1077件中 81 - 90件表示
  • 朝日岳 (栃木県)

    朝日岳 (栃木県)から見た火山火山

    朝日岳(あさひだけ)は栃木県那須郡那須町にある標高1,896mの火山。日光国立公園に在る。日本百名山のひとつ、那須連山の唯一の鋭峰である。朝日岳 (栃木県) フレッシュアイペディアより)

  • 朝日岳 (栃木県)

    朝日岳 (栃木県)から見た溶岩ドーム火山

    朝日岳の山頂は茶臼岳山頂の北北東約1.8kmの場所に位置する。茶臼岳が溶岩ドームの非常に広い山頂部を有し未だに火口部から煙を上げ硫黄臭を漂わせているのに対し、朝日岳は山頂部が切り立った岩場上の狭い場所にあり表面的な火山活動は無い。朝日岳 (栃木県) フレッシュアイペディアより)

  • 日本風景論

    日本風景論から見た火山火山

    (2)日本の火山「名山」の標準日本風景論 フレッシュアイペディアより)

  • 大野岳 (鹿児島県)

    大野岳 (鹿児島県)から見た火山火山

    大野岳(おおのだけ)は、九州の薩摩半島南部に広がる南薩火山群に属する火山である。小型の成層火山であり、主として輝石安山岩からなる。形成年代は後期更新世と考えられているが、11万年前に噴出した阿多火砕流より古いか新しいかで意見が分かれている。大野岳 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • 北八ヶ岳

    北八ヶ岳から見た溶岩ドーム火山

    蓼科山や横岳などの溶岩ドームや成層火山からなる。北八ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 父島気象観測所

    父島気象観測所から見た火山火山

    ただし、観測所職員による雲や視程観測は行われており、加えて、観測所職員により、黄砂や竜巻、火山噴火、漂着物といった、気象庁の行う、あらゆる観測や、現地調査が行われている。父島気象観測所 フレッシュアイペディアより)

  • 烏ヶ山

    烏ヶ山から見た溶岩ドーム火山

    成因としては新期大山火山に属し、約2万年前の活動で主峰・弥山、三鈷峰とともに形成された巨大な溶岩ドームである。形成時には大規模な火砕流を発生させたことが分かっている。また一説によると、大山山系より少し離れた場所に位置しているため、蒜山火山系の一つとする説、大山火山の外輪山の一つとする説などもある。烏ヶ山 フレッシュアイペディアより)

  • 真鶴半島

    真鶴半島から見た単成火山火山

    箱根火山のカルデラの形成が始まった23万年前以降も引き続き、箱根火山の北西部と南東部では単成火山の活発な活動が続いた。北西部では長尾峠付近で活動した深沢溶岩グループ、寒沢溶岩グループが活動し、南東部では大猿山溶岩グループ、岩溶岩グループ、白磯溶岩グループ、本小松溶岩グループ、真鶴溶岩グループが活動し、これらの火山活動で単成火山群を形成したものと考えられる。また箱根火山南東部の側火山である幕山も同じ頃の活動とされる。真鶴半島 フレッシュアイペディアより)

  • 明神礁

    明神礁から見た火山火山

    1952年(昭和27年)9月17日午前の噴火を最初に報告した、静岡県焼津市の焼津港所属の漁船「第十一明神丸」にちなんで命名された。雲仙普賢岳などと同じデイサイト質の溶岩を噴出する火山で、激しい爆発を起こす性質がある。激しい火山活動をたびたび引き起こし何度か標高200?300mまで達する新島を形成したが、自らの爆発で消滅したり波浪に浸食されたりして現在に至るまで安定した新島を形成できていない。しかし公海上で新たに形成された島は第一発見国がその領有を宣言できるため当時、アメリカ、旧ソ連、中国、韓国、フィリピンなどの艦船が頻繁に出没していた。明神礁 フレッシュアイペディアより)

  • 七北田丘陵

    七北田丘陵から見た火山火山

    広義の七北田丘陵は、地質によって大きく2つに分けられる。その境界は、大崎八幡宮の西側から国見峠にある仏舎利塔の北側を通って泉ビレジの南側を通る線となっている。この線の北東側は、狭義の七北田丘陵で、主に仙台層群(凝灰質-シルト質の陸成・海成層)が分布する。この線の南西側は主峰の権現森山(標高314m。旧宮城町内)に因んで「権現森丘陵」、あるいは旧市町界で仙台平野を一望出来る国見峠に因んで「国見丘陵」と呼ばれ、梨野層(後期中新世の火山活動による火山性崩壊堆積物)が分布する。権現森丘陵は、広瀬川と挟んで対峙する蕃山丘陵(主峰は標高373mの西風蕃山(ならいばんざん))と地質が同じであり、合わせて「西風蕃山 - 権現森丘陵」とも呼ばれる。七北田丘陵 フレッシュアイペディアより)

1077件中 81 - 90件表示

「火山」のニューストピックワード