109件中 61 - 70件表示
  • 大分国際車いすマラソン

    大分国際車いすマラソンから見た瀬古利彦瀬古利彦

    1979年4月、早稲田大学4年だった瀬古利彦がボストンマラソンに出場、学生新記録の2時間10分12秒で2位、同年12月の福岡国際では瀬古が宗兄弟(茂・宗)との接戦を制して連覇、1980年のモスクワオリンピックには、宗兄弟、瀬古が日本代表に選出され、メダル独占もと期待された。大分国際車いすマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 大迫傑

    大迫傑から見た瀬古利彦瀬古利彦

    2017年4月17日に、初マラソンとなるボストンマラソンで2時間10分28秒で走破し3位。日本人では瀬古利彦以来で初めてボストンマラソンの表彰台に立った。大迫傑 フレッシュアイペディアより)

  • 京都マラソン

    京都マラソンから見た瀬古利彦瀬古利彦

    京都新聞社の創刊90周年を記念し、1969年に第1回を開催した。新人の登竜門、中・長距離選手の育成を大会の目的としており、1977年の大会では瀬古利彦がこの大会でマラソン初挑戦の場となった。1982年を最後に発展的解消され、翌1983年からは皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会へ衣替えされた。京都マラソン フレッシュアイペディアより)

  • 朝日スポーツ賞

    朝日スポーツ賞から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(1978年、1980年)朝日スポーツ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤国光

    伊藤国光から見た瀬古利彦瀬古利彦

    選手としてのピークが瀬古利彦や宗茂・宗猛らの全盛期に重なり、当時はマラソンでは世界でも希少なサブ10(2時間10分以内)ランナーながら、一度もマラソン五輪代表に選ばれることはなかった。マラソンでは24回出場しながらついに一度も優勝できず、自己ベストの1986年の北京国際マラソンでも2時間07分57秒で日本最高記録を更新したが、この時も児玉泰介に次いでの2位だった。トラック、ロードの実力と相まって「伊藤のマラソン未勝利」は「世界マラソン界の七不思議」とまで言われた。ラストレースとなった1991年のボストンマラソンの際には、選手紹介に「おそらく、いまだ勝っていない選手の中では世界最高のランナー」と記されていた。伊藤国光 フレッシュアイペディアより)

  • 巨人の星

    巨人の星から見た瀬古利彦瀬古利彦

    『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日)で元日本代表の陸上競技・マラソン選手である瀬古利彦がゲスト講師で登場し、小学校時代の夢はプロ野球選手であり、きっかけは「『巨人の星』の星飛雄馬に憧れて野球選手になろうと思った。」と語っている。また、劇中で星一徹が「野球で上手くなりたかったら走りなさい。」と言った事から「野球選手になるには走るんだ」と思い、小学校まで1.5kmあった道のりを往復3キロほぼ毎日走っていた事や中学校でも野球部に入って学校まで5キロの道のりを往復10キロ毎日走り、ある日、陸上部の顧問に頼まれて陸上大会に出場したところ、県の新記録を出して県大会2冠となり、野球より陸上の方が向いていると思い、陸上に転向したエピソードを披露している。巨人の星 フレッシュアイペディアより)

  • マラソン (テレビドラマ)

    マラソン (テレビドラマ)から見た瀬古利彦瀬古利彦

    マラソン指導 - 瀬古利彦、中村孝生マラソン (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 三村仁司

    三村仁司から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1974年に、たった一人で別注シューズの製作を開始し、その後は他の社員とともにオリンピックを目指す選手をフォローしていくことになる。陸上競技にとどまらず、野球、サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、ボクシング、モータースポーツ、近代五種など多岐にわたる競技のシューズを手がける。君原健二、瀬古利彦、谷口浩美、森下広一、高橋尚子、有森裕子、野口みずき、イチロー、長谷川穂積、尾崎好美、小崎まり、青木宣親、内川聖一、香川真司、木?良子などのシューズ製作を担当した。(ただし、イチローのスパイクとトレーニングシューズは2004年以降は、三村や神戸・高塚台の工学研究所ではなく、鳥取・境港のアシックス山陰で製造されていた。)高い評価が在る一方で、競技者が故障で早期引退したり、他のメーカーに替えているのも事実であり、高評を疑問視する声も在る。三村仁司 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校駅伝競走大会

    全国高等学校駅伝競走大会から見た瀬古利彦瀬古利彦

    正月恒例の箱根駅伝では、この区間を経験した選手が活躍する場合も多い。例えば、以前に10000mの高校記録を保持していた上野裕一郎(長野・佐久長聖高校出身)や10000mの高校記録保持者である佐藤悠基(長野・佐久長聖高校出身)のほか、時代をさかのぼればマラソンランナーとして活躍し、箱根駅伝でも圧巻の走りを見せた瀬古利彦(三重・四日市工業高校出身)など数々の名ランナーがいる。全国高等学校駅伝競走大会 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原新

    藤原新から見た瀬古利彦瀬古利彦

    東京マラソン2011の本番前、招待選手らの記者会見で瀬古利彦(スポーツ解説者、現DeNA・RC総監督)は直接藤原に対して「マラソンでは良い結果と悪い結果が交互に来るけど、それは一体何故なの?」と質問。すると藤原は「20キロあたりで楽になる瞬間が有ります。それが来れば最後までいけるが、来ないともうゲームオーバーですね」とその理由を回答する。その後、瀬古が呆れた口調で「藤原君、その自分自身で決めつける考え方が悪いんだよ!今度1回飲んでオレが教えてやるから」 と指摘されると、当の藤原を初め周囲の報道陣らも思わず失笑。瀬古の苦言に対して藤原は「珠玉のような、ありがたいお言葉です」と恐縮しきりだった。藤原新 フレッシュアイペディアより)

109件中 61 - 70件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード