2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
106件中 91 - 100件表示
  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たマゼンタ

    2013年のモントルーバレーマスターズから、動きやすさを追求した新ユニフォームを着用。同年秋のグランドチャンピオンズカップでは、それとは異なる新ユニフォームを着用。正面・脇に細かいドット柄のあるデザインで、新素材「テクノスパークLS」を使用し115g(従来比約10gの軽量化)を実現した。また、全日本史上初となる、赤を基調としたシューズを着用。なお、監督ほかスタッフのポロシャツ、選手の上ジャージは、共にマゼンタ色のものだった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たスポーツ用サポーター

    2008年の北京オリンピックバレーボール世界最終予選の頃にはまだ数名だったが、その後肘・膝サポーター(パッド)は、従来の白でなく黒で統一されていった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たブルマー

    1964年の東京オリンピック前後から日の丸を連想する赤と白の配色を使用し、これが長らく日本代表の定番であった。また、1972年のミュンヘンオリンピックではシャツとブルマーが深緑色のユニフォームを着用したが、ミュンヘン以後は再び赤と白タイプのものに戻った。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た前東京オリンピック

    1964年の東京オリンピック前後から日の丸を連想する赤と白の配色を使用し、これが長らく日本代表の定番であった。また、1972年のミュンヘンオリンピックではシャツとブルマーが深緑色のユニフォームを着用したが、ミュンヘン以後は再び赤と白タイプのものに戻った。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たボイコット

    1980年のモスクワオリンピックの出場権は、前大会優勝国として既に獲得していた。選手強化も順調に進み、1979年のプレオリンピックでも優勝したことで五輪連覇できる可能性はかなり高いと言われていた。しかし同年開催国のソ連がアフガニスタンに侵攻し、これに対する対抗措置としてアメリカ政府が提案したオリンピックボイコットに日本政府が同調したため不参加となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たロサンゼルスオリンピック (1984年) におけるバレーボール競技

    1984年のロサンゼルスオリンピックは逆にソ連がボイコットして不参加。米田一典監督が率いる全日本は江上由美(丸山由美)や三屋裕子など日立中心のチーム構成で臨み、準決勝で中国に敗れるも3位決定戦でペルーに勝利し銅メダルを獲得。しかし、この銅メダルという不本意な結果に対し「単独チーム方式」では限界があるという声がしだいに大きくなり、1986年の第10回世界選手権では所属チームにこだわらず広く各チームから才能を集める「純粋選抜方式」で挑んだが、結果は7位と沈んだ。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たアフガニスタン紛争 (1978年-1989年)

    1980年のモスクワオリンピックの出場権は、前大会優勝国として既に獲得していた。選手強化も順調に進み、1979年のプレオリンピックでも優勝したことで五輪連覇できる可能性はかなり高いと言われていた。しかし同年開催国のソ連がアフガニスタンに侵攻し、これに対する対抗措置としてアメリカ政府が提案したオリンピックボイコットに日本政府が同調したため不参加となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た2002年バレーボール女子世界選手権

    2001年に吉川正博が監督に就任、同年のグランドチャンピオンズカップこそ銅メダルを獲得したものの、アジア選手権では史上初のメダル無し、2002年の第14回世界選手権でも13位タイのワースト記録を更新するなど低迷を続けた。さらに直後の釜山アジア大会でも中国と韓国相手に1セットも取れずに3位で終わったため、低迷の責任を取る形で吉川監督を含む強化委員全員が辞任する事態となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た宮城県スポーツセンター

    男女共にバレーボール全日本の応援として定番の「ニッポン、チャチャチャ」であるが、この応援はサッカー日本代表の最古のサポーター集団「日本サッカー狂会」が1968年5月23日の日本VSアーセナルの親善試合で初めて行なった。なお、バレーボールで最初に使われたのは1981年11月13日に宮城県スポーツセンターで行われたワールドカップ女子第5戦のアメリカ戦である。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た黄色

    2009年のグランドチャンピオンズカップでは黄色、2010年の世界選手権では代表ユニフォーム色としては珍しいオレンジが登場。また、移動時やベンチではオレンジ色のジャージを着用した。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
106件中 91 - 100件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード