1077件中 91 - 100件表示
  • 沼沢温泉

    沼沢温泉から見た火山火山

    中川温泉(福島県)(なかがわおんせん)は、福島県大沼郡金山町(かねやままち)にある 温泉。中川地区のJR会津中川駅付近にあり、そばには、神秘的な火山カルデラの沼沢湖がある。沼沢温泉 フレッシュアイペディアより)

  • エル=オペーニョ文化

    エル=オペーニョ文化から見た火山火山

    エル=オペーニョ文化は、コリマ州からハリスコ州南端部のアルメリア川流域のカパチャ(Capacha)やメキシコ中央高原のトラティルコともつながりがあったと考えられている。また、土器のタイプや独特な竪坑墓(shaft tomb)などの類似点が見られるため、エル=オペーニョとカパチャの人々は当時のエクアドルとの文化的な接触があったのではと考える研究者もいる。エル=オペーニョ文化の墓と葬送儀礼に用いられた副葬品は、いわゆるカパチャ相(Capacha Phase)ないしカパチャ土器複合(-Ceramic Complex)に属する時期、紀元前1500年?同1300年前後のもので、場所は特定されていないもののエル=オペーニョの人々が住んだ場所からそれほど遠くない場所で起こった火山活動の年代に一致しており、竪坑墓もその時期に噴出した火山灰を用いて埋められていた。後述するようにエル=オペーニョ文化の竪坑墓については、年代に関する論争があったが、現在はメキシコ西部の典型的な墓の形態である竪坑墓のもっとも初期の形態と位置づけられている。エル=オペーニョ文化 フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・ケベック・クレーター

    ニュー・ケベック・クレーターから見た火山火山

    1950年、公開された写真を見たオンタリオのダイアモンド探鉱者フレデリック・W・チャッブ (Frederick W. Chubb) はこの地形に興味を抱き、ロイヤルオンタリオ博物館の地質学者ヴィクター・ベン・ミーン (Victor Ben Meen) に意見を求めた。チャッブはこの地形を休止した火山の火口であると考え、この地域には南アフリカにあるキンバーライトのチューブと同じくダイアモンド鉱脈があるのではないかと期待した。一方ミーンは、カナダの地質についての知識を持っており、この地形は隕石の衝突によるものと考えた。ミーンとチャッブは1950年に上空からの調査を行った。ミーンはこのとき、この円形地形に「チャッブ・クレーター」という名を、円形地形の約3.2 km北にある不規則な形の沼沢に「ミュージアム湖 (Museum Lake)」(現在はラフラメ湖と呼ばれる) という名を提案した。ニュー・ケベック・クレーター フレッシュアイペディアより)

  • モツ・イチ (ラパ・ヌイ)

    モツ・イチ (ラパ・ヌイ)から見た火山火山

    モツ・イチ(Motu Iti)は、イースター島南西部ラノ・カウから約1マイルの距離、モツ・ヌイに近接して位置する無人の小島。海床から2,000m超の火山の頂点。モツ・イチ (ラパ・ヌイ) フレッシュアイペディアより)

  • プチスポット

    プチスポットから見た火山火山

    プチスポットとは火山の一種。2006年に三陸沖の太平洋海底で発見された海底火山にこれまで見られない特徴のものが見つけられ、プチスポットと名付けられた。プチスポット フレッシュアイペディアより)

  • アカンダナ山

    アカンダナ山から見た溶岩ドーム火山

    美濃帯中生層とそれに貫入した滝谷花崗閃緑岩を基盤とした焼岳火山群の一峰で、古期・新期の活動の内、新期の活動で噴出した溶岩流と溶岩ドームによって構成されている。1万年前からの活動が認められ、2003年の活火山見直しで気象庁の指定する活火山に焼岳とは別に指定された。アカンダナ山 フレッシュアイペディアより)

  • ミヤマキリシマ

    ミヤマキリシマから見た火山火山

    ミヤマキリシマは、火山活動により生態系が撹乱された山肌で優占種として生存できる。逆に火山活動が終息し植物の遷移によって森林化が進むと、優占種として生存できなくなる。ミヤマキリシマ フレッシュアイペディアより)

  • 外山 (奥日光)

    外山 (奥日光)から見た溶岩ドーム火山

    日光連山の西部に位置し、湯ノ湖や戦場ヶ原に面し堂々とした山容を呈する。金精山、五色山、前白根、白根隠山等の2,200m超級の山々とともに白根火山群の山体を成し、溶岩ドームである奥白根山の山頂部東側を取り囲んでいるため、奥白根は関東地方平地部からその山麓を臨むことができない。外山 (奥日光) フレッシュアイペディアより)

  • 気嚢

    気嚢から見た火山火山

    中生代に恐竜が哺乳類よりも繁栄を成功させたのは、この呼吸システムのためとも言われており、古生代末から中生代はじめにかけての低酸素時代(火山活動の増大による大気中の二酸化炭素濃度の増大による)にこの形質が著しく適応的な形質となって、恐竜の台頭を招いたのではないかとの仮説も提唱されている。これに対し哺乳類は横隔膜を発達させて対抗したが、呼吸効率においては気嚢に劣るものであった。気嚢 フレッシュアイペディアより)

  • 栗野岳

    栗野岳から見た火山火山

    栗野岳(くりのだけ)は、鹿児島県姶良郡湧水町にある火山。複数の火山が複合した山塊であり霧島山の西端部を構成する。栗野岳 フレッシュアイペディアより)

1077件中 91 - 100件表示

「火山」のニューストピックワード