1151件中 11 - 20件表示
  • 東京都交通局10-300形電車

    東京都交通局10-300形電車から見た火災火災

    ATCの更新に伴い10-300形が営業運転に就き、編成に余裕が出たため、暫定編成を解いて当初の通り経年の低い中間車を組み込む正規編成化が行われた。新たに組み込まれた中間車は車体修繕と主制御器の更新修繕、火災対策に対応した改修工事を実施した。これに合わせて車両番号は10-300番台に改番されている。東京都交通局10-300形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 巨勢文雄

    巨勢文雄から見た火災火災

    貞観13年(871年)応天門の変による焼亡から修復した応天門の改名の是非、および応天門・朱雀門・羅城門の名称の由来について、明経博士・文章博士らに議論が命じられた際、文雄は魏・唐において火災を理由に宮殿や城門を改称した故実を挙げ、天災と人災は共に国家の吉兆ではないことから、修復の後に改称することは妥当であること、また「応天」の名称は『礼緯含文嘉』にある「陽は人心に順い天に応ず」に因み、「朱雀」の名称については、唐の大明宮南面の門を「丹鳳門」というが「丹鳳」と「朱雀」は同義であることから、南方の門であることに因み、「羅城」の由来は明らかでないが、文勢を踏まえると羅列の意味と想定されることを述べた。巨勢文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田市立牛島小学校

    秋田市立牛島小学校から見た火災火災

    1905年(明治38年)2月14日 - 火災校舎焼失秋田市立牛島小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 火事場泥棒

    火事場泥棒から見た火災火災

    火事場泥棒(かじばどろぼう)とは、火事で混乱した現場で窃盗を働くこと、または窃盗を働く者。転じて、人々が混乱している中で利益を得ること、または利益を得る者。火事場泥棒 フレッシュアイペディアより)

  • 高気圧酸素治療

    高気圧酸素治療から見た火災火災

    概ね10分〜15分程度をかけて装置内の気圧を高め、その後に一定時間(多くの場合60分程度)安定した高気圧環境下に患者をおく。規定の加圧時間が経過した後に昇圧と同等またはやや長い時間をかけて減圧する。昇圧と減圧に時間を掛けるのは気圧の急変による患者の身体への負担をなくすためである。急減圧による重大な副作用としては減圧症が挙げられる。治療に使用される装置には、1名の患者のみを収容する第1種装置と、2名以上の患者を同時に収容し、又は治療に従事する医療職員を患者とともに収容する第2種装置とがある。この治療の重大なリスクとしては、酸素中毒と火災が挙げられる。(後述)高気圧酸素治療 フレッシュアイペディアより)

  • 消防

    消防から見た火災火災

    消防(しょうぼう、)は、火災を防御・鎮静するとともに、火災を予防する活動、及び組織。世界各国で消防組織が整備されており、火災の防御・予防だけでなく救急・救助・防災の実施機関であることも多い。消防 フレッシュアイペディアより)

  • サーカス (小説)

    サーカス (小説)から見た火事火災

    この初稿は2002年(平成14年)7月刊行の決定版全集の第20巻で公表されたが、途中にいくつか欠損があり断片しかない部分もあるものの、サーカスから逃げた騎手の少年と綱渡りの少女が汽車で出奔する逃走劇が主体となり、車中での接吻場面など2人の関係が具体的に描かれている。逃亡は少年の父親の伯爵の旧領地のある〈笹戸〉駅に向かう筋立てとなっており、2人の出奔後にサーカスが火事になり天幕が燃え崩れ、炎が人々の上に落ちて象や馬が燃える描写もある。なお、創作ノートには、起稿日の翌日の2月16日に戦闘機が1,000機も来襲したこと(日本本土空襲)が記されている。サーカス (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 太田村 (埼玉県南埼玉郡)

    太田村 (埼玉県南埼玉郡)から見た火災火災

    同年2月15日 - 太田尋常小学校の校舎が火災により焼失する。太田村 (埼玉県南埼玉郡) フレッシュアイペディアより)

  • 遷善館

    遷善館から見た火災火災

    この遷善館は1803年(享和3年)に代官の早川八郎左衛門により創始された郷学である。藩学と寺子屋の中間に位置する郷学という学問所であるため、武士のみでなく主に村民のための教育機関であった。所在地としては久喜本町とされているが、1878年(明治11年)の久喜の大火により資料が所在不明となっているため、詳細は不明である。遷善館 フレッシュアイペディアより)

  • ベランダ

    ベランダから見た火災火災

    ベランダは非常階段と連絡していたり、脱出口や避難ばしご等が設置されていることも多く、火災などの非常時には大きな役割を果たす。マンションやアパートなどのベランダは、各部屋ごとに珪酸カルシウム板(ケイカル板)やフレキシブル板(フレキ板)などで隔てられていることが多く、火災などの非常時にはこれらの板を突き破って非常階段や脱出口へと避難することになる。ベランダ フレッシュアイペディアより)

1151件中 11 - 20件表示

「火災」のニューストピックワード