1240件中 41 - 50件表示
  • オークランド (ニュージーランド)

    オークランド (ニュージーランド)から見た火山火山

    1350年ごろ、肥沃なこの一帯の地峡に先住民のマオリが住み始めた。マオリは主に火山の頂上付近に要塞化された村を建設していった。当時のマオリの人口は2万人ほどであったと推計されている。やがてニュージーランド北島では火器が戦闘で用いられるようになり、種族間の均衡が崩れ、こうした新兵器を所持できなかった部族は海岸部から山間部へと逃れた。ヨーロッパからの入植が始まった19世紀の時点で、今日のオークランドの地には比較的少数の先住民が残っていただけであった。オークランド (ニュージーランド) フレッシュアイペディアより)

  • 神沼克伊

    神沼克伊から見た火山火山

    地震、火山、ならびに極地研究の第一人者として活躍。神沼克伊 フレッシュアイペディアより)

  • タルシス

    タルシスから見た火山火山

    タルシス () 地域は、火星の赤道の巨大な火山平原である。マリネリス峡谷の西端にある。その名は聖書に記された、世界の西の果てにある土地の名タルシシュによる。タルシス フレッシュアイペディアより)

  • 地熱発電

    地熱発電から見た火山火山

    地熱発電(ちねつはつでん、じねつはつでん、)とは、地熱(主に火山活動による)を用いて行う発電のことである。再生可能エネルギーの一種であり、太陽の核融合エネルギーを由来としない、数少ない発電方法の一つでもある。ウランや石油・石炭等のいずれは枯渇するエネルギーに依存せず、地球温暖化や大気汚染への対策手法ともなることから、環境保全とエネルギー安全保障の観点から各国で利用拡大が図られつつある。地熱発電 フレッシュアイペディアより)

  • アンパンマン

    アンパンマンから見た火山火山

    ばいきんまんが秘密基地にしている洞窟がある火山の島。アンパンマン フレッシュアイペディアより)

  • 択捉島

    択捉島から見た火山火山

    北東から南西方向に伸びる細長い島であり、幅は約20-30kmであるの対し、長さは約214kmとなっている。北東端はラッキベツ岬、南西端はベルタルベ岬である。島の北側には散布半島が突き出している。また、中部には単冠湾(ひとかっぷわん、露: カサトカ湾 )、南部には内保湾(ないぼわん)がある。平地は少なく、火山が多い。火口湖の得茂別湖(うるもんべつこ)も島の南部に位置している。択捉島 フレッシュアイペディアより)

  • 日本列島の旧石器時代

    日本列島の旧石器時代から見た火山火山

    日本に不完全ながらも弧状列島の形が出来上がりつつあったのは、今からおよそ500万年前である。その頃は、まだユーラシア大陸と陸続きであった。その後、火山の噴火による地殻変動があり、氷期と間氷期が交互に繰り返す氷河時代には地形の変化が起こった。日本列島の旧石器時代 フレッシュアイペディアより)

  • 天保異聞 妖奇士

    天保異聞 妖奇士から見た火山火山

    ちなみに、アビという名はエミシの言葉で火山を意味する。日頃は山の民の知識を活かし、猫の蚤取りを表向きの生業としている。天保異聞 妖奇士 フレッシュアイペディアより)

  • ムラピ山

    ムラピ山から見た火山火山

    ムラピ山()は、インドネシアジャワ島中央部の火山である。インドネシアでも最も活動的な火山で、ほぼ1年中噴煙を上げ、1548年以来68回噴火をしている。名称は「火の山」の意味。メラピ山とも書かれる。スマトラ島中部にも同名の火山がある。ムラピ山 フレッシュアイペディアより)

  • 海

    から見た火山火山

    海の深さは平均3,800mであるが、地上と同じように海底にも高低差はあり、海中の山脈である海嶺や、台地である海台、大洋底に広がる広大な平原である海盆や深海平原、海底でもさらに低い谷となっている海溝など、さまざまな地形が存在する。海底にも火山は存在し、それらの海底火山の中でも特に高いものはしばしば海上に顔を出して火山島となる。地球上の海底で最も深いのは太平洋にあるマリアナ海溝(10,920m)である。また、大陸周辺に広がる浅い海(深さ約130mまで)を大陸棚と呼ぶ。 フレッシュアイペディアより)

1240件中 41 - 50件表示

「火山」のニューストピックワード