106件中 71 - 80件表示
  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た1960年バレーボール世界選手権

    1951年、国際バレーボール連盟へ加盟。初の世界大会となる1960年の第3回世界選手権では予選リーグを全勝で通過すると、進出した決勝リーグでも強豪国を撃破し、ソ連(現:ロシア)には敗れたものの初出場ながら銀メダルを獲得した。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た日本サッカー狂会

    男女共にバレーボール全日本の応援として定番の「ニッポン、チャチャチャ」であるが、この応援はサッカー日本代表の最古のサポーター集団「日本サッカー狂会」が1968年5月23日の日本VSアーセナルの親善試合で初めて行なった。なお、バレーボールで最初に使われたのは1981年11月13日に宮城県スポーツセンターで行われたワールドカップ女子第5戦のアメリカ戦である。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たアーセナルFC

    男女共にバレーボール全日本の応援として定番の「ニッポン、チャチャチャ」であるが、この応援はサッカー日本代表の最古のサポーター集団「日本サッカー狂会」が1968年5月23日の日本VSアーセナルの親善試合で初めて行なった。なお、バレーボールで最初に使われたのは1981年11月13日に宮城県スポーツセンターで行われたワールドカップ女子第5戦のアメリカ戦である。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た1997年ワールドグランドチャンピオンズカップ

    1991年に赤・青・深緑・黒を基調にした4種類のユニフォームが登場。しかしながら公式戦においては赤か白を着用することがほとんどであった。1994年にはワンピースタイプ(一般に発売されたのはセパレーツタイプ)、1995年には一時期ワンピースタイプを改造したスパッツタイプ、1997年はワールドグランプリまでは(9月のバレーボールアジア選手権については不明)定番であったブルマーだったがグラチャンでスパッツタイプが採用され(ただし第3戦からはブルマーを着用(詳細は当該ページを参照))、1998年からはショートパンツが採用され半袖になり、2002年からはノースリーブ型に移行。2006年にはシャツの着丈とパンツの股上が短くなり、シャツネームの愛称使用も導入された。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たモスクワオリンピックにおけるバレーボール競技

    1980年のモスクワオリンピックの出場権は、前大会優勝国として既に獲得していた。選手強化も順調に進み、1979年のプレオリンピックでも優勝したことで五輪連覇できる可能性はかなり高いと言われていた。しかし同年開催国のソ連がアフガニスタンに侵攻し、これに対する対抗措置としてアメリカ政府が提案したオリンピックボイコットに日本政府が同調したため不参加となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たソウルオリンピックにおけるバレーボール競技

    1988年のソウルオリンピックでは中田久美や大林素子など再び日立中心のチーム構成で臨むも、準決勝でペルーに、3位決定戦で中国に敗れて初めてオリンピックでメダル無しに終わった。その後は1992年のバルセロナオリンピックでは5位、1996年のアトランタオリンピックでは9位と成績は下降を続け、2000年のシドニーオリンピック最終予選では3連勝の後に中国・イタリア・クロアチア・韓国に4連敗を喫して初めてオリンピック出場権を逃した。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た

    2016年には「火の鳥 NIPPON」を炎に例えてきたユニフォームの最終形として、最も高温時に発色する「ブルー」を採用(シューズカラーも)。これに伴い、パンツの色は従来の黒・赤の2種類から黒・紺へ変更となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た1962年バレーボール世界選手権

    1962年の第4回世界選手権は日紡貝塚の単独チームによる出場で金メダルを獲得。1964年の東京オリンピックも日紡貝塚中心のチーム構成で金メダルを獲得し、大松博文監督が率いる同チームは東洋の魔女と呼ばれた。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た日立ベルフィーユ

    以後は日本とソ連が優勝を争う日ソ2強時代がしばらく続き、1968年のメキシコシティオリンピック、1972年のミュンヘンオリンピックはいずれもソ連に敗れて銀メダルであったが、1976年のモントリオールオリンピックでは日立中心のチーム構成で臨み、守りの粘りとエース白井貴子の「ひかり攻撃」などの速さで他を圧倒し12年ぶりに金メダルを獲得。ソ連との決勝では15-7、15-8、15-2のストレート勝ちを収め、大会史上初となる失セット0の完全勝利という快挙であった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たロンドンオリンピック (2012年) におけるバレーボール競技

    同年8月の本大会では予選リーグを3勝2敗の3位で通過すると、準々決勝で中国に全セットが2点差決着というフルセットの激闘を制しソウルオリンピック以来24年ぶりのベスト4進出を果たした。続く準決勝でブラジルと対戦しストレートで敗れたものの、3位決定戦で韓国にストレート勝ちで収めてロサンゼルスオリンピック以来28年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した。これを受けて日本協会は公募で新監督を決める予定を撤回して眞鍋監督に続投を要請し、同年10月に2016年のリオデジャネイロオリンピックまで続投することが発表された。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

106件中 71 - 80件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード