414件中 41 - 50件表示
  • 先野久美子

    先野久美子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1997年全日本代表初選出。以降2000年、2007年に選出され、2007年ワールドグランプリで国際大会デビューした。先野久美子 フレッシュアイペディアより)

  • 森山淳子

    森山淳子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1997年、東洋紡オーキスへ移籍。翌年、全日本代表に選出。2001年には全日本のキャプテンを任されたが、ワールドグランドチャンピオンズカップ直前に故障し、代表を外れた。全盛期はレシーブのできるセンターとして活躍し、東洋紡時代には1試合だがリベロを務めた。東洋紡の休部に伴い、2002年8月、JTマーヴェラスに移籍した。森山淳子 フレッシュアイペディアより)

  • 板橋恵

    板橋恵から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1996年日立佐和リヴァーレに入団。1998年全日本代表チームに初選出。1999年ワールドカップでは正セッターを務め、同大会で6位となった。2002年に一度現役を引退するが、2003年に現役復帰し、第11回Vリーグでサーブ賞を受賞、第55回黒鷲旗大会で準優勝へ導く。板橋恵 フレッシュアイペディアより)

  • 成田郁久美

    成田郁久美から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1999-2000年第6回Vリーグでは、NECレッドロケッツの主将としてチームを牽引し、21戦全勝の完全優勝に導いた。その後も全日本代表の中心選手として活躍したが、シドニーオリンピックの出場権を逃した事に加え、自身も故障が多かった事から、2001年、25歳で現役引退した。成田郁久美 フレッシュアイペディアより)

  • 大村加奈子

    大村加奈子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1994年、ダイエーオレンジアタッカーズに入団。1997年全日本代表初選出。同年のグラチャンで国際大会に初出場を果たす。319センチの最高到達点に加え、センター・レフトもこなせる身体能力の高さで2度の右ひざ手術を乗り越えて、2004年アテネオリンピックに出場した。2007年、2006-07プレミアリーグではセンターのレギュラーとして、久光製薬スプリングス5年ぶり2度目のVリーグ優勝に貢献。同シーズンの日韓トップマッチ、第56回黒鷲旗大会で3冠を達成した。大村加奈子 フレッシュアイペディアより)

  • 位田愛

    位田愛から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2008年、第1回アジアカップ女子大会の全日本代表メンバーに選出された。位田愛 フレッシュアイペディアより)

  • 芥川愛加

    芥川愛加から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    熊本県宇土市出身。全日本女子の試合をテレビ観戦したのをきっかけに、中学1年でバレーボールを始める。芥川愛加 フレッシュアイペディアより)

  • 平井香菜子

    平井香菜子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2012年3月、全日本メンバーに登録され、同年5月20日のロンドン五輪世界最終予選で全日本デビューを果たしたが、オリンピック出場メンバー12名には選出されなかった。平井香菜子 フレッシュアイペディアより)

  • 中道瞳

    中道瞳から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    中道 瞳(なかみち ひとみ、女性、1985年9月18日 - )は、日本の元バレーボール選手、現指導者。元全日本で、ロンドンオリンピック銅メダリスト。ニックネームはミチ。プレミアリーグ・東レ・アローズに所属していた。中道瞳 フレッシュアイペディアより)

  • 有田沙織

    有田沙織から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2003年、NECレッドロケッツに入団。2004年アテネオリンピック世界最終予選で全日本代表に選出。「アテネの秘密兵器」と目され代表メンバー入りが有力視されていたが、同年4月の全日本代表中国遠征でバックアタックを打った際に左膝を負傷し離脱、検査の結果左膝前十字靭帯断裂と診断され、アメリカで手術を受けた。半年後、驚異的な回復力をみせて予定より早くコートに復帰したが、この大怪我はその後の選手生活に暗い影を落とすことになる。有田沙織 フレッシュアイペディアより)

414件中 41 - 50件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード