1240件中 81 - 90件表示
  • ゴールドカントリー

    ゴールドカントリーから見た火山火山

    ゴールドカントリーはシエラネバダ山脈の西側斜面にあり、サクラメント・バレーまで降りてきている。最も古い地質はシエラネバダ山脈の峰峰に近い地域の最東部に沿って見出される。古代の海底と島で構成され、約2億7,500万年前の古生代後期に北アメリカの西端に付け加えられたものである。ゴールドカントリーの西側はかなり後の時代である約1億5,000万年まえの中生代中期から形成されており、大洋底から大陸の縁にあったとされる物質で作られている。花崗岩の大量の貫入によりそれら陸地の形成が促された。10マイル (16 km) もの表層物が過去7,000万年間にわたって侵食された後、これらの貫入がシエラネバダ山脈中の表面に現れた。5,000万年前からは川と火山が堆積物を積もらせ、シエラネバダ山脈の麓丘陵部の高い尾根部の上に見られる厚い層を形成した。ゴールドカントリー フレッシュアイペディアより)

  • ヘトリスヘイジ

    ヘトリスヘイジから見た火山火山

    ヘトリスヘイジでは、過去に起こった火山爆発の形跡が非常に多く見られる。最後の爆発は、およそ1,000年前に起こったと考えられている。最も新しい溶岩は、長さおよそ6kmの割れ目火口から地上へ流れ出た。しかしこの地域は、火山のように今も活動的である。それは、非常に多くの穿孔から水蒸気が立っていることで明らかである。ヘトリスヘイジ フレッシュアイペディアより)

  • オーラコゲン

    オーラコゲンから見た火山火山

    大陸プレート下部の三重点からは、三方向に分裂が起こるが、その一方向の分裂拡大が停止することがある。未発達のリフトはオーラコゲンと呼ばれ、堆積物で埋積された大陸内の地溝となる。しかし、この部分は地質学的に弱いため、その後の地震や火山の活動が度々生じることになる。そして、リフトの再形成が起こることもある。オーラコゲン フレッシュアイペディアより)

  • アルボル・トロス

    アルボル・トロスから見た火山火山

    アルボル・トロス (Albor Tholus) は火星のエリシウム平原にある火山の一つ。エリシウム山とヘカテス・トロスの南にある。アルボル・トロス フレッシュアイペディアより)

  • アリド山

    アリド山から見た火山火山

    火山は、マグマが地層や岩石の中に入り込む貫入によって地表に現れた堆積岩のドーム及び表面を覆い侵食を受けた玄武岩を含む熔岩及び流紋岩で構成されている。山塊は概ね円形をしており、頂上は904メートルに達している。火山頂上のドーム部に幅2キロメートル、長さ3キロメートルの裂溝を有し、他に北稜に1キロメートルの幅、1.5キロメートルの長さと100メートルの深さの、プリニー式噴煙(:en:Plinian eruption)を噴き上げるカルデラを有している。現在の火山活動はこの北稜の噴気孔のみに限られている。火山観測所は置かれていない。アリド山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山砕屑岩

    火山砕屑岩から見た火山火山

    火山砕屑岩(かざんさいせつがん、)は、火山から噴出された火山砕屑物(火砕物)が堆積してできた岩石。火砕岩(かさいがん)ともいう。現在では堆積岩として扱われることが多いが、マグマを起源とすることから火成岩の一種である火山岩とする場合もある。火山砕屑岩 フレッシュアイペディアより)

  • ビショップ・リング

    ビショップ・リングから見た火山火山

    ビショップ・リング (Bishop's ring) は、大きな火山噴火の後に観測される、太陽あるいは月を中心とする白っぽい環であり、環の内側の空は青っぽく、環の外側の空は赤っぽい。環の半径は約 10?20度で、ふつうの光冠やオーレオールの2倍以上もある。ビショップ・リング フレッシュアイペディアより)

  • ビブリス・パテラ

    ビブリス・パテラから見た火山火山

    ビブリス・パテラ(Biblis Patera)は火星の火山の一つ。北緯2.7度東経235.4度にあり、タルシス火山群に近接する。ユリシーズ・パテラとともにオリンポス火山とタルシス山地の中間地点にある。マーズ・エクスプレスの高解像度ステレオカメラ(HRSC)によって2004年11月8日に発見された。長さ約170km、幅100km、周囲よりも約3km高くなる。火山の中央はカルデラで、噴火によってマグマ溜まりが崩れた結果生じたとみられる。カルデラの直径は53km、深さは4km。ビブリス・パテラ フレッシュアイペディアより)

  • 沈み込み帯

    沈み込み帯から見た火山火山

    沈み込み帯では、プレートが沈み込んでいくことで最終的に消失してマントルとなるため、マントルの上昇からマグマが生成噴出され新しいプレートが作られる海嶺とは対極の働きをしている。たいていの場合は、より密度の高い海洋プレートが大陸プレートの下にすべり込み、周辺では多くの火山があり、また地震を頻発させる造山帯をしばしば形成する。沈み込み帯 フレッシュアイペディアより)

  • 内作用

    内作用から見た火山火山

    外作用は、すでに形成された大地形に働きかけるものであるのに対し、内作用は地表の起伏の形成、例えば造山運動や造陸運動のことを指す。内因的営力、内因的地質作用とも呼ばれる。内作用のエネルギーは、地球内部の放射性物質の絶え間ない崩壊によって発生した熱が地球内部物質の体積、密度の分布を変化させる。そしてその内部物質が中央海嶺系で噴出したものがプレートになりプレートの運動で発生するのが諸現象である。ヴァルター・ペンクは『地形分析』内で、地表に見られる地形は内作用と外作用の相互作用の結果形成されたものである、と内作用の地形形成における重要性を指摘した。また、プレートテクトニクスは、この内作用をグローバルな視点から分析し、海陸・山脈・火山の分析を統一的に説明しようとした考えのことである。内作用 フレッシュアイペディアより)

1240件中 81 - 90件表示

「火山」のニューストピックワード