109件中 51 - 60件表示
  • 清水康次

    清水康次から見た瀬古利彦瀬古利彦

    広島県立西条農業高校、大東文化大学卒。マラソンサブテン(2時間10分切り)4回という記録は、川内優輝の8回、高岡寿成の6回、瀬古利彦と中山竹通の5回に次ぐ日本人5位タイ、国内4回は川内の6回に次いで2位。清水康次 フレッシュアイペディアより)

  • 宗猛

    宗猛から見た瀬古利彦瀬古利彦

    宗 猛(そう たけし、1953年1月9日 - )は日本の元陸上競技選手(男性)である。現役時代の専門は長距離走・マラソンであった。一卵性双生児の兄宗茂、瀬古利彦とともに1980年代前半日本男子マラソンのビッグ3として、マラソン界をリードした。現在は旭化成陸上部総監督、公益財団法人日本陸上競技連盟中長距離・マラソン部長を務める。宗猛 フレッシュアイペディアより)

  • 宗兄弟

    宗兄弟から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1980年モスクワオリンピックの代表選考レースであった1979年12月の福岡国際マラソンでは、瀬古利彦とゴールの競技場でデッドヒートを演じて茂は2位、猛は3位となり、兄弟揃っての代表となったが、日本がモスクワ大会をボイコットしたため、出場は幻となった。宗兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • 花田勝彦

    花田勝彦から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1990年、早稲田大学に入学。早稲田大学競走部では同期の武井隆次、櫛部静二とともに早大三羽烏と呼ばれ注目を浴びる。2年後輩には渡辺康幸がいる。1993年正月に行われた第69回箱根駅伝の4区(21.0km)では、1時間2分7秒の区間新記録で区間賞を獲得し、同大学の7年ぶりの往路優勝・8年ぶりの総合優勝に貢献した。同年の全日本インターカレッジでは5000mで優勝している。大学卒業後、早大OBの瀬古利彦が監督を務めていたエスビー食品に入社し、陸上競技部で活躍した。1994年の日本選手権では5000mで優勝。1996年のアトランタオリンピック陸上競技男子10000m代表、2000年のシドニーオリンピック陸上競技男子5000m・10000m代表と、2度のオリンピック出場を果たす。1997年のアテネ世界陸上ではマラソン代表として出場している。シドニーオリンピック以降は、ケガの影響もあり目立った活躍はなく2004年引退。引退後、指導者に転身。花田勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美彰朗

    宇佐美彰朗から見た瀬古利彦瀬古利彦

    日本でオリンピックマラソン代表に3大会連続で選ばれて出場したのは、宇佐美彰朗と君原健二だけである(宗茂、瀬古利彦も幻のモスクワオリンピック代表を含めると3大会連続)。また、3回の代表選考レースにすべて優勝して代表権を獲得したのは宇佐美だけ(幻のモスクワを含むと瀬古も)である。1977年に現役を引退。国内で最後のレースとなった京都マラソン(旧)は瀬古利彦のマラソンデビューでもあった。宇佐美彰朗 フレッシュアイペディアより)

  • 高根沢威夫

    高根沢威夫から見た瀬古利彦瀬古利彦

    現役時代、故障の際等に鍼灸師小林尚寿の治療を受けていた。のちに、足を故障したマラソンの瀬古利彦が高根沢を介してこの鍼灸師を紹介され、その治療によって競技に復帰することができた。日本を代表するマラソンランナー瀬古の恩人である。高根沢威夫 フレッシュアイペディアより)

  • 中学生「東京駅伝」大会

    中学生「東京駅伝」大会から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(第1回〜第8回)中学生「東京駅伝」大会 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドングランプリ

    ロンドングランプリから見た瀬古利彦瀬古利彦

    過去の大会で男子棒高跳のセルゲイ・ブブカらが世界新記録を樹立した。女子棒高跳のエレーナ・イシンバエワは2004年大会と2005年大会で世界記録を更新、2005年7月22日に女性で史上初めて5m00を成功した。また1986年大会男子5000mで瀬古利彦が13分24秒29、1988年大会では米重修一が13分22秒97の日本新記録を樹立した。ロンドングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤敦之

    佐藤敦之から見た瀬古利彦瀬古利彦

    走りのためになると思ったことは全て実行し、エレベーターやエスカレーターはもとより、自転車にも乗らないなど徹底している。かつて「走る修行僧」と呼ばれていた瀬古利彦は『本当の修行僧は佐藤敦之だ。』と評した。佐藤敦之 フレッシュアイペディアより)

  • 国近友昭

    国近友昭から見た瀬古利彦瀬古利彦

    2000年にNTT中国からエスビー食品に移籍、瀬古利彦監督の指導の下となる。2003年12月の福岡国際マラソンでは、マラソン日本記録保持者の高岡寿成らを下して、自己ベスト・日本歴代7位タイの記録となる、2時間07分52秒のゴールタイムでマラソン初優勝を果たす。この成績が大きく評価され、翌2004年8月開催のアテネオリンピック男子マラソン日本代表に選ばれた。国近友昭 フレッシュアイペディアより)

109件中 51 - 60件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード