1077件中 71 - 80件表示
  • 丸山 (鹿児島県)

    丸山 (鹿児島県)から見た溶岩円頂丘火山

    北東6キロメートルにある藺牟田池を囲む藺牟田火山と同時期の55万年前に形成された溶岩円頂丘(溶岩ドーム)である。角閃石安山岩からなり、山頂南側斜面には柱状節理が見られる。山腹は常緑広葉樹林となっている。丸山 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • 日傘効果

    日傘効果から見た火山火山

    風による砂ぼこりの巻き上げや、土砂崩れ、花粉の飛散などによって、大気中には常にエアロゾルが漂っている。その量はさまざまな要因によって変化するが、特に大きな要因として、火山の噴火と、人類の活動による煤煙がある。日傘効果 フレッシュアイペディアより)

  • 開析

    開析から見た火山火山

    開析(かいせき、)とは、一定の連続性を有していた地形面が、侵食などの影響により多くの谷が形成され、地形面が細分化される事象。連続した地形面が短時間に形成される断層地形や火山地形に特に意味を持つ。開析 フレッシュアイペディアより)

  • 日光連山

    日光連山から見た溶岩円頂丘火山

    狭義の日光火山群に属する男体山、女峰山、赤薙山は成層火山であり、同じく大真名子山、小真名子山、太郎山、三岳、山王帽子山、於呂倶羅山などは溶岩円頂丘である。その地質は男体山、女峰山、赤薙山が玄武岩、安山岩、デイサイト、他の山々は大真名子・小真名子溶岩やデイサイトから成る。日光連山 フレッシュアイペディアより)

  • 日光連山

    日光連山から見た火山火山

    日光連山は日光火山群と総称され、第四紀に火山活動を開始した第四紀火山から成る。日光連山 フレッシュアイペディアより)

  • 新期造山帯

    新期造山帯から見た火山火山

    世界の新期造山帯は環太平洋造山帯とアルプス・ヒマラヤ造山帯に二分される。古期造山帯と違い、造山活動が継続中で地震・火山活動が活発であるところが多く、自然災害が頻発する。新しい時代に形成された山脈であるため浸食を受け続けた期間が短く、急峻な山地や弧状列島をなし、日本列島やアルプス山脈などが主な例として挙げられる。また、厚い大陸プレートの下に薄い海洋プレートがもぐりこんだことにより、大陸プレートが上に押し上げられてできたものが、大陸の海岸線沿いに多くみられる。例として、アルプス山脈・ロッキー山脈・シエラマドレ山脈・日本列島が挙げられ、前記のように急峻なものとなだらかなものとに分かれる。新期造山帯 フレッシュアイペディアより)

  • 大真名子山

    大真名子山から見た溶岩円頂丘火山

    大真名子山(おおまなこさん)は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2,375m。三等三角点「大真名子山」(標高2,375.4m)が設置されている。第四紀の溶岩円頂丘である。政府機関文書では「おおまなこさん」と濁らない読み方で記載されているが、一般には「おおまなごやま」とも呼ばれる。また、小真名子山と対で呼ぶ際は「おおまなこ、こまなこ」と濁らないようである。大真名子山 フレッシュアイペディアより)

  • 小真名子山

    小真名子山から見た溶岩円頂丘火山

    小真名子山(こまなこさん)は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2,323m。三等三角点「小真名子山」(標高2,322.9m)が設置されている。第四紀の溶岩円頂丘である。政府機関文書では「こまなこさん」と濁らない読み方で記載されているが、一般には「こまなごやま」とも呼ばれる。また、大真名子山と対で呼ぶ際は「おおまなこ、こまなこ」と濁らないようである。小真名子山 フレッシュアイペディアより)

  • 複合火山

    複合火山から見た火山火山

    複合火山 フレッシュアイペディアより)

  • 西吾妻山

    西吾妻山から見た火山火山

    西吾妻山(にしあづまやま)は山形県米沢市と福島県耶麻郡北塩原村の境界に位置する火山。磐梯朝日国立公園に属する。西吾妻山 フレッシュアイペディアより)

1077件中 71 - 80件表示

「火山」のニューストピックワード