313件中 21 - 30件表示
  • バレーボールポーランド女子代表

    バレーボールポーランド女子代表から見たバレーボール日本女子代表バレーボール全日本女子

    2008年1月の北京オリンピック欧州予選ではロシアに敗れ2位に終わったものの、同年5月の世界最終予選の切符を取得。5月24日のセルビア戦でフルセットの末に勝利し、40年ぶりのオリンピック出場を果した。同年8月の北京五輪には予選ラウンドでアメリカ、日本とフルセットの激闘を演じるも敗戦し9位で同大会を終えた。バレーボールポーランド女子代表 フレッシュアイペディアより)

  • 芥川愛加

    芥川愛加から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    全日本女子の試合をテレビ観戦したのをきっかけに、中学1年でバレーボールを始める。芥川愛加 フレッシュアイペディアより)

  • 羽根翠

    羽根翠から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2006年全日本代表初選出。同年世界選手権では控えのセッターとしてチームを支え出場し活躍した。羽根翠 フレッシュアイペディアより)

  • 多治見麻子

    多治見麻子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1990年全日本代表初選出。1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピックと五輪に2度出場。1997年より葛和伸元監督率いる全日本のキャプテンに抜擢され、1998年世界選手権で主将を務めた。1999年1月に左ひざの手術を受けた影響で同年のワールドカップには出場したが満足なプレーが出来なかった。2000年シドニー五輪予選に間に合わず、Vリーグでも99、00年シーズンと本来の活躍ができなかった。多治見麻子 フレッシュアイペディアより)

  • 森山淳子

    森山淳子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1997年、東洋紡オーキスへ移籍。翌年、全日本代表に選出。2001年には全日本のキャプテンを任されたが、ワールドグランドチャンピオンズカップ直前に故障し、代表を外れた。全盛期はレシーブのできるセンターとして活躍し、東洋紡時代には1試合だがリベロを務めた。東洋紡の休部に伴い、2002年8月、JTマーヴェラスに移籍した。森山淳子 フレッシュアイペディアより)

  • 井野亜季子

    井野亜季子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2006年、全日本代表初選出。同年ワールドグランプリ大会で代表デビュー。世界選手権で世界三大大会に初出場する。井野亜季子 フレッシュアイペディアより)

  • 位田愛

    位田愛から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2008年、第1回アジアカップ女子大会の全日本代表メンバーに選出された。位田愛 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺啓太

    渡辺啓太から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    日本バレーボール協会全日本シニア女子チームアナリスト、女子強化委員会主事、男子強化委員会テクニカル委員。日本オリンピック委員会専任情報・科学スタッフ。渡辺啓太 フレッシュアイペディアより)

  • 板橋恵

    板橋恵から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1996年日立佐和リヴァーレに入団。1998年全日本代表チームに初選出。1999年ワールドカップでは正セッターを務め、同大会で6位となった。2002年に一度現役を引退するが、2003年に現役復帰し、第11回Vリーグでサーブ賞を受賞、第55回黒鷲旗大会で準優勝へ導く。板橋恵 フレッシュアイペディアより)

  • 坂下麻衣子

    坂下麻衣子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2009年4月、全日本女子代表メンバーに登録され、2009年バレーボール・ワールドグランプリに出場。コート上での闘志とは裏腹に、普段は控えめで恥ずかしがりのところがあるという。ニックネームは、読みが高橋みゆきと同じであったが、当時は高橋が競技から離れタレント活動を主体としていたため、坂下の全日本入りに際しニックネームが変更されることはなかった。坂下麻衣子 フレッシュアイペディアより)

313件中 21 - 30件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード