870件中 11 - 20件表示
  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た火災火災

    3月22日 - 神奈川県大磯町の吉田茂元内閣総理大臣旧私邸より火災が発生、家屋などを全焼。負傷者などはなし。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ラストホープ

    ラストホープから見た火災火災

    高校生の頃に、自宅が火事となり兄が自分を助けようとして死亡。仲が良く尊敬していた兄が目指していた研究医の道に進む。見合い結婚した妻は不妊に悩むが様々な治療の結果、ようやく男子を出産。しかし、小学生になった息子・聡史は火災に巻き込まれ、死んでしまう。だが、古牧は息子の"再生"にわずかな望みを抱いている。ラストホープ フレッシュアイペディアより)

  • ボディ (カリフォルニア州)

    ボディ (カリフォルニア州)から見た火事火災

    ボディ(Bodie)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州東部、シエラネバダ山脈の東麓にかつて位置していた都市。19世紀後半のゴールドラッシュで栄え、全盛期には10,000人近い人口を抱えた。しかし20世紀に入ると金が掘り尽くされ、また大火の影響もあって町は急速に衰え、やがて人の住まないゴーストタウンと化した。現在では、ボディは国定歴史建造物、および州立歴史公園に指定されている。ボディ (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • 殺虫剤

    殺虫剤から見た火災火災

    エアロゾル式の家庭用殺虫剤は広義の石油製品で可燃性もあるため、火に向かって噴射すると炎上する危険性がある。またガス警報器などが誤動作する場合がある。その一方で燻煙式殺虫剤は薬剤が白煙となって立ち上るため火災報知機が誤作動するほか、火災と誤解される事がある。年数件程度は、この殺虫剤による誤報の話がローカルニュースなどで聞かれる。殺虫剤 フレッシュアイペディアより)

  • 火事場泥棒

    火事場泥棒から見た火災火災

    火事場泥棒(かじばどろぼう)とは、火事で混乱した現場で窃盗を働くこと、または窃盗を働く者。転じて、人々が混乱している中で利益を得ること、または利益を得る者。火事場泥棒 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急通報受理機関

    緊急通報受理機関から見た火災火災

    消防機関 — 火災を予防・警戒および鎮圧し、火災から人命と身体および財産を保護し、必要に応じて救急隊を派遣して傷病者を救命する。緊急通報受理機関 フレッシュアイペディアより)

  • 消防士

    消防士から見た火災火災

    消防に所属する職員のうち火災が発生した際に火災現場へ赴く者である。消防士 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪100型電車

    京阪100型電車から見た火災火災

    一方、163 - 168および火災の被害にあった111の復旧車は京阪では初めての半鋼製車体を採用している。車体の長さがさらに1m長くなっている。京阪100型電車 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台朝市

    仙台朝市から見た火災火災

    1948年(昭和23年)、仙台駅前に青空市場が生まれた。朝に開かれる露店の集まりだったため「朝市」とも呼ばれ、現在の「仙台朝市」の起源とされる。この時期に青空市場が生まれた理由は不明だが、前年から始まった戦災復興土地区画整理事業で移転を余儀なくされた商店や露店、あるいは、同年前半の「東一公設市場」(153戸)の大火災で焼け出された商店などがあり、商売再開の地を探していた人たちが多かった時期ではある。仙台朝市 フレッシュアイペディアより)

  • 漏電

    漏電から見た火災火災

    漏電(ろうでん、英:an electric leak)とは、絶縁体の絶縁が破れたり、外的要因により導体間が電気的に接続されたりして目的の電気回路以外に電流が流れること。感電、火災、電力の損失などの原因となる。漏電 フレッシュアイペディアより)

870件中 11 - 20件表示

「火災」のニューストピックワード