCMに起用された。ラーメン橋 (ゲームソフト) フレッシュアイペディアより)

  • TEL・TELスタジアム

    TEL・TELスタジアムから見た瀬古利彦瀬古利彦

    オリンピース―ソウルオリンピックの各競技の選手で統一。ルイース、ジョイナ、ベーン、せこっ、イカンガとマラソンランナーが多いからか、俊足のチームで、四番捕手のさいとおのみ鈍足だが強肩強打者。TEL・TELスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • エスビー食品陸上競技部員交通死亡事故

    エスビー食品陸上競技部員交通死亡事故から見た瀬古利彦瀬古利彦

    エスビー食品陸上競技部監督の瀬古利彦は合宿先の宿舎に留まっており、事故車に乗っておらずに結果として難を逃れる形になった。この年の9月に行われる1990年アジア競技大会(中国・北京)で金井は5000mと10000m、谷口はマラソンの日本代表としてメダルが期待されていた。エスビー食品陸上競技部員交通死亡事故 フレッシュアイペディアより)

  • 宗茂

    宗茂から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1978年2月の別府大分毎日マラソンでは、スタートより果敢に先頭に立ち、当時としては驚異的といえる5km14分台のペースを刻み、40kmまで当時の世界最高記録(デレク・クレイトン:2時間8分34秒)のペースを上回ったが、後半の強風により世界記録の偉業は阻まれることとなった。それでも世界歴代2位となる2時間09分05秒6で優勝し、日本人では初のサブテン(2時間10分以内)であった。この快記録は、それまで数年続いた日本のマラソン低迷期を脱する画期となった。同年12月の福岡国際マラソンでは期待をかけられたが、早稲田大学の学生だった瀬古利彦が優勝し、茂は3位であった。以後、瀬古は好敵手として宗兄弟の前に立ちはだかることとなる。1979年には翌年のモスクワオリンピックのプレ大会に派遣され、2位となっている。モスクワオリンピックの代表選考レースであった同年12月の福岡国際マラソンでは、瀬古・猛とゴールの競技場でデッドヒートを演じて2位となり、2大会連続のオリンピック代表に選出される。猛と兄弟揃っての代表となったが、日本がモスクワ大会をボイコットしたため、出場は幻となった。宗茂 フレッシュアイペディアより)

  • 宗猛

    宗猛から見た瀬古利彦瀬古利彦

    宗 猛(そう たけし、1953年1月9日 - )は日本の男子マラソン競技選手である。旭化成陸上部監督。大分県臼杵市出身。一卵性双生児の兄宗茂、瀬古利彦とともに1980年代前半日本男子マラソンのビッグ3として、マラソン界をリードした。宗猛 フレッシュアイペディアより)

76件中 41 - 50件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード