414件中 81 - 90件表示
  • 東洋の魔女

    東洋の魔女から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1964年東京五輪では同チームのメンバーを主体とした全日本で出場し、5試合で落としたセットは1セットのみという圧倒的な力で金メダルを獲得した。ソ連との優勝決定戦では視聴率66.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、スポーツ中継としては歴代最高となっている。東洋の魔女 フレッシュアイペディアより)

  • 大松博文

    大松博文から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    大松 博文(だいまつ ひろぶみ、1921年2月12日 - 1978年11月24日)は、1964年東京オリンピックでのバレーボール全日本女子チーム監督、元参議院議員(自由民主党、1期)。香川県綾歌郡宇多津町出身。バレーボール殿堂入り。大松博文 フレッシュアイペディアより)

  • スポ根

    スポ根から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    日本には明治時代から欧米発祥の様々なスポーツが輸入されてきたが社会的交流の手段としての側面に関心は払われず、技術向上と勝利の追求のみに関心が払われた。それらを実現するための指導法と強化体制の確立が重視されてきたが、その中で登場したのが「根性」という言葉だった。精神に訴えかける言葉自体は第二次世界大戦後に非科学的として敬遠されていたが、1964年に行われた東京オリンピックにおいてバレーボール全日本女子を率いた大松博文やレスリング日本代表を率いた八田一朗が精神論を前面に出した厳格な練習方法を導入して成果を挙げた。大松や八田の影響により厳しさに耐え抜き努力する姿勢を尊ぶ風潮が生まれ、スポーツ界のみならず一般社会においても「根性」という言葉が普及するに至った。スポ根 フレッシュアイペディアより)

  • 松崎さ代子

    松崎さ代子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    小学校4年生よりバレーボールを始める。都立駒場高校を経て、2001年NECレッドロケッツに入団。2002年全日本代表に初選出され、同年ワールドグランプリに出場した。松崎さ代子 フレッシュアイペディアより)

  • 火の鳥NIPPON

    火の鳥NIPPONから見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    火の鳥NIPPON フレッシュアイペディアより)

  • 末国愛里

    末国愛里から見たバレーボール日本女子代表バレーボール全日本女子

    1991年世界ジュニア選手権に出場し、3位を経験。1995年、バレーボール日本女子代表としてワールドカップに出場した。1996年に現役引退後は社業の傍らNHK-BSで解説者を務めた。末国愛里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永美保子

    吉永美保子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1979年に全日本入りを果たし、同年のプレオリンピックならびにアジア選手権大会に出場した。翌年、モスクワオリンピック出場メンバーに選出されたが、西側諸国のボイコットによりオリンピック出場は幻となった。後にこの時の心境を「バレーボールはもういい。現役引退したい」とまで考えたと吐露している。吉永美保子 フレッシュアイペディアより)

  • 会田きよ子

    会田きよ子から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    一方、全日本チームでは1974年の世界選手権に出場し、金メダル獲得に貢献した。会田きよ子 フレッシュアイペディアより)

  • 滑川玉江

    滑川玉江から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1978年に全日本入りを果たし、同年の世界選手権に出場、銀メダル獲得に貢献した。滑川玉江 フレッシュアイペディアより)

  • 池知晶代

    池知晶代から見たバレーボール全日本女子バレーボール全日本女子

    1979年、全日本入りを果たし、モスクワプレオリンピックに出場。翌年もモスクワオリンピック出場メンバーに選出されたが、西側諸国のボイコットにより本戦出場は幻となった。池知晶代 フレッシュアイペディアより)

414件中 81 - 90件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード