前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1151件中 1 - 10件表示
  • 自動火災報知設備

    自動火災報知設備から見た火災火災

    自動火災報知設備(じどうかさいほうちせつび)は、感知器を用いて火災により発生する熱や煙を自動的に検知し、受信機、音響装置(ベル)を鳴動させて建物内に報知することにより、避難と初期消火活動を促す設備である。消防用設備、火災報知機の一種であり消防法と条例により、一定面積以上の建物や店舗がある雑居ビル・重要文化財などの防火対象物に設置が義務付けられている。略称で「自火報(じかほう)設備」とも呼ばれる。自動火災報知設備 フレッシュアイペディアより)

  • 電気事故

    電気事故から見た火災火災

    電気事故(でんきじこ)とは、電気設備や電気機器の故障や不備、整備不良、または誤った使用や設計によって生じる事故である。雷によって直接的に生じた火災や死亡事故は自然災害として取り扱う。雷によって電気設備が故障した結果生じた事故は、雷対策の不備と解釈し電気事故として扱う。電気事故 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅用火災警報器

    住宅用火災警報器から見た火災火災

    住宅用火災警報器(じゅうたくようかさいけいほうき)は、火災報知機の一種で、主に一般住宅に設置され、火災の際煙や熱を感知して音声やブザー音で警報する警報器である。住警器(じゅうけいき)とも略される。住宅用火災警報器 フレッシュアイペディアより)

  • フラッシュオーバー

    フラッシュオーバーから見た火災火災

    フラッシュオーバー(flashover)とは、爆発的に延焼する火災現象のことである。フラッシュオーバー フレッシュアイペディアより)

  • セントラルヒーティング

    セントラルヒーティングから見た火災火災

    各部屋に設置されるラジエータは、一般的なストーブほど高温にはならないため、火傷や火災の危険が少なく、ラジエータ自体からは燃焼ガスの発散が全くないので、安全性に優れる。一方、設置時に大掛かりな工事が必要となり、初期費用がかさむことが多い。セントラルヒーティング フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た火災火災

    3月22日 - 神奈川県大磯町の吉田茂元内閣総理大臣旧私邸より火災が発生、家屋などを全焼。負傷者などはなし。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 営団05系電車

    営団05系電車から見た火災火災

    このグループは「新技術を採用した次世代形通勤車両」・「今後の標準車両」として東葉高速鉄道と共同開発したものである。東葉高速2000系仕様の共通化、同時発注、複数年一括発注の新契約方式により、今までの05N系と比べて約15%のコストダウンを図った。設計にあたっては車両のコストダウン・衝突安全性向上・リサイクル性向上・火災対策・車体の高精度化と上質化・快適性の向上をコンセプトとした。営団05系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急消防援助隊

    緊急消防援助隊から見た火災火災

    2013年8月に新藤義孝総務大臣が東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災で石油コンビナート火災などエネルギー・産業基盤の施設で大規模火災が多発した教訓として総務省消防庁が緊急消防援助隊内に新たに特殊災害に特化した部隊「エネルギー・産業基盤災害即応部隊(愛称ドラゴンハイパー・コマンドユニット)」の創設を発表した。緊急消防援助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 地震

    地震から見た火災火災

    大きな地震はしばしば建造物を破壊して家財を散乱させ、火災、土砂災害などを引き起こし、人的被害をもたらす、典型的な自然災害の1つである。地震予知の研究も行われているが、天気予報のような科学的な予報・予知が確立されておらず、前触れもなく突然やってくる。そのため、建造物や地盤の強度を調べて補強する、震災時の生活物資を備蓄する、避難計画を立てるなど、災害に備える「防災」や災害を軽減する「減災」の考え方から対策をとり、「いつ来てもいいように」備えるのが一般的である。地震 フレッシュアイペディアより)

  • 火

    から見た火災火災

    火は火災を引き起こし、燃焼によって人間が物的損害を被ることがある。また、世界的な生態系にも影響する重要なプロセスである。火はある面では生態系を維持し、生物の成長を促す効果を持つ。また、火は水質・土壌・大気などを汚染する原因という側面もある。 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1151件中 1 - 10件表示

「火災」のニューストピックワード