2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
106件中 101 - 106件表示
  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たオレンジ

    2009年のグランドチャンピオンズカップでは黄色、2010年の世界選手権では代表ユニフォーム色としては珍しいオレンジが登場。また、移動時やベンチではオレンジ色のジャージを着用した。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たバレーボール中華人民共和国女子代表

    1984年のロサンゼルスオリンピックは逆にソ連がボイコットして不参加。米田一典監督が率いる全日本は江上由美(丸山由美)や三屋裕子など日立中心のチーム構成で臨み、準決勝で中国に敗れるも3位決定戦でペルーに勝利し銅メダルを獲得。しかし、この銅メダルという不本意な結果に対し「単独チーム方式」では限界があるという声がしだいに大きくなり、1986年の第10回世界選手権では所属チームにこだわらず広く各チームから才能を集める「純粋選抜方式」で挑んだが、結果は7位と沈んだ。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た北京オリンピックにおけるバレーボール競技

    オリンピック出場とその後のワールドグランプリ、世界選手権での躍進によってチームは一時期の低迷を脱し、2007年の第14回アジア選手権では木村沙織や荒木絵里香など若手の活躍によって24年ぶりに金メダルを獲得。同年のワールドカップでは7位に終わりオリンピック出場権は翌年の世界最終予選へと持ち越されたが、2008年5月に行われた北京オリンピック世界最終予選ではFIVBが大会期間中に出場規定の変更を通知するというトラブルが発生したものの6勝1敗の3位で出場権を獲得。同年8月の本大会では準々決勝でブラジルに敗れアテネと同じく5位に終わった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た配色

    1964年の東京オリンピック前後から日の丸を連想する赤と白の配色を使用し、これが長らく日本代表の定番であった。また、1972年のミュンヘンオリンピックではシャツとブルマーが深緑色のユニフォームを着用したが、ミュンヘン以後は再び赤と白タイプのものに戻った。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た1986年バレーボール女子世界選手権

    1984年のロサンゼルスオリンピックは逆にソ連がボイコットして不参加。米田一典監督が率いる全日本は江上由美(丸山由美)や三屋裕子など日立中心のチーム構成で臨み、準決勝で中国に敗れるも3位決定戦でペルーに勝利し銅メダルを獲得。しかし、この銅メダルという不本意な結果に対し「単独チーム方式」では限界があるという声がしだいに大きくなり、1986年の第10回世界選手権では所属チームにこだわらず広く各チームから才能を集める「純粋選抜方式」で挑んだが、結果は7位と沈んだ。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たドット柄

    2013年のモントルーバレーマスターズから、動きやすさを追求した新ユニフォームを着用。同年秋のグランドチャンピオンズカップでは、それとは異なる新ユニフォームを着用。正面・脇に細かいドット柄のあるデザインで、新素材「テクノスパークLS」を使用し115g(従来比約10gの軽量化)を実現した。また、全日本史上初となる、赤を基調としたシューズを着用。なお、監督ほかスタッフのポロシャツ、選手の上ジャージは、共にマゼンタ色のものだった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
106件中 101 - 106件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード