前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示
  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た講談社

    『瀬古利彦の42.195km ボクには走ることしかない』(石井信(著)、講談社、1983/11、ISBN 978-4062005432)瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た米長邦雄

    2007年12月より東京都の教育委員に任命された。任期は2011年まで。米長邦雄の後任。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たエスビー食品

    瀬古 利彦(せこ としひこ、1956年7月15日 - )は三重県桑名市出身の元陸上競技・マラソン選手、陸上競技指導者。1970年代後半から1980年代にかけて宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした。現役引退後はヱスビー食品スポーツ推進局局長を経て、2013年4月よりDeNAランニングクラブ総監督。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た松野明美

    そのソウルオリンピックには、陸連の強化指定選手が出場を半ば義務づけられた五輪代表選考会となっていた1987年の福岡国際マラソンを負傷のため欠場。マスメディアでは、ライバルの中山が「這ってでも出てこい!」と発言したと煽られた(中山竹通を参照)。翌年3月に選考レースのひとつであるびわ湖毎日マラソンに優勝して代表となるも、優勝タイムは平凡な記録に終わる。この代表選出については、瀬古に対する救済策ではないかという意見が当時多く出された。この代表選考の不透明さは瀬古の責任ではないが、その代表例として名を出されることは名ランナー瀬古の履歴に影を落とすことになった(代表選考に関する話題は松野明美・小掛照二の項目も参照のこと)。本番のレースでは9位となり、ついに五輪では入賞することなく終わる。ソウルオリンピック後、第1回国際千葉駅伝で日本チームのアンカーを務め、これを最後に現役を引退した。レース後、千葉県総合運動場陸上競技場で引退セレモニーが行われ、ライバルだった中山や宗から花束が贈られた。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た三遊亭圓楽 (6代目)

    落語家の六代目三遊亭圓楽(前名:三遊亭楽太郎)と容貌が似ている。瀬古が金メダル候補だった1984年のロス五輪の直前には、楽太郎(当時)が瀬古の格好でロサンゼルスを取材するテレビ番組があった。それから20年後に、弟子の国近友昭がアテネ五輪の代表に決まったときの記者会見で、瀬古は「楽太郎さんのように冗談を言ってリラックスさせたい」と述べた。現在も交流があり、2010年3月の六代目圓楽襲名披露パーティーにもサプライズゲストとして出演した。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た中山竹通

    瀬古 利彦(せこ としひこ、1956年7月15日 - )は三重県桑名市出身の元陸上競技・マラソン選手、陸上競技指導者。1970年代後半から1980年代にかけて宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした。現役引退後はヱスビー食品スポーツ推進局局長を経て、2013年4月よりDeNAランニングクラブ総監督。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た中村清

    1976年入学当初、浪人中の不摂生もあって約8kg増量していた。早稲田大学競走部への入部直後、中村清監督から「君、マラソンをやりなさい」と勧められ、中距離からマラソンへ転向。以後、恩師中村と二人三脚で鍛錬の日々を過ごすことになる。箱根駅伝では1年次から4年連続で「花の2区」を走り、3、4年次で区間新を記録した。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た宮嶋泰子

    『走れ瀬古利彦!』(宮嶋泰子(著)、東京出版、1984/8)瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た高橋尚子

    2005年3月より日本陸連役員も務めた。また駅伝やマラソン中継の解説者を務めることが多くなっている。2005年の東京国際女子マラソンで優勝した高橋尚子が事前に怪我をしていることを公表したことについて苦言を呈していた。その後も2006年からは名古屋国際女子マラソンでも、元男子選手では珍しく女子レースでのメイン解説を行っている。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た三村仁司

    瀬古は初めて経験する夏マラソンにいつもの経験とリズムがつかめなかったのが最大の敗因と見ている。練習では新しいナイロン製のものを使用していたが、試合直前にアシックスの三村仁司に申し出て「今まで負けたことのない布の靴」(比べて50g以上重い210g)で本番に臨んだという。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード