1151件中 21 - 30件表示
  • 仙台朝市

    仙台朝市から見た火災火災

    1948年(昭和23年)、仙台駅前に露店が集まる青空市場(通称「朝市」)が生まれた。かつぎ屋(行商)が集まって朝だけ商売をし、午後には無くなってしまうため、「かげろう市場」とも呼ばれた。これが現在の「仙台朝市」の起源とされる。この時期にこのような市場が生まれた理由は不明だが、前年から始まった戦災復興土地区画整理事業で移転を余儀なくされた商店や露店、あるいは、同年前半の「東一公設市場」(153戸)の大火災で焼け出された商店などがあり、商売再開の地を探していた人たちが多かった時期ではある。また、戦争に伴う失職者や引揚者のかつぎ屋が、仙台近郊や山形県から集まって商売をしていたとも言われる。仙台朝市 フレッシュアイペディアより)

  • ペプコン大爆発

    ペプコン大爆発から見た火災火災

    ペプコン大爆発 (The PEPCON disaster) は、1988年5月4日にアメリカ合衆国ネバダ州ヘンダーソン市のThe Pacific Engineering Production Company of Nevada (PEPCON/ペプコン)の工場で発生した工業災害である。化学火災とその後に続いた爆発により死者2人、負傷者約372人、金額にして1億ドルの被害が発生したとみられている。16 km 離れたラスベガス市街地の大部分が影響を受け、いくつかの機関が災害対策計画を立ち上げた。ペプコン大爆発 フレッシュアイペディアより)

  • 塵旋風

    塵旋風から見た火災火災

    暖候期の晴天時に強風の注意報や警報が出れば発生しやすい気象条件と言えるが、寒候期においても晴天時に強風が加われば発生する気象条件となり得る。また、地表だけでなく海面や湖面でも発生する可能性がある。なお、太陽光ではなく、建物の火災や山火事などで地表が熱せられて渦巻状の火柱が立ち上る現象は火災旋風と呼ばれる。塵旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急通報受理機関

    緊急通報受理機関から見た火災火災

    消防機関 — 火災を予防・警戒および鎮圧し、火災から人命と身体および財産を保護し、必要に応じて救急隊を派遣して傷病者を救命する。緊急通報受理機関 フレッシュアイペディアより)

  • 川口市消防局

    川口市消防局から見た火災火災

    1955年5月28日 - 火災の通知を容易にするため、旧市街地域内に火災報知器MM式45基を設置した。川口市消防局 フレッシュアイペディアより)

  • 学べる!!ニュースショー!

    学べる!!ニュースショー!から見た火災火災

    11月11日:△火災(有毒ガスから安全に逃れる方法)、◎生命保険会社(契約した会社が破綻した場合の対処法)学べる!!ニュースショー! フレッシュアイペディアより)

  • 漏電

    漏電から見た火災火災

    漏電(ろうでん、英:an electric leak)とは、絶縁体の絶縁が破れたり、外的要因により導体間が電気的に接続されたりして目的の電気回路以外に電流が流れること。感電、火災、電力の損失などの原因となる。回路上の2点間が直結される短絡とは異なる。漏電 フレッシュアイペディアより)

  • 函館大火

    函館大火から見た火災火災

    函館大火(はこだてたいか)とは、1934年(昭和9年)3月21日に北海道函館市で発生した火災函館大火 フレッシュアイペディアより)

  • 火の見櫓

    火の見櫓から見た火災火災

    火の見櫓(ひのみやぐら、漢語表現で望楼(ぼうろう))とは火災の早期発見、消防団の招集、町内への警鐘の発信などに使われていた見張台である。火の見櫓 フレッシュアイペディアより)

  • 東葉高速鉄道2000系電車

    東葉高速鉄道2000系電車から見た火災火災

    本形式は同時期に落成した東京地下鉄の次世代型車両05系13次車と共同開発したもので、コストダウン、車体の上質化、火災対策ならびに衝突安全性、リサイクル性、快適性の向上をコンセプトとした。また、東葉高速鉄道側の車両コンセプトは「安全性の確保」、「人と環境に優しく」、「快適性の追求」、「ライフコストの低減化」とした。東葉高速鉄道2000系電車 フレッシュアイペディアより)

1151件中 21 - 30件表示

「火災」のニューストピックワード