1151件中 91 - 100件表示
  • 門司車掌区

    門司車掌区から見た火災火災

    九州で一番古くより存在する車掌区である。以前は門司駅構内に所在していたが火災で全焼したため、現在地に移転した経緯がある。門司車掌区 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利師就

    毛利師就から見た火災火災

    その後、城下における火災が多発し、さらには風水害にも見舞われて藩財政は悪化した。このため、防火体制の強化に努めている。毛利師就 フレッシュアイペディアより)

  • 無精床

    無精床から見た火事火災

    あるところにとても無精な親子がいた。ある日、二人は神棚の火を消し忘れて寝たために家が火事になってしまうが、この親子は火を消すのがめんどくさいからと言っていつまでも消火をしようとしない。そうこうしているうちに、火は家中に広がり、果てには布団にまで引火して二人の足も焼け始めるが、それでも二人はめんどくさいと言い、遂には焼け死んでしまう。無精床 フレッシュアイペディアより)

  • 殉爆

    殉爆から見た火災火災

    火災などで弾薬庫の温度が上昇すると危険なのはDDT現象を起こして爆薬が起爆するだけでなく、殉爆感度が高くなって僅かな衝撃で弾薬が連鎖的に爆発する危険が高くなるためである。殉爆 フレッシュアイペディアより)

  • 根本愚洲

    根本愚洲から見た火災火災

    代々の町医者・根本良庵の子として生まれる。母は武州目黒の松本弥次右衛門の次女民子。幼少期は恵まれた家庭環境であったが、文政3年(1820年)に小浜町で大火があり家屋・家財を焼失。近隣の大平村に移転し、紺屋木幡屋に奉公に出る。ここでの衣紋書きが名人といわれるほど評判になり、やがて二本松藩主丹羽長富の御前で揮毫しその才能を認められた。根本愚洲 フレッシュアイペディアより)

  • 母恋富士

    母恋富士から見た火災火災

    1935年(昭和10年)9月14日、室蘭港外で第四艦隊の訓練中に重巡洋艦足柄の砲塔で爆発・火災が発生し、将兵16名が犠牲となった。また同月17日には港内で駆逐艦潮の短艇が転覆し、6人が死亡した。翌11年に足柄・潮・秋風(不詳)艦殉職英霊碑が山頂近くに建てられたが、先述の砕石の開始に伴い、市内沢町の満冏寺に移設されている。母恋富士 フレッシュアイペディアより)

  • バンケティング・ハウス

    バンケティング・ハウスから見た火災火災

    この建物はホワイトホール宮殿の大改修計画の一部として建設されたが、その後イングランド内戦へと至る政治的対立が激化していたために計画は凍結され、後に1690年代の火災によって旧ホワイトホール宮殿はほぼ全焼した。バンケティング・ハウスは他の建物と離れた場所に建てられていたため焼失を免れ、今日に至っている。バンケティング・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • 警報システム

    警報システムから見た火災火災

    消防法に基づき一定の条件に該当する建築物では自動火災報知設備が設置され、地区音響装置(ベル)や非常放送設備の大きな音により火災を知らせる。警報システム フレッシュアイペディアより)

  • パイロットランプ

    パイロットランプから見た火災火災

    こういった様式の発達した理由は、まず通電中であるため感電の危険があることを知らせること、あるいは動作中であるため扱いに注意を要することを利用者に知らせるためである。例えば通電中の電気アイロンはうかつに発熱部分を触れば火傷するし、また放置すれば火災の危険が伴う。また事故は無くとも通電して電力を消費している状態のまま放置すれば、その電力のコストだけ無駄になりやすいため、節電の意味からもこの機能は重要である。パイロットランプ フレッシュアイペディアより)

  • パラッツォ・コルネール

    パラッツォ・コルネールから見た火事火災

    ヴェネツィア共和国から委託され建設された邸宅としては非常に初期のもので、ローマ貴族であるコルネール家の邸宅として作られたが1532年に火事で焼失し、イタリアのルネサンス期の建築家ヤーコポ・サンソヴィーノにより再度建築された。パラッツォ・コルネール フレッシュアイペディアより)

1151件中 91 - 100件表示

「火災」のニューストピックワード