109件中 81 - 90件表示
  • 出雲全日本大学選抜駅伝競走

    出雲全日本大学選抜駅伝競走から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(エスビー食品スポーツ推進局長、日本陸連理事、放送センター解説)出雲全日本大学選抜駅伝競走 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本実業団対抗駅伝競走大会

    全日本実業団対抗駅伝競走大会から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦(当時エスビー食品スポーツ推進局長/放送センター)全日本実業団対抗駅伝競走大会 フレッシュアイペディアより)

  • 塚原直也

    塚原直也から見た瀬古利彦瀬古利彦

    2016年9月7日放送、日本テレビ系「ナカイの窓」「アスリートSP」に瀬古利彦、田中雅美、小椋久美子、清水健、ゲストMC武井壮らと出演する。思い出深い試合で「2004年アテネオリンピック男子団体金メダル」を挙げた。また。オーストラリアに国籍変更した経緯を語る。塚原直也 フレッシュアイペディアより)

  • びわ湖毎日マラソン

    びわ湖毎日マラソンから見た瀬古利彦瀬古利彦

    1981年頃から1993年頃までは新人の登竜門的な大会で、オリンピックや世界選手権などの選考レースに格付けされていても一線級の参加があまり見られなかったが、1988年の第43回では前年12月の福岡国際マラソンを怪我のため欠場していた瀬古利彦が出場して注目を集めた。瀬古は優勝し同年のソウルオリンピックの出場権を獲得したことで物議を醸した。びわ湖毎日マラソン フレッシュアイペディアより)

  • TEL・TELスタジアム

    TEL・TELスタジアムから見た瀬古利彦瀬古利彦

    ソウルオリンピックの各競技の選手で統一。監督はみかこ、コーチはもりすえ。ルイース、ジョイナ、ベーン、せこっ、イカンガとマラソンランナーが多いからか、俊足のチームで、四番捕手のさいとおのみ鈍足だが強肩強打者。エースはアポット、何故かソウルオリンピックに出ていないみどりがリリーフにいる。TEL・TELスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 喜多秀喜

    喜多秀喜から見た瀬古利彦瀬古利彦

    1978年12月の福岡国際マラソンでは優勝した瀬古利彦に次ぐ2位、1979年2月の別府大分毎日マラソンで優勝。日本が不参加となった1980年のモスクワオリンピックには、マラソンの選考レースだった福岡国際マラソンは惨敗したものの、5000、10000メートルの代表に選ばれている。1981年には海外の強豪を抑え第1回東京国際マラソンで優勝を果たした。その後北京国際マラソン、青梅マラソンを制した。現役時代、サブテン(2時間10分未満)は記録できなかったが、30歳代後半になってからも2時間10分台の記録を残した。1991年の防府読売マラソンが最後のマラソンレースとなる。全日本実業団対抗駅伝競走大会には第21回(1976年)から第35回(1991年)まで15回連続出場を記録し、最後に出場した当時は勤務先では「業務担当課長」となっていた。喜多秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田敦史

    藤田敦史から見た瀬古利彦瀬古利彦

    駒澤大学時代は、4年連続箱根駅伝出場を果たし、当時順天堂大学のエース、三代直樹(富士通、箱根駅伝2区元区間記録保持者)、東海大学の諏訪利成(日清食品、アテネオリンピック男子マラソン6位入賞)らと名勝負を演じ、さらに4年生の時は第4区の区間記録を更新した。この記録は、当時とほぼ同じ区間・距離とされる第93回(2017年)以降の現行4区の区間記録を1分半近く上回る。箱根駅伝後の1999年3月には初マラソンのびわ湖毎日マラソンで瀬古利彦のもつ日本学生記録を20年ぶりに更新。経営学部では、山田勝ゼミナールに所属。藤田敦史 フレッシュアイペディアより)

  • 着信御礼!ケータイ大喜利

    着信御礼!ケータイ大喜利から見た瀬古利彦瀬古利彦

    瀬古利彦 - 2014年12月13日の放送にて出演。駅伝に出場中の選手を、後方の伴走車から指示する監督という設定の回答読み上げを担当。着信御礼!ケータイ大喜利 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のスポーツ

    2013年のスポーツから見た瀬古利彦瀬古利彦

    3月末で廃部となるヱスビー食品陸上部について、DeNAが新たな受け入れ先となることを正式発表。総監督には瀬古利彦が就任。2013年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 小掛照二

    小掛照二から見た瀬古利彦瀬古利彦

    小掛の名前を有名にしたのは、しばしば繰り返されるオリンピックマラソン代表選考をめぐる(マスコミを中心とした)騒動である。選考委員のトップ(強化本部長)として大きな影響力を持つとされたため、実力の伯仲した選手を選考したりする場合その選考理由をめぐって小掛の意向が取りざたされ、結果として騒動と呼ばれる状況が時に生じた。ソウルオリンピック男子マラソンでは、陸連の強化指定選手が出場を半ば義務づけられていた福岡国際マラソンをけがで欠場し、びわ湖毎日マラソンで優勝した瀬古利彦が選出された。びわ湖毎日も選考レースの一つではあったため、強引に選考したわけではないが、出るべきであった福岡国際に出られなかった早稲田の後輩・瀬古への救済であるという批判も少なくなかった。瀬古の福岡欠場が決まった際に中山竹通は「自分なら這っても出ますけどね」と発言し、それが「瀬古、這ってでも出て来い!」などと挑発的な内容に歪めて報じられもした。小掛照二 フレッシュアイペディアより)

109件中 81 - 90件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード