313件中 41 - 50件表示
  • 中田 久美

    中田久美から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    バレーボール漬けの環境で才能を開花させた中田は、1980年に大谷佐知子と共に史上最年少の15歳(中学3年生)で全日本代表に選出され、同年の日中対抗にセンタープレーヤーとして出場。直後に山田から素質を買われ、セッターに転向する。翌1981年に日立に進み、セッター転向わずか1年でスタメンを獲得。同年の日本リーグでは史上初の失セット0での全勝優勝に大きく貢献し、自身も新人賞を獲得した。なお、日本リーグ(現・プレミアリーグ)デビューは16歳3ヶ月で、2007年1月に15歳4ヶ月で岡山シーガルズのセッター堀口夏実が出場するまでは、最年少記録であった。中田久美 フレッシュアイペディアより)

  • 石田瑞穂

    石田瑞穂から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2009年4月、全日本女子代表メンバーに登録され、2010年11月、世界選手権に出場し、銅メダル獲得に貢献した。石田瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • ブルマー

    ブルマーから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    ショーツ型ブルマーをオリンピックの場面で最初に採用した国は旧ソビエト連邦で(アメリカでも同時期に採用)、このことは日本テレビ伊東家の食卓内の1コーナーである「教科書にのらないウラ昭和史」にて紹介された。日本でも現代型ブルマーの試作品を女子バレー日本代表に持ち込んだりしたが、当時の日本代表は「下着みたいだから嫌だ」という理由で採用せず、特注の改良型ショートパンツを愛用していた。ブルマー フレッシュアイペディアより)

  • バレーボールアメリカ合衆国女子代表

    バレーボールアメリカ合衆国女子代表から見たバレーボール日本女子代表バレーボール全日本女子

    2009年から新体制がスタートし、北京五輪で主力であったベテラン勢が外れ、若手が多く起用された。同年のワールドグランプリでは予選ラウンド敗退、北中米選手権では4位とメダルを逃す結果に終わった。そこから、フッカー、アキンラデウォら期待の新戦力の台頭により、2010年には5年ぶりに出場したモントルーバレーマスターズで準優勝、ワールドグランプリでは決勝ラウンドにおいて全勝し、同大会で9年ぶりに優勝した。同年10-11月の世界選手権で予選ラウンドを全勝で突破し、準決勝に進出したがロシアに敗れ、3位決定戦で日本に2-3で敗戦を喫し4位だった。バレーボールアメリカ合衆国女子代表 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野優子

    佐野優子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1998年、ユニチカに入社。2000年、ユニチカの廃部でチームごと東レに移籍。2002年、全日本代表初選出。同年世界選手権に出場。2002-03年第9回Vリーグでサーブレシーブ賞、ベストリベロ賞を受賞し中心選手として活躍していたが、2003年8月、移籍同意書が得られないまま東レを退社。規定で移籍してもリーグ戦に出場できない状態となり、同年11月のワールドカップにはJVA所属として出場した。佐野優子 フレッシュアイペディアより)

  • 大林 素子

    大林素子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    大林 素子(おおばやし もとこ、1967年6月15日 - )は、日本バレーボール協会広報委員(元バレーボール全日本代表選手)、神戸親和女子大学発達教育学部ジュニアスポーツ教育学科客員教授、スポーツキャスター・タレント。ホリプロ所属。東京都小平市出身。大林素子 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のバレーボール

    2013年のバレーボールから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    13日 - プレミアリーグ女子のNECレッドロケッツ:杉山祥子(元日本女子代表)がこの日の東レ・アローズ戦に出場したことにより、1998年Vリーグ開幕戦からのリーグ戦連続出場記録を329試合とし、これまで足立留美(イトーヨーカドー/武富士)が保持していた328試合を更新した。2013年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • 江藤直美

    江藤直美から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    扇城高校(現・東九州龍谷高校)では3年連続インターハイに出場し、高校2年の時には春高バレーで準優勝。1989年世界ユース選手権3位、アジアユース選手権優勝、1990年アジアジュニア選手権優勝(サーブ賞)を経験した。1991年に日立に入団し、同年ワールドカップで全日本代表に初選出された。江藤直美 フレッシュアイペディアより)

  • 中野由紀

    中野由紀から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1993年、春高バレー大阪府予選で初優勝し、女子チーム初の公立校代表となった。同年、16歳という史上3番目(当時)の若さで全日本代表に選出、『スーパー女子高生』と話題になった。1995年東洋紡に入社。内定選手時代に第26回実業団リーグに出場、新人賞を受賞。1996年、第2回Vリーグ新人賞。中野由紀 フレッシュアイペディアより)

  • 江越由佳

    江越由佳から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    佐賀・昭栄中3年生からバレーボールを始め、博多女子高校を経て、1994年ユニチカに入団。第1回(1994-95年)Vリーグでブロック賞を獲得し、1995年、全日本代表に初選出された。同年のワールドカップ、1997年のワールドグランプリ、グラチャンなどに出場した。1999年JTに移籍。2001年現役引退。2004年4月から8月までJTでマネージャーを務めた。江越由佳 フレッシュアイペディアより)

313件中 41 - 50件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード