109件中 71 - 80件表示
  • 土曜もアサデス。

    土曜もアサデス。から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(2015年12月5日)土曜もアサデス。 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木七恵

    佐々木七恵から見た瀬古利彦瀬古利彦

    岩手県大船渡市出身。岩手県立住田高等学校、日本体育大学卒業。大卒後は教育職を経て、瀬古利彦らがいたヱスビー食品に所属。増田明美らと共に、初期の日本女子マラソン界を代表する選手の1人だった。佐々木七恵 フレッシュアイペディアより)

  • S&Bちびっ子健康マラソン大会

    S&Bちびっ子健康マラソン大会から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦が所属したことで長距離走界に関わりの深いヱスビー食品が、「21世紀を担う人づくり」をテーマにスポーツを通じて心身ともに健康な子供たちを育成することを第一の目的として、1984年から開催している。日本全国の各地域における地方大会およびその優秀選手による全国大会が実施されており、2007年時点で延べ89万人が参加している。小学生を対象とした長距離走大会としては、全国最大規模のものとなっている。S&Bちびっ子健康マラソン大会 フレッシュアイペディアより)

  • ビダン・カロキ

    ビダン・カロキから見た瀬古利彦瀬古利彦

    2013年3月のエスビー食品陸上競技部廃部に伴い、カロキは瀬古利彦・上野裕一郎ら同部に所属する選手・スタッフとともに同社を退社。同年4月、エスビー食品勢の受け入れを表明し陸上競技部を発足したDeNAへ移籍した。同年7月にナイロビで行なわれた世界選手権ケニア代表選考会10000mは、らを抑えて優勝し代表入りを決めた。2013年8月10日、モスクワで開かれた世界選手権10000mは6位入賞の成績を残した。ビダン・カロキ フレッシュアイペディアより)

  • ごんべえのあいむそ〜り〜

    ごんべえのあいむそ〜り〜から見た瀬古利彦瀬古利彦

    主人公のごんべえは1970年代に首相を務めた田中角栄(発売当時存命中であった)にそっくりであり、敵キャラクターも全て実在の有名人(後に故人となった人物も含む)に酷似していることで話題になった。(ジャイアント馬場、マリリン・モンロー、タモリ、瀬古利彦など)ごんべえのあいむそ〜り〜 フレッシュアイペディアより)

  • 山本修平

    山本修平から見た瀬古利彦瀬古利彦

    高校は愛知県屈指の県立進学校時習館高等学校に通っていた。決して陸上の強豪校という訳ではないが、同級生にはのちに2015年世界陸上競技選手権大会女子5000m日本代表となる鈴木亜由子(日本郵政所属)がいた。高校卒業後に兼ねてから第一志望であった早稲田大学へ進学することを目指していたが入試結果は不合格となり浪人を決意した。かつては、早稲田大学OBの瀬古利彦や駒澤大学監督の大八木弘明のように、浪人や実業団を経てから大学に入学する長距離ランナーも少なからずいたが、世間一般の浪人率も低下した昨今では、浪人を経験した長距離ランナーは極めて珍しい存在である。山本修平 フレッシュアイペディアより)

  • 一色恭志

    一色恭志から見た瀬古利彦瀬古利彦

    2014年11月11日放送のnews every.で、“マラソン界の金の卵”として紹介され、DeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦から推薦された。また、大学陸上部監督の原晋の分析からも「上下のブレが無く、安定感がある。推進力が常に前へ行っていて、効率的な走りをしている」と高い評価を受けている。監督の原は、一色を「瀬古さん以来のスター選手」と絶賛している。一色恭志 フレッシュアイペディアより)

  • ボストンマラソン

    ボストンマラソンから見た瀬古利彦瀬古利彦

    日本人では、瀬古利彦が2回優勝している(1981年・1987年)。このほかの日本人優勝者としては、ボストンマラソン フレッシュアイペディアより)

  • マラソン

    マラソンから見た瀬古利彦瀬古利彦

    日本においてオリンピックでもマラソンは常に注目競技の上位となってきた。日本が初めて選手を派遣した1912年のストックホルムオリンピックからマラソン選手(金栗四三)を送っている。1964年(昭和39年)の東京オリンピックで円谷幸吉が3位銅メダル、つづく1968年(昭和43年)のメキシコオリンピックで君原健二が2位銀メダルになるなど、日本の男子マラソンは世界最高記録保持者を輩出したり、知名度の高いレースで優勝・上位入賞したりする時代があった。1970年代後半から1990年代前半にかけても、宗茂、宗猛、瀬古利彦、伊藤国光、中山竹通、谷口浩美など、マラソン世界歴代10傑に名前を刻む世界的な選手を数多く輩出し、1991年(平成3年)の東京世界陸上にて谷口浩美が1位金メダル、1992年(平成4年)のバルセロナオリンピックにて森下広一が2位銀メダルに輝き、マラソン黄金時代を築いた。また、女子マラソンにおいても、1990年代前半から2000年代前半にかけて、オリンピックでは1992年(平成4年)のバルセロナオリンピックで2位銀メダル、1996年(平成8年)のアトランタオリンピックで3位銅メダルと連続メダルの有森裕子、2000年(平成12年)のシドニーオリンピックで1位金メダルの高橋尚子、2004年(平成16年)のアテネオリンピックで1位金メダルの野口みずき、また世界陸上競技選手権では1993年(平成5年)シュトゥットガルト世界陸上で1位金メダルの浅利純子、1997年(平成9年)アテネ世界陸上で1位金メダルの鈴木博美、他にも銀メダル銅メダルは多数という、女子マラソン選手が世界的な競技大会(オリンピックや世界陸上競技選手権など)でメダルを量産する活躍を見せ、全盛時代を築いた。当時の日本で取り組まれていた夏マラソン研究は世界最先端であり、1990年代前半以降のオリンピックや世界陸上競技選手権での日本人選手のメダル獲得は、その研究の賜物であるのも否定できない。マラソン フレッシュアイペディアより)

  • 1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団

    1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(ヱスビー食品)1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

109件中 71 - 80件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード