111件中 101 - 110件表示
  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た明治神宮外苑

    東京青山の明治神宮外苑ランニングコース(全長1.3kmの楕円形周回路)は、早稲田大学時代より中村の指導下で瀬古が練習を行っていたコースとして有名で、通称「瀬古ロード」とも呼ばれる。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た雑誌

    大学から社会人にかけての独身時代は、中村の自宅に隣接するアパートに下宿していた。その当時の生活管理は厳しく、用便の際に息抜きに漫画雑誌でも読もうかと思ったところ、中村が便所のドアを開け「瀬古、ウンチの具合はどうだ」と尋ねられたこともあったという。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た1986年アジア競技大会

    これら3つのレースの優勝で、失意のロサンゼルスの惨敗から立ち直った。とはいえ、ロス五輪以降は、従来のレーススタイルを捨てて、中盤に機を見てスパートして最後まで逃げ切るようなレース運びをするようになり、中村がいた頃とは変化もうかがえた。また、出場したレースはいずれも日本陸上競技連盟が解禁したばかりの「賞金レース」で、瀬古はその出場第一号であった。1986年10月のアジア競技大会のマラソンに出場した中山竹通は、遠回しな表現ながら瀬古に対する優遇ではないかと疑問を呈した。これがその後のソウルオリンピック代表選考を巡る紛糾の一端となったことも否定できない。結果として1987年のボストンマラソンが瀬古の競技人生として最後の輝きとなった。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たボイコット

    オリンピック開催年の1980年、大学を卒業して中村監督とともにヱスビー食品に入社、オリンピックでの勝利を目指したが、ソ連のアフガニスタン侵攻による西側諸国のボイコットで出場はならなかった。同年12月の福岡国際ではモスクワ五輪金メダリストのワルデマール・チェルピンスキー(当時東ドイツ)を破り、自身初の「サブテン」となる2時間9分45秒の記録で3連覇を飾る。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たアフガニスタン紛争 (1978年-1989年)

    オリンピック開催年の1980年、大学を卒業して中村監督とともにヱスビー食品に入社、オリンピックでの勝利を目指したが、ソ連のアフガニスタン侵攻による西側諸国のボイコットで出場はならなかった。同年12月の福岡国際ではモスクワ五輪金メダリストのワルデマール・チェルピンスキー(当時東ドイツ)を破り、自身初の「サブテン」となる2時間9分45秒の記録で3連覇を飾る。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たDNガラン

    10000m:27分42秒17(1985年7月2日 DNガラン、当時日本記録)瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た東海大学付属浦安高等学校・中等部

    息子が4人いるが、陸上をやっているのは三男だけである。東海大浦安高時代に800mでインターハイに出場し東海大に進んだが、伸び悩び2年冬にマネージャーに転向し駅伝主務を務めている。四男は高校で一度陸上部に入ったが辞めてアメフトを始めたという。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た陸上競技マガジン

    戦後長く日本のマラソン界を見つめてきた日本陸連理事・高橋進は以前、陸上競技マガジンの中で瀬古について触れ、「彼にとって悲運だったのは、絶好調だったモスクワオリンピックをボイコットで出場できなかったことだ。調整ミスだった次のロサンゼルスオリンピックまではともかく、もうピークを過ぎていたソウルオリンピックまで(出場させたの)は酷だった」と語っている。このことからも彼がメダルの可能性が最も高かったモスクワオリンピックのボイコットが、いかに彼のその後にとっても痛手であったかを物語っている。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たグアム

    瀬古陣営はロサンゼルスの酷暑対策として、グアムやニュージーランドで合宿を続けていた。瀬古は本番直前の8月9日まで渡米を遅らせ、東京で最終調整を行ったが、むしろ東京よりもロサンゼルスの方が涼しく感じ、「こんなことならもっと早くロスに来ておきゃよかった」と思ったという。なお、中村は女子マラソンに出場した佐々木七恵の付き添いのため、瀬古を東京に残して渡米していた。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た北海道

    引退後はヱスビー食品陸上部監督に就任したのち、1990年より4年間は母校早稲田大学競走部のコーチを兼任。武井隆次・櫛部静二・花田勝彦・渡辺康幸らを擁し第69回箱根駅伝総合優勝を果たした他、全日本大学駅伝4連覇など母校の躍進に貢献した。2006年3月限りでヱスビー食品陸上部監督を退任、同年4月1日付で同社スポーツ推進局長に就任した。後任監督には武井隆次コーチが昇格し、中村孝生コーチが部長となった。選手育成においては、1990年の北海道合宿中に金井豊・谷口伴之の有力選手を交通事故で失う悲劇にも見舞われ(エスビー食品陸上競技部員交通死亡事故)、現役時代ライバル関係にあった宗茂らの後塵を拝し続けるなど順風満帆とはいかなかったが、2004年のアテネオリンピックに国近友昭をマラソン代表として送り出した。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

111件中 101 - 110件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード