1240件中 51 - 60件表示
  • プレートテクトニクス

    プレートテクトニクスから見た火山火山

    プレートは、その下にあるアセノスフェアの動きに乗って、おのおの固有な運動を行っている。アセノスフェアを含むマントルは、定常的に対流しており、一定の場所で上昇・移動・沈降している。プレートは、その動きに乗って移動しているが、プレート境界部では、造山運動、火山、断層、地震等の種々の地殻変動が発生している。プレートテクトニクスは、これらの現象に明確な説明を与えた。プレートテクトニクス フレッシュアイペディアより)

  • 防火管理者

    防火管理者から見た火山火山

    防火管理者(ぼうかかんりしゃ)は消防法に定める国家資格(業務独占)であり、その資格を有する者のうち防火対象物において防火上必要な業務を適切に遂行でき、従業員を管理・監督・統括できる地位にある者で、防火対象物の管理権原者から選任されて、その防火対象物の防火上の管理・予防・消防活動を行なう者を言う。防火に関する知識・技能に内包されるものとして、危険物、地震、津波、火山等に関する知識も求められる。防火管理者 フレッシュアイペディアより)

  • カントー地方

    カントー地方から見た火山火山

    『金・銀』系では、火山の噴火により町のほとんどが溶岩に覆われ、ポケモンセンターのみが残っている。カントー地方 フレッシュアイペディアより)

  • スルフォロブス属

    スルフォロブス属から見た火山火山

    Sulfolobus(スルフォロブス属、サルフォロバス属)は、陸上の火山や温泉などに広く生息する好気・好酸・好熱性の古細菌の一属である。スルフォロブス属 フレッシュアイペディアより)

  • ブリティッシュ・エアウェイズ9便エンジン故障事故

    ブリティッシュ・エアウェイズ9便エンジン故障事故から見た火山火山

    ブリティッシュ・エアウェイズ9便のボーイング747のジェットエンジンが、火山灰が詰まったことにより4基とも停止し、同機は滑空状態となった。ゼロに近い確率だといわれていた四発機の全エンジン停止という、未曾有の事態に乗員達は悪戦苦闘を重ね、どうにかエンジンの再始動に成功し、ジャカルタへ緊急着陸に成功。死傷者は出なかった。それまで何の対策も採られていなかった航空路における火山の噴煙に対する対策が世界的に急がれるきっかけとなった事故である。ブリティッシュ・エアウェイズ9便エンジン故障事故 フレッシュアイペディアより)

  • 溶岩

    溶岩から見た火山火山

    溶岩(熔岩、ようがん、lava)は、火山噴火時に火口から吹き出たマグマを起源とする物質のうち、流体として流れ出た溶融物質と、それが固まってできた岩石。溶岩 フレッシュアイペディアより)

  • アイスランド

    アイスランドから見た火山火山

    島国であり、グリーンランドの南東方、ブリテン諸島やデンマークの自治領であるフェロー諸島の北西に位置する。アイスランド島が主な領土であり、イギリスとのタラ戦争の舞台にもなった漁業基地であるヴェストマン諸島、北極圏上にあるグリムセイ島などの周辺の島嶼(とうしょ)も領有する。高緯度にあるためメルカトル図法の地図では広大な島のように描かれるが、実際の面積は102,828km2と、フィリピンのルソン島(104,688km2)や、大韓民国(100,210km2)とほぼ同じである。グレートブリテン島(約22万km2)の約半分、または日本の北海道と四国を合わせた程度の面積である。多くの火山が存在し、温泉も存在する他、豊富な地熱を発電などに利用している。一方で、噴火による災害も多い(アイスランドの火山活動も参照)。例えば、2010年にはエイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山が噴火し、欧州を中心に世界中で航空機の運用に大きな影響を与えた。なお、国土の大部分が西経15度よりも西にあるにもかかわらず、グリニッジ標準時を使っている。沿岸には多数のフィヨルドがある。火山性の土壌で大地は肥沃とは言えない。また、かつてアイスランドの森林は乱伐が行われたことも手伝って、現在の森林面積は国土の0.3%しかない。金融立国であり、国家経済が金融に強く依存していたため、2008年の世界金融危機の影響を強く受けて2008年10月に債務不履行となった。その後、自国通貨アイスランド・クローナも暴落したが、これが漁業やアルミニウム工業などの輸出産業にとっては有利に働いたため、かえって景気が回復することになった。それによって2012年度には1.5%の、2013年度には3.3%の経済成長を達成した。また、経済危機の直後には8%を超えていた失業率も、2015年では4%台で推移している。アイスランド フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原諸島の自然

    小笠原諸島の自然から見た火山フロント火山

    約4400万年前になると太平洋プレートの沈み込みが深くなったことによりマグマの組成が変化し、通常の島弧で見られるソレアイト質となった。この時期には現在の母島列島で溶岩流出や爆発的な火砕流の噴出を繰り返す火山活動が継続し、母島列島が形成された。そして4000万年前には火山フロントが後退することによって小笠原群島の火山活動は終息した。この頃には小笠原諸島は通常のプレート沈み込み帯となったと考えられる。火山活動が終息した小笠原群島では珊瑚礁が発達し、母島の石門、父島南西にある南島のような石灰岩地帯が形成された。小笠原諸島の自然 フレッシュアイペディアより)

  • 富士山

    富士山から見た火山火山

    この中で先小御岳が最古であり、数十万年前の更新世にできた火山である。東京大学地震研究所が2004年4月に行ったボーリング調査によって、小御岳の下にさらに古い山体があることが判明した。安山岩を主体とするこの第4の山体は「先小御岳」と名付けられた。富士山 フレッシュアイペディアより)

  • 大洪水

    大洪水から見た火山火山

    地中海の大津波は、サントリーニ島の火山噴火によって起きたとする説がある。この噴火は、地質学上では紀元前1630年から紀元前1600年の間、考古学上では紀元前1500年に起きたとされ、これがデウカリオーンの神話へと発展した民間伝承の歴史的なベースになっているというのである。大洪水 フレッシュアイペディアより)

1240件中 51 - 60件表示

「火山」のニューストピックワード