火災 ニュース&Wiki etc.

火災(かさい)とは、火による災害である。規模が比較的小さいものは火事(かじ)、火事になるまえに消し止められたものは小火(ぼや)、焼失面積が大きく被害が甚大なものは大火(たいか)ともいう。被害は有形財産の焼失はもとより、怪我人や死者がでることも珍しくない。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「火災」のつながり調べ

  • 鷺とり

    鷺とりから見た火事

    四人の僧侶の目からパッと火が出て…布団に燃え移って、そのまま火事になった…。(鷺とり フレッシュアイペディアより)

  • 火矢

    火矢から見た火災

    これらは遠隔で火を放つために利用されるが、如何な日本建築が木や紙を多用したものだといっても、これを単数投入した程度では火災とはならない。その多くでは複数箇所から連続して火矢を放つ戦術が必要である。防戦側は壁面などに到達した火矢を消火するが、その消火能力を上回る火矢を投入することで飽和攻撃とする。(火矢 フレッシュアイペディアより)

「火災」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ