100件中 41 - 50件表示
  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た早稲田大学

    逸材であり、大学進学に当たり関東の学校の誘いも多かった。箱根駅伝最多優勝・最多出場を誇る中央大学への入学が決まりかけたが、早稲田大学OBからの勧誘で、(瀬古の父は中央大学へ頭を下げ)早稲田大学の一般入試(運動部員に対する特別優遇の推薦入試等は当時無かった)を受験した。しかし合格に至らなかったため、高校を卒業後、南カリフォルニア大学へ在籍しながらの「浪人生活」を送り、翌年早稲田大学教育学部に合格した。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た全国高等学校総合体育大会

    ところが、たまたま駆り出されて出場した市の陸上大会の2000メートル競走で優勝、続く県大会でも優勝したことがきっかけで陸上競技に魅力を感じるようになり、陸上競技の強豪校・四日市工業高校への入学を決意する。入学直後から中距離走で頭角を現し、中長距離走では1年生の活躍が難しいと言われる全国高等学校総合体育大会(インターハイ)800mで3位に入賞。順調に成長した2年次には800m、1500mで優勝し中距離二冠に輝いた。3年次には800m・1500m・5000mの中長距離三冠の偉業に挑戦したが、5000mで中村孝生(前橋工)のロングスパートに敗れ2位に終わり、2年次同様に中距離の2冠に終わった。しかし、800mで予選・準決勝・決勝の3レース、1500m、5000mは予選・決勝の2レースと4日間で合計15400mを走破しての2種目の優勝と1種目の準優勝の成績に対し、。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たびわ湖毎日マラソン

    そのソウルオリンピックには、陸連の強化指定選手が出場を半ば義務づけられた五輪代表選考会となっていた1987年の福岡国際マラソンを負傷のため欠場し、翌年3月に選考レースのひとつであるびわ湖毎日マラソンに優勝して代表となる。この代表選出については、瀬古に対する救済策ではないかという意見が当時多く出された。この代表選考の不透明さは瀬古の責任ではないが、その代表例として名を出されることは名ランナー瀬古の履歴に影を落とすことになった(代表選考に関する話題は松野明美・中山竹通・小掛照二の項目も参照のこと)。本番のレースでは9位となり、ついに五輪では入賞することなく終わる。ソウルオリンピック後、第1回国際千葉駅伝で日本チームのアンカーを務め、これを最後に現役を引退した。レース後、千葉県総合運動場陸上競技場で引退セレモニーが行われ、ライバルだった中山や宗から花束が贈られた。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た群馬県立前橋工業高等学校

    ところが、たまたま駆り出されて出場した市の陸上大会の2000メートル競走で優勝、続く県大会でも優勝したことがきっかけで陸上競技に魅力を感じるようになり、陸上競技の強豪校・四日市工業高校への入学を決意する。入学直後から中距離走で頭角を現し、中長距離走では1年生の活躍が難しいと言われる全国高等学校総合体育大会(インターハイ)800mで3位に入賞。順調に成長した2年次には800m、1500mで優勝し中距離二冠に輝いた。3年次には800m・1500m・5000mの中長距離三冠の偉業に挑戦したが、5000mで中村孝生(前橋工)のロングスパートに敗れ2位に終わり、2年次同様に中距離の2冠に終わった。しかし、800mで予選・準決勝・決勝の3レース、1500m、5000mは予選・決勝の2レースと4日間で合計15400mを走破しての2種目の優勝と1種目の準優勝の成績に対し、。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た東京国際マラソン

    1983年2月の東京国際マラソンで1年10ヶ月ぶりにフルマラソンに出場。日本人初の2時間8分台となる2時間8分38秒の日本最高記録(当時)で優勝し、名実ともに日本のトップランナーとして復帰を遂げる。この優勝により、瀬古は翌年のロサンゼルスオリンピックの金メダル候補として注目を浴びる。同年12月の福岡国際マラソンでも優勝し、ロサンゼルスオリンピックの代表に選出された。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た全国高等学校駅伝競走大会

    全国高等学校駅伝競走大会では3年連続で「花の1区」(10km)に出場し、2年次には区間賞を獲得した。全国高校駅伝での1区の区間賞は高校長距離界におけるタイトルの一つと考えられており、2年次で区間賞を獲得したことから長距離での特性があることも窺えた。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たキャバクラ

    2007年12月より、米長邦雄の後任として東京都教育委員に就任。この際、大原正行教育長に「教育委員はキャバクラに行っちゃダメなの?」と問うて物議を醸した。また初会合で「オリンピックで『君が代』が流れると涙が出る」と発言。「東京君が代訴訟原告団」からはこれらについて“教育委員としての見識など全くない人物”と酷評されている(「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」により、教育委員は“人格が高潔で、教育、学術及び文化に関し識見を有する”べき事が定められている)。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たロンドンマラソン

    瀬古はオリンピック後のマラソン出場については慎重な姿勢を続け、1986年のロンドンマラソンで1年8ヶ月ぶりにフルマラソンを走り優勝する。同年10月のシカゴマラソンでは85年広島、87年ソウルのワールドカップマラソンに連覇しているジブチのアーメド・サラを振り切り2時間8分27秒の自己ベスト(当時日本歴代4位、世界歴代10位)で優勝。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た東京マラソン

    2010年1月26日、東京マラソンに向けたトークショーに現役時代のライバルだった中山竹通とともに出演。両者は現役時代にはできなかったという「和解の握手」を交わした。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た中央大学

    逸材であり、大学進学に当たり関東の学校の誘いも多かった。箱根駅伝最多優勝・最多出場を誇る中央大学への入学が決まりかけたが、早稲田大学OBからの勧誘で、(瀬古の父は中央大学へ頭を下げ)早稲田大学の一般入試(運動部員に対する特別優遇の推薦入試等は当時無かった)を受験した。しかし合格に至らなかったため、高校を卒業後、南カリフォルニア大学へ在籍しながらの「浪人生活」を送り、翌年早稲田大学教育学部に合格した。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

100件中 41 - 50件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード