414件中 11 - 20件表示
  • 狩野美雪

    狩野美雪から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    狩野 美雪(かのう みゆき、1977年5月17日 - )は、日本の女子バレーボール元選手、現指導者。東京都三鷹市出身。ニックネームはミユキ。夫はバレーボール全日本女子コーチの川北元。狩野美雪 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下佳江

    竹下佳江から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    福岡県北九州市門司区出身。3歳年の離れた姉の影響で小学校3年生よりバレーを始める。高校時代はチームでの全国大会の経験はないが、1995年、世界ユース選手権に出場し優勝を経験した。1996年、NECレッドロケッツに入団。1997年、全日本代表初選出。同年開催のワールドグランドチャンピオンズカップでは、正セッターの大貫美奈子の控えとして出場した。竹下佳江 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山祥子

    杉山祥子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    父は東レ九鱗会の元選手、母は高校時代に国体出場経験を持つというバレーボール一家の次女として生まれ、小学校5年生の時にバレーボールを始める。静岡県富士見高校2年生時に春高バレー出場。1997年、全日本ジュニアのメンバーに選ばれ、世界ジュニア選手権に出場した。杉山祥子 フレッシュアイペディアより)

  • 冨永こよみ

    冨永こよみから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2009年4月、全日本女子代表メンバーにセッターとして登録された。同年のモントルーバレーマスターズで国際大会デビューし、ワールドグランドチャンピオンズカップにも出場した。2010年度も全日本代表候補に登録された。冨永こよみ フレッシュアイペディアより)

  • 中田久美

    中田久美から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    中田 久美(なかだ くみ、1965年9月3日 - )は、日本の元バレーボール選手(全日本女子代表)、指導者、タレント、スポーツキャスター。スポーツビズ所属。バレーボール全日本女子監督、プレミアリーグ・久光製薬スプリングス前監督。中田久美 フレッシュアイペディアより)

  • 木村沙織

    木村沙織から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2002年、バレーの名門として知られる成徳学園高校(現・下北沢成徳高等学校)に進学。高校2年生になるとライトで主力選手となり、2003年春高バレーで優勝を収め、成徳の2連覇に貢献した。同年8月開催のインターハイは3位に終わり連覇を逃したが、インターハイ閉幕と同時に全日本代表から強化合宿に招集され、同年9月のアジア選手権に出場。当初はセッター登録であった。そして11月開催のワールドカップに故障の鈴木洋美の代役として出場した。木村沙織 フレッシュアイペディアより)

  • 井上琴絵

    井上琴絵から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2009年4月、全日本女子代表メンバーに登録された。2010年も全日本候補に選出され、同年9月のアジアカップに出場した。2010-11Vプレミアリーグで初優勝に貢献し、同リーグのベストリベロ賞に輝いた。また、第60回黒鷲旗大会との2冠を達成した。井上琴絵 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    21日 - 【バレーボール】 リオ五輪女子世界最終予選で、日本はイタリアにセットカウント2-3で敗れたが、勝ち点1を獲得し4位以内が確定。4大会連続の五輪出場が決定した。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 大林素子

    大林素子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    大林 素子(おおばやし もとこ、1967年6月15日 - )は日本の元バレーボール選手、スポーツキャスター・タレント・女優・モデルである。東京都小平市出身。八王子実践高等学校卒業。ホリプロ所属。日本バレーボール協会広報委員(元バレーボール全日本女子選手)、神戸親和女子大学発達教育学部ジュニアスポーツ教育学科客員教授。大林素子 フレッシュアイペディアより)

  • 大村加奈子

    大村加奈子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1994年、ダイエーオレンジアタッカーズに入団。1997年全日本代表初選出。同年のグラチャンで国際大会に初出場を果たす。319センチの最高到達点に加え、センター・レフトもこなせる身体能力の高さで2度の右ひざ手術を乗り越えて、2004年アテネオリンピックに出場した。2007年、2006-07プレミアリーグではセンターのレギュラーとして、久光製薬スプリングス5年ぶり2度目のVリーグ優勝に貢献。同シーズンの日韓トップマッチ、第56回黒鷲旗大会で3冠を達成した。大村加奈子 フレッシュアイペディアより)

414件中 11 - 20件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード