414件中 71 - 80件表示
  • バレーボールセルビア女子代表

    バレーボールセルビア女子代表から見たバレーボール日本女子代表バレーボール全日本女子

    セルビアモンテネグロとして出場した初めての3大大会であり最後の大会となった2006年世界選手権では開幕戦でイタリアを破ると、2戦目もキューバを接戦の末3?1で勝利し、一気に1次リーグ5戦全勝でプールDを1位通過を果たした。2次リーグは唯一日本に惜敗するもののプールEを2位で通過しベスト4に進出し、準決勝ではブラジルに敗れたが3位決定戦で再びイタリアと激突、ストレートで勝利し銅メダルを獲得した。とエレーナ・ニコリッチであった。コート上飛び上がって喜ぶ選手達はセルビア国旗とセルビア・モンテネグロ国旗両方を掲げ喜んだ。登録された全選手がセルビア出身のセルビア単一チームであったため、代表チームメイトが2007年以降分裂することはなかった。バレーボールセルビア女子代表 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤佳代子

    須藤佳代子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    須藤 佳代子(すどう かよこ、1957年4月1日 - )は、日本の元女子バレーボール選手、元全日本選手。須藤佳代子 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原恵

    栗原恵から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    2001年に全日本代表初選出。高校3年生になった2002年、日米対抗に出場し代表デビューを果たす。2003年、Vリーグ(プレミアリーグ)のNECレッドロケッツに入団。同年5月の黒鷲旗大会では若鷲賞を受賞した。同年11月のワールドカップでは、大山加奈と共に『メグカナ』と呼ばれ、全国的人気を博す。翌2004年のアテネオリンピックに出場し5位入賞を果たした。栗原恵 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボールポーランド女子代表

    バレーボールポーランド女子代表から見たバレーボール日本女子代表バレーボール全日本女子

    2008年1月の北京オリンピック欧州予選ではロシアに敗れ2位に終わったものの、同年5月の世界最終予選の切符を取得。5月24日のセルビア戦でフルセットの末に勝利し、40年ぶりのオリンピック出場を果した。同年8月の北京五輪には予選ラウンドでアメリカ、日本とフルセットの激闘を演じるも敗戦し9位で同大会を終えた。バレーボールポーランド女子代表 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボールトルコ女子代表

    バレーボールトルコ女子代表から見たバレーボール日本女子代表バレーボール全日本女子

    2008年ワールドグランプリでは日本と対戦し、セットカウント3-2で敗れたものの接戦を繰り広げた。バレーボールトルコ女子代表 フレッシュアイペディアより)

  • 少女ファイト

    少女ファイトから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子チームの現キャプテン。「トリッキー系スーパーセッター」。Vリーグではチームの穴を埋めるべく各ポジションをこなしていたが、全日本ではセッターを務める。少女ファイト フレッシュアイペディアより)

  • ブルマー

    ブルマーから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    ショーツ型ブルマーをオリンピックで最初に採用した国は旧ソビエト連邦で(アメリカでも同時期に採用)、当時の日本でも現代型ブルマーの試作品を女子バレー日本代表に持ち込んだりしたが、日本代表は採用せず特注の改良型ショートパンツを使用した。ブルマー フレッシュアイペディアより)

  • デンソー・エアリービーズ

    デンソー・エアリービーズから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    同年、全日本女子監督とユニチカ・フェニックス(現・東レ・アローズ)監督を歴任した吉田国昭が監督に就任(半田は副部長、後に部長に就任)。1996/97シーズンの第3回Vリーグでは、レギュラーラウンド3位の好成績を収めた。以後、第4回以降は安定した成績を残した。第7回大会は9位、第8回大会は8位となり、2年連続で入替戦を経験するが、粘りのバレーでVリーグ残留を決めている。第9回大会は、鳥居千穂、藤田理恵らベテランがチームを退き、ケガから復帰した濱野礼奈、温水麻子らを中心に戦い、7位となる。デンソー・エアリービーズ フレッシュアイペディアより)

  • 佐野優子

    佐野優子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1998年、ユニチカに入社。2000年、ユニチカの廃部でチームごと東レに移籍。2002年、全日本代表初選出。同年世界選手権に出場。2002-03年第9回Vリーグでサーブレシーブ賞、ベストリベロ賞を受賞し中心選手として活躍していたが、2003年8月、移籍同意書が得られないまま東レを退社。規定で移籍してもリーグ戦に出場できない状態となり、同年11月のワールドカップにはJVA所属として出場した。佐野優子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボールアメリカ合衆国女子代表

    バレーボールアメリカ合衆国女子代表から見たバレーボール日本女子代表バレーボール全日本女子

    2009年から新体制がスタートし、北京五輪で主力であったベテラン勢が外れ、若手が多く起用された。同年のワールドグランプリでは予選ラウンド敗退、北中米選手権では4位とメダルを逃す結果に終わった。そこから、フッカー、アキンラデウォら期待の新戦力の台頭により、2010年には5年ぶりに出場したモントルーバレーマスターズで準優勝、ワールドグランプリでは決勝ラウンドにおいて全勝し、同大会で9年ぶりに優勝した。同年10-11月の世界選手権で予選ラウンドを全勝で突破し、準決勝に進出したがロシアに敗れ、3位決定戦で日本に2-3で敗戦を喫し4位だった。バレーボールアメリカ合衆国女子代表 フレッシュアイペディアより)

414件中 71 - 80件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード