414件中 61 - 70件表示
  • 丸山由美

    丸山由美から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    山田重雄監督が指揮を執った1977年のワールドカップにて初めてバレーボール日本女子代表に選出される。1980年の幻のモスクワオリンピック代表メンバーの一人でもある。1982年から全日本主将となり、世界的なセンタープレイヤーとして活躍した。同じセンタープレーヤーでも三屋が高さを武器としていたのに対して、江上は上手さを武器にしていた。特にタッチなどの軟攻には比類なき上手さを見せつけた。また、身長175cmとセンタープレーヤーとしては決して大きくなかったが、ブロックが上手く、タイミングの良いブロックで。丸山由美 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村麻依

    奥村麻依から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2012年4月、全日本代表メンバーに選出された。同年12月、JTマーヴェラスへの入部が内定した。奥村麻依 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のバレーボール

    2017年のバレーボールから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    22日 - 日本代表として4回のオリンピック出場を果たし、リオ五輪では代表主将を務めた木村沙織(東レアローズ)がチームの本拠地である大津市で正式に引退を表明。25日に埼玉県深谷市で開催されたオールスター戦が最後の試合となり、引退セレモニーでは号泣する場面もあった。2017年のバレーボール フレッシュアイペディアより)

  • ママさんバレー

    ママさんバレーから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    ママさんバレーが普及したのは、1964年東京オリンピックでバレーボール全日本女子が活躍した頃で、PTAや公民館を通じ全国に普及した。また1970年代の高度経済成長による主婦層の余暇の増加により、レジャーに目を向けるきっかけを生んだこともママさんバレーが普及した要因である。ママさんバレー フレッシュアイペディアより)

  • 島崎みゆき

    島崎みゆきから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1993年日立に入団。同年全日本代表に初選出され、1994年世界選手権に出場した。島崎みゆき フレッシュアイペディアより)

  • 三屋 裕子

    三屋裕子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    三屋 裕子(みつや ゆうこ、1958年7月29日 - )は、日本バレーボール協会理事。元バレーボール全日本代表選手。福井県勝山市出身。筑波大学大学院体育学研究科修了。三屋裕子 フレッシュアイペディアより)

  • 益子直美

    益子直美から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    益子 直美(ますこ なおみ、 1966年5月20日 - )は、日本のタレント、スポーツキャスターで、元バレーボール全日本代表選手。東京都葛飾区出身。株式会社サイン所属。益子直美 フレッシュアイペディアより)

  • 安井栄子

    安井栄子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    安井 栄子(やすい えいこ、女性、1971年5月8日 - )は、日本の元バレーボール選手である。元全日本代表。安井栄子 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    22日 - 【バレーボール】 オリンピックで4度日本代表に選出され、リオ五輪では主将を務めた木村沙織(東レアローズ)がチームの本拠地である大津市で正式に引退を表明。25日に埼玉県深谷市で開催されたオールスター戦が最後の試合となり、引退セレモニーでは号泣する場面もあった。2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 坂下麻衣子

    坂下麻衣子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2009年4月、全日本女子代表メンバーに登録され、2009年バレーボール・ワールドグランプリに出場。コート上での闘志とは裏腹に、普段は控えめで恥ずかしがりのところがあるという。ニックネームは、読みが高橋みゆきと同じであったが、当時は高橋が競技から離れタレント活動を主体としていたため、坂下の全日本入りに際しニックネームが変更されることはなかった。坂下麻衣子 フレッシュアイペディアより)

414件中 61 - 70件表示