313件中 121 - 130件表示
  • 川又洋子

    川又洋子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1978年に全日本入りを果たし、アジア大会(1978年)、アジア選手権(1979年)に出場した。川又洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中弓貴

    田中弓貴から見た全日本女子バレーボールチームバレーボール全日本女子

    2008年9月、第1回アジアカップ女子大会の全日本代表メンバーにリベロとして招集された。田中弓貴 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のバレーボール

    2010年のバレーボールから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    23日 - 2010年度全日本女子代表登録メンバーが発表され、最年少15歳の宮下遥、5年ぶりに代表復帰の山本愛など33名が代表登録された。2010年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 内田役子

    内田役子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2003年、第52回黒鷲旗全日本選手権初優勝に貢献。同年の全日本代表に初選出されたが、リーグでのチーム初優勝という目標を優先し代表を辞退。2003-04年第10回Vリーグでチームの司令塔として吉原知子、佐々木みき、斎藤真由美、多治見麻子らとチーム創部25年目、Vリーグ昇格4年目にしてリーグ初優勝に導いた。2005-06年第12回Vリーグでは、年を重ねるごとに円熟味を増したともいわれる絶妙のトスで栗原恵、フランシーヌ・フールマン、佐々木、多治見らと二度目のVリーグ(プレミアリーグ)制覇の原動力となり、自身も初のベスト6を獲得した。内田役子 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤千尋

    加藤千尋から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2007年、JTマーヴェラスに入団。2007-08プレミアリーグでデビューを果たした。2008年、第1回アジアカップ女子大会の全日本代表メンバーに選出された。 2010-11Vプレミアリーグ、第60回黒鷲旗大会では初優勝と2冠達成に貢献した。加藤千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤春枝

    斎藤春枝から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1971年に夢をあきらめ、日本リーグの全鐘紡(当時)に入部。1974年、全日本入りし、世界選手権において金メダルを獲得した。斎藤春枝 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年バレーボール女子アジア選手権

    1983年バレーボール女子アジア選手権から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    出場国は9カ国。日本が2大会ぶり2回目の優勝を飾ると共に、ロサンゼルスオリンピック出場を決めた。1983年バレーボール女子アジア選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ワンナ・ブアゲーウ

    ワンナ・ブアゲーウから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    アテネオリンピック世界最終予選ではレギュラーとして活躍。サーブレシーブランキングで日本の成田郁久美に次ぐ2位に入った(セット率 73.99)。ワールドグランプリ 2006、ドーハアジア大会2006に出場した。ワンナ・ブアゲーウ フレッシュアイペディアより)

  • 1973年ワールドカップバレーボール女子大会

    1973年ワールドカップバレーボール女子大会から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    大会は南米を中心に日本、大韓民国、キューバ等、バレーボール強豪の10カ国が出場した。女子初代女王はソビエト社会主義共和国連邦であった。日本からはナショナルチームからの参加でなく、ヤシカバレーボール部の単独チームを派遣。ソ連との決勝戦にコマを進めるが、主力飯田高子に両足の痙攣がおきたことも響き、2位に終わった。1973年ワールドカップバレーボール女子大会 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年ワールドカップバレーボール

    1977年ワールドカップバレーボールから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1977年ワールドカップバレーボールは、1977年に日本で開催されたバレーボールワールドカップである。女子大会は11月7日から15日に、男子大会は11月17日から29日に開催され、女子は日本が優勝、男子はソビエト社会主義共和国連邦が優勝した。1977年ワールドカップバレーボール フレッシュアイペディアより)

313件中 121 - 130件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード