100件中 51 - 60件表示
  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たブックマン社

    『瀬古サンのタメ息、中山クンのハナ息』(瀬古と中山をこよなく愛する記者グループ(著)、ブックマン社、1988/9、ISBN 978-4893080943)瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た日本文化出版

    『中村清と瀬古利彦の闘走!』(別所功(著)、日本文化出版、1984/7、ISBN 978-4931033450)瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た世界文化社

    『永遠のランナー 瀬古利彦』(小田桐誠との共著、世界文化社、1989/5、ISBN 978-4418895083)瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たベースボールマガジン社

    『瀬古利彦 マラソンの真髄 世界をつかんだ男の“走りの哲学”』(ベースボールマガジン社、2006/12、ISBN 978-4583039466)瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た徳間書店

    『瀬古利彦 ′84ロスへの激走』(木村幸治(著)、徳間書店、1984/1、ISBN 978-4195529348)瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た実業之日本社

    『すべてのマラソンランナーに伝えたいこと』(実業之日本社、2012/2、ISBN 978-4408453729)瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た陸上競技

    瀬古 利彦(せこ としひこ、1956年7月15日 - )は三重県桑名市出身の元陸上競技・マラソン選手、陸上競技指導者。1970年代後半から1980年代にかけて宗茂、宗猛、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした。2013年1月現在は、ヱスビー食品スポーツ推進局局長を務める。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たロサンゼルスオリンピック (1984年)

    1983年2月の東京国際マラソンで1年10ヶ月ぶりにフルマラソンに出場。日本人初の2時間8分台となる2時間8分38秒の日本最高記録(当時)で優勝し、名実ともに日本のトップランナーとして復帰を遂げる。この優勝により、瀬古は翌年のロサンゼルスオリンピックの金メダル候補として注目を浴びる。同年12月の福岡国際マラソンでも優勝し、ロサンゼルスオリンピックの代表に選出された。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見たソウルオリンピック

    これら3つのレースの優勝で、失意のロサンゼルスの惨敗から立ち直った。とはいえ、ロス五輪以降は、従来のレーススタイルを捨てて、先行逃げ切りに近いレース運びをするようになり、中村がいた頃とは変化もうかがえた。また、出場したレースはいずれも日本陸上競技連盟が解禁したばかりの「賞金レース」で、瀬古はその出場第一号であった。1986年10月のアジア競技大会のマラソンに出場した中山竹通は、遠回しな表現ながら瀬古に対する優遇ではないかと疑問を呈した。これがその後のソウルオリンピック代表選考を巡る紛糾の一端となったことも否定できない。結果として1987年のボストンマラソンが瀬古の競技人生として最後の輝きとなった。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た日本陸上競技連盟

    これら3つのレースの優勝で、失意のロサンゼルスの惨敗から立ち直った。とはいえ、ロス五輪以降は、従来のレーススタイルを捨てて、先行逃げ切りに近いレース運びをするようになり、中村がいた頃とは変化もうかがえた。また、出場したレースはいずれも日本陸上競技連盟が解禁したばかりの「賞金レース」で、瀬古はその出場第一号であった。1986年10月のアジア競技大会のマラソンに出場した中山竹通は、遠回しな表現ながら瀬古に対する優遇ではないかと疑問を呈した。これがその後のソウルオリンピック代表選考を巡る紛糾の一端となったことも否定できない。結果として1987年のボストンマラソンが瀬古の競技人生として最後の輝きとなった。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

100件中 51 - 60件表示

「瀬古利彦」のニューストピックワード