76件中 61 - 70件表示
  • 坂口泰

    坂口泰から見た瀬古利彦瀬古利彦

    広島県世羅郡世羅町出身。古くから駅伝の盛んな地で、駅伝の名門広島県立世羅高校へは山奥の自宅から走って通った。全国高校駅伝では中心選手として2年時に4位、3年時は1区・区間賞もチームは9位だった。インターハイ1500mと国体5000mで優勝。しかし卒業後は地元の広島大学に入って教師になるつもりだった。ところが当時早稲田大学競走部で福岡国際マラソン連覇中の瀬古利彦に声をかけられ、名指導者中村清監督が実家まで足を運んでくれたため、早稲田大学に進学した。早稲田では箱根駅伝で2年時に9区区間新記録、3年時に9区区間賞。創部70周年の4年時には2区を走りトップを奪うと独走、早稲田30年振り10度目の完全優勝の原動力となる。2位日体大との差は15分18秒、3位以下18校は10区で繰上げスタートとさせる圧勝劇だった。坂口も瀬古二世と大いに騒がれた。坂口泰 フレッシュアイペディアより)

  • 長距離走

    長距離走から見た瀬古利彦瀬古利彦

    上記の他にも15000メートル競走、10マイルロードレース、20000メートル競走、20キロロードレース、1時間競走、25000メートル競走、30000メートル競走、30キロロードレース、35キロ(マラソンの途中計時)など多彩な種目があるが、競技頻度が少ない。また20キロロードレースは1969年、10マイルロードレース、30キロロードレース、35キロは1971年から道路日本記録として公認されているが、世界記録としては公認されてこなかった。しかし2003年になってマラソン、ハーフマラソンなどのコースで一定の条件を満たしたレースについては10キロから35キロまで5キロごとの途中計時と10キロロードレース、20キロロードレース、30キロロードレースは世界記録として公認されるようになった。なお、25000メートル競走・30000メートル競走は瀬古利彦が1981年から2011年まで、30キロロードレースは松宮隆行が2004年から2008年まで、世界記録保持者であった。長距離走 フレッシュアイペディアより)

  • モスクワオリンピック

    モスクワオリンピックから見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦 (マラソン) - その後、ロサンゼルス、ソウルオリンピック(以下、ソウル)と2大会連続出場を果たしたものの、いずれも入賞すら果たせず。モスクワオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 東京都庁

    東京都庁から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(東京都教育委員) - 元マラソンランナー東京都庁 フレッシュアイペディアより)

  • アテネオリンピック (2004年) 日本選手団

    アテネオリンピック (2004年) 日本選手団から見た瀬古利彦瀬古利彦

    コーチ:浜田安則(日本陸上競技連盟)、高野進(東海大学)、有川秀之(埼玉大学)、永山忠幸(ワコール)、大森重宜(星陵女子短期大学)、小坂忠広(石川県立鶴来高校)、高橋卓巳(香川県立観音寺中央高校)、越川一紀(順天堂大学)、本田陽(中京大学)、室伏重信(中京大学)、坂口泰(中国電力)、白水昭興(日清食品)、瀬古利彦(エスビー食品)、藤田信之(グローバリー)、鈴木秀夫(三井住友海上火災保険)、武冨豊(天満屋)アテネオリンピック (2004年) 日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 篠田正浩

    篠田正浩から見た瀬古利彦瀬古利彦

    岐阜県立加納高等学校、早稲田大学第一文学部卒業。高校時代は400m走の選手だったこともあり、大学入学時に早大競走部に入部。当時の早大競走部の長距離コーチで、後にオリンピックマラソン代表の瀬古利彦を育てる中村清に長距離転向を促され、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に出場、「花の2区」を走った経験を持つ(ただし、当時は3区がエース区間で、2区は現在でいうエースクラスが集う区間ではなかった)。、「箱根駅伝は箱根の山を目指し、その先には富士山がある。だから箱根駅伝とは、若者が正月から日本の霊峰を目指して走る神事だ」とのコメントを残している。また、広島カープファンでもある。一時期、詩人の白石かずこと結婚していた。篠田正浩 フレッシュアイペディアより)

  • 国際千葉駅伝

    国際千葉駅伝から見た瀬古利彦瀬古利彦

    第1回(1988年) 瀬古利彦の引退レースとなる。国際千葉駅伝 フレッシュアイペディアより)

  • 東京箱根間往復大学駅伝競走

    東京箱根間往復大学駅伝競走から見た瀬古利彦瀬古利彦

    黒木亮(金山雅之)著 『冬の喝采』 講談社、2008年。ISBN 978-4062150415 - 中村清監督時代の箱根駅伝に向けての早稲田大学競走部のトレーニング描写・瀬古利彦のエピソード、中村清の人物像に詳しい東京箱根間往復大学駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤敦之

    佐藤敦之から見た瀬古利彦瀬古利彦

    走りのためになると思ったことは全て実行し、エレベーターやエスカレーターはもとより、自転車にも乗らないなど徹底している。かつて「走る修行僧」と呼ばれていた瀬古利彦は『本当の修行僧は佐藤敦之だ。』と評した。佐藤敦之 フレッシュアイペディアより)

  • 国近友昭

    国近友昭から見た瀬古利彦瀬古利彦

    2000年にNTT中国からヱスビー食品に移籍、瀬古利彦監督の指導の下となる。2003年12月の福岡国際マラソンでは、マラソン日本記録保持者の高岡寿成らを下して、自己ベスト・日本歴代7位タイの記録となる、2時間07分52秒のゴールタイムでマラソン初優勝を果たす。この成績が大きく評価され、翌2004年8月開催のアテネオリンピック男子マラソン日本代表に選ばれた。国近友昭 フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード