1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示
  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た2003年ワールドカップバレーボール

    2003年に柳本晶一が監督に就任。同年のワールドカップではキャプテンとして全日本に復帰した吉原知子や佐々木みきといったベテランと、大山加奈や栗原恵などの若手選手が融合したチームを作り上げて5位となった。2004年5月のアテネオリンピック世界最終予選では最終戦でロシアに敗れたものの、6勝1敗の1位で2大会ぶりとなるオリンピック出場権を獲得。同年8月の本大会では準々決勝で中国に敗れベスト8となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た東洋の魔女

    1962年の第4回世界選手権は日紡貝塚の単独チームによる出場で金メダルを獲得。1964年の東京オリンピックも日紡貝塚中心のチーム構成で金メダルを獲得し、大松博文監督が率いる同チームは東洋の魔女と呼ばれた。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たミュンヘンオリンピックにおけるバレーボール競技

    以後は日本とソ連が優勝を争う日ソ2強時代がしばらく続き、1968年のメキシコシティオリンピック、1972年のミュンヘンオリンピックはいずれもソ連に敗れて銀メダルであったが、1976年のモントリオールオリンピックでは日立中心のチーム構成で臨み、守りの粘りとエース白井貴子の「ひかり攻撃」などの速さで他を圧倒し12年ぶりに金メダルを獲得。ソ連との決勝では15-7、15-8、15-2のストレート勝ちを収め、大会史上初となる失セット0の完全勝利という快挙であった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た2002年アジア競技大会におけるバレーボール競技

    2001年に吉川正博が監督に就任。同年のグランドチャンピオンズカップこそ銅メダルを獲得したものの、アジア選手権では史上初のメダル無し、2002年の第14回世界選手権でも13位タイのワースト記録を更新するなど低迷を続けた。さらに直後の釜山アジア大会でも中国と韓国相手に1セットも取れずに3位で終わったため、低迷の責任を取る形で吉川監督を含む強化委員全員が辞任する事態となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たボイコット

    1980年のモスクワオリンピックの出場権は、前大会優勝国として既に獲得していた。選手強化も順調に進み、1979年のプレオリンピックでも優勝したことで五輪連覇できる可能性はかなり高いと言われていた。しかし同年開催国のソ連がアフガニスタンに侵攻し、これに対する対抗措置としてアメリカ政府が提案したオリンピックボイコットに日本政府が同調したため不参加となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見たアフガニスタン紛争 (1978年-1989年)

    1980年のモスクワオリンピックの出場権は、前大会優勝国として既に獲得していた。選手強化も順調に進み、1979年のプレオリンピックでも優勝したことで五輪連覇できる可能性はかなり高いと言われていた。しかし同年開催国のソ連がアフガニスタンに侵攻し、これに対する対抗措置としてアメリカ政府が提案したオリンピックボイコットに日本政府が同調したため不参加となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た2002年バレーボール女子世界選手権

    2001年に吉川正博が監督に就任。同年のグランドチャンピオンズカップこそ銅メダルを獲得したものの、アジア選手権では史上初のメダル無し、2002年の第14回世界選手権でも13位タイのワースト記録を更新するなど低迷を続けた。さらに直後の釜山アジア大会でも中国と韓国相手に1セットも取れずに3位で終わったため、低迷の責任を取る形で吉川監督を含む強化委員全員が辞任する事態となった。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た宮城県スポーツセンター

    男女共にバレーボール全日本の応援として定番の「ニッポン、チャチャチャ」であるが、この応援はサッカー日本代表の最古のサポーター集団「日本サッカー狂会」が1968年5月23日の日本VSアーセナルの親善試合で初めて行なった。なお、バレーボールで最初に使われたのは1981年11月13日に宮城県スポーツセンターで行われたワールドカップ女子第5戦のアメリカ戦である。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

  • バレーボール全日本女子

    バレーボール全日本女子から見た配色

    1964年の東京オリンピック前後から日の丸を連想する赤と白の配色を使用し、これが長らく日本代表の定番であった。また、1972年のミュンヘンオリンピックではシャツとブルマーが深緑色のユニホームを着用したが、ミュンヘン以後は再び赤と白タイプのものに戻った。バレーボール全日本女子 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
89件中 81 - 89件表示

「火の鳥ニッポン」のニューストピックワード