123件中 41 - 50件表示
  • 火山

    火山から見たラハール

    ラハール(火山活動によって発生する泥流・土石流)火山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山

    火山から見たウルカヌス

    は、ローマ神話で火と賃金の神ウルカヌス(ギリシア神話ではヘーパイストス)に由来し、16世紀のイタリア語で または と使われていたものが、ヨーロッパ諸国語に入った。このウルカヌス(英語読みではヴァルカン)は、イタリアのエトナ火山の下に冶金場をもつと信じられていた。シチリア島近くのヴルカーノ島の名も、これに由来する。日本で の訳として「火山」の語が広く用いられるようになったのは、明治以降である。火山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山

    火山から見た

    は、ローマ神話でと賃金の神ウルカヌス(ギリシア神話ではヘーパイストス)に由来し、16世紀のイタリア語で または と使われていたものが、ヨーロッパ諸国語に入った。このウルカヌス(英語読みではヴァルカン)は、イタリアのエトナ火山の下に冶金場をもつと信じられていた。シチリア島近くのヴルカーノ島の名も、これに由来する。日本で の訳として「火山」の語が広く用いられるようになったのは、明治以降である。火山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山

    火山から見た阿武火山群

    1回だけの噴火で形成されたもの。複成火山の一部である場合も多い。また、単成火山が多数集まっていて、全体が一連のマグマ活動と考えられる場合、単成火山群として複成火山扱いとすることがある(伊豆東部火山群、阿武火山群など)。火山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山

    火山から見たイタリア語

    は、ローマ神話で火と賃金の神ウルカヌス(ギリシア神話ではヘーパイストス)に由来し、16世紀のイタリア語で または と使われていたものが、ヨーロッパ諸国語に入った。このウルカヌス(英語読みではヴァルカン)は、イタリアのエトナ火山の下に冶金場をもつと信じられていた。シチリア島近くのヴルカーノ島の名も、これに由来する。日本で の訳として「火山」の語が広く用いられるようになったのは、明治以降である。火山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山

    火山から見たカルデラ

    火山(かざん、)は、地殻の深部にあったマグマが地表または水中に噴出することによってできる、特徴的な地形をいう。文字通りの山だけでなく、カルデラのような凹地形も火山と呼ぶ。火山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山

    火山から見たエトナ火山

    は、ローマ神話で火と賃金の神ウルカヌス(ギリシア神話ではヘーパイストス)に由来し、16世紀のイタリア語で または と使われていたものが、ヨーロッパ諸国語に入った。このウルカヌス(英語読みではヴァルカン)は、イタリアのエトナ火山の下に冶金場をもつと信じられていた。シチリア島近くのヴルカーノ島の名も、これに由来する。日本で の訳として「火山」の語が広く用いられるようになったのは、明治以降である。火山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山

    火山から見た水蒸気爆発

    水が大量にある場所でマグマ水蒸気爆発が起こり、円形の火口となったもので、水が溜まっていることが多い。噴出物は、火口の周囲にわずかに積もっている程度で、主にベースサージ堆積物である。火山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山

    火山から見たヴェスヴィオ火山

    『ポンペイの四日間』(ロバート・ハリス)2003年 - 79年のヴェスヴィオ火山噴火によるポンペイ滅亡火山 フレッシュアイペディアより)

  • 火山

    火山から見た看板

    この分類は、日本では、特に地理分野で広く使われたが、海外では、過去においてもほとんど使われていない。この分類は、成因をまったく考慮せずに、現在の地形だけで定義したものであった。火山の研究が進むにつれて、形成過程がまったく違うのに、侵食などによって同じような地形になってしまう例(たとえば、成層火山であるのに侵食で平坦になった偽アスピーテ)が次々発見され、シュナイダーの分類では不都合であることが明らかとなった。このことは、1950年代にはすでに認識され、マールを除き、日本の火山学、地質学においては、1970年ごろからほとんど使用されないようになった。ただし、地理の分野では、現在でも使用例があり、観光地の看板などにこれらの名称が残っている場合があるので、完全には死語となっていない。多くの火山研究者はシュナイダーの分類用語を使わないことを推奨している。火山 フレッシュアイペディアより)

123件中 41 - 50件表示

「火山」のニューストピックワード