870件中 91 - 100件表示
  • 浄願寺 (高松市)

    浄願寺 (高松市)から見た火災火災

    この寺は、室町時代中期の文明年間(1469年?1487年)源誉慶公の開基により現在の宇多津町に創建された寺のに始まるとされる。1587年(天正15年)生駒親正が高松城に入ると、その翌年寺地を高松に移された。江戸時代に入り松平頼重が高松に入封すると再興され、高松藩主の菩提寺となり寺運は隆盛した。明治維新後の1899年(明治32年)には高松市役所が北古馬場町(現・御坊町)の福善寺から当寺へ移転。それから1913年(大正2年)まで市役所が置かれる。その後は火災・空襲などにより度々焼失して寺地を換え、現在地に移ったのは昭和24年(1949年)以降のことである。浄願寺 (高松市) フレッシュアイペディアより)

  • 災害記念碑

    災害記念碑から見た火災火災

    災害記念碑(さいがいきねんひ)とは、地震、津波、火山噴火、大火、事故といった大規模な災害の実情を後世に伝え残すために、教訓として建てられた碑のこと。災害記念碑 フレッシュアイペディアより)

  • 殊勲章

    殊勲章から見た火災火災

    日本では、兵庫県神戸市が神戸市消防表彰規則施行規程において表彰記章のひとつとして殊勲章を制定しており、人命の救助又は救出若しくはその協力した消防職員、火災、その他の災害又は事故等に際しての警防防除行動若しくはその協力をした消防職員を対象に消防殊勲章を授与している。殊勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 二リン化三カルシウム

    二リン化三カルシウムから見た火災火災

    リン化カルシウムまたはその分解で発生したホスフィンによって比較的大規模な火災が起こった場合には、その性質のため消火に水は絶対に使用してはならない。また、その他ほとんどの消火剤も効果が期待できず、使用できるのは、危険物第3類の火災に使われる最も一般的な乾燥砂、膨張ひる石、膨張真珠岩、または二酸化炭素のみである。二リン化三カルシウム フレッシュアイペディアより)

  • スィノプ沖海戦

    スィノプ沖海戦から見た火災火災

    セヴァストーポリへの帰還に際し状況を精査した委員会は、爆発の原因は「ハミディイェ」の発射した砲弾が装填状態にあった砲へ命中したためであると結論付けた。調査によれば、「ヂェールスキイ」の船尾の 102 mm 砲 1 基に「ハミディイェ」の主砲弾 1 発が命中し、砲弾が装填された状態にあった 102 mm 砲が爆発したということであった。誘爆のエネルギーは砲装置を完全に破壊し、甲板にもいくつかの破孔を穿った。加えて、船尾のキャプスタン、、魚雷積み込み用、ベンチレーター、舷梯、支柱と舷側支索が損傷した。また、船尾部分の接合部が喫水線部分で分離し、左舷予備に水漏れが生じて右舷船尾船室では火災が生じた。その近くにあるは、消火活動によって水浸しになった。人的被害は既述のとおりである。この被害により「ヂェールスキイ」は一時的に戦線を離脱したが、戦闘能力失わなかった。スィノプ沖海戦 フレッシュアイペディアより)

  • 八百屋町 (徳島市)

    八百屋町 (徳島市)から見た火災火災

    しかし火災が相次いだので、一部の商人が助任町に移された。「異本阿波志」に八百屋町 (徳島市) フレッシュアイペディアより)

  • 朝代神社

    朝代神社から見た火災火災

    鳥居をくぐって直ぐ左に参道がのび、突き当たりで円隆寺境内と接する。突き当りを右に折れて石段を登ったところに社殿がある。享保17年(1732年)の大火によって旧社殿を焼失したため、現在の社殿(市指定文化財)は元文9年(1739年)の再建である。朝代神社 フレッシュアイペディアより)

  • 地域児童精神保健

    地域児童精神保健から見た火災火災

    地域児童精神保健(ちいきじどうせいしんほけん)は、地域看護の分野の中に比較的最近新しく入ってきた分野で、引きこもり、不登校、児童虐待などの児童の精神看護の立場からのケアと支援をいうものである。直接的な援助は、市町村の教育委員会が適応指導教室などで表立って支援をするので、保健師は、精神科の医師や臨床心理士を紹介したり、仲介の労をとったり、フリースペースやフリースクールを紹介したり、統計的な調査などをするに留まることも多い。大規模な地震や火災、津波などで家族を失った子どもたちの精神衛生のケアなどもこの活動分野に含まれる。地域児童精神保健 フレッシュアイペディアより)

  • 電気蓄熱暖房機

    電気蓄熱暖房機から見た火事火災

    火を使わないため火事や酸欠の心配がない。また燃料の補給も不要。電気蓄熱暖房機 フレッシュアイペディアより)

  • 今町会館ビル火災

    今町会館ビル火災から見た半焼火災

    昭和新道は道幅が狭く、古町とを結ぶ通りは更に細かった。これもまた消防車による消火を困難にさせることになった。それでも類焼はなく、午前1時前には鎮火した。ビル自体も1階は影響を受けず、火災による被害も2階の約3分の2と3階のごく一部にとどまったことから、半焼扱いとされた。むしろ火災によって発生した有毒ガス、そして出火場所が唯一の避難口のそばだったこと、そして初期消火の僅かな遅れが11名の死者を出す惨事につながってしまったことになる。今町会館ビル火災 フレッシュアイペディアより)

870件中 91 - 100件表示

「火災」のニューストピックワード