870件中 31 - 40件表示
  • 日本の消防

    日本の消防から見た火災火災

    日本における消防(しょうぼう)は、消防法第1条において「火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災又は地震等の災害による被害を軽減するほか、災害等による傷病者の搬送を適切に行い、もつて安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資することを目的とする」とされている。日本の消防 フレッシュアイペディアより)

  • 火災調査

    火災調査から見た火災火災

    火災調査(かさいちょうさ)とは、発生した火災の原因と損害を調査することである。火災調査 フレッシュアイペディアより)

  • 学べる!!ニュースショー!

    学べる!!ニュースショー!から見た火災火災

    11月11日:△火災(有毒ガスから安全に逃れる方法)、◎生命保険会社(契約した会社が破綻した場合の対処法)学べる!!ニュースショー! フレッシュアイペディアより)

  • 水上機

    水上機から見た火災火災

    8発のエンジンを持ち、当時としては世界最大だったカプロニCa 60 トランスアエロはこの種の大型旅客飛行艇としては初の物だったが、試験飛行に失敗して損傷、さらに修理する前に火災で焼失してしまい試作1機のみであったために事実上の失敗作となった。12発のエンジンを持ち、建造当時世界最大の航空機だったドルニエ Do Xは、水陸双方を通じてこれを上回る最大離陸(水)重量を持つ飛行機が長らく登場しなかった程大型旅客飛行艇として群を抜く存在であり、デモフライトで当時としては桁外れの人数を乗せて飛び評判を呼びはしたものの問題点も多く、大西洋を往復して見せたにもかかわらず、どこからも注文を得られないままに終わってしまった。しかしそのあとを追って次々に製作されたボーイング314、マーチンM-130、ショート・エンパイア、九七式輸送飛行艇といった大型旅客飛行艇は非常に成功した機体となり、太平洋や大西洋などの世界中の大洋を駆け巡った。水上機 フレッシュアイペディアより)

  • 焼夷弾

    焼夷弾から見た火災火災

    攻撃対象を焼き払うために使用する。そのため、発生する爆風や飛散する破片で対象物を破壊する通常の爆弾と違い、焼夷弾は中に入っているもの(焼夷剤)が燃焼することで対象物を火災に追い込む。焼夷弾 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局10-300形電車

    東京都交通局10-300形電車から見た火災火災

    ATCの更新に伴い10-300形が営業運転に就き、編成に余裕が出たため、暫定編成を解いて当初の通り経年の低い中間車を組み込む正規編成化が行われた。新たに組み込まれた中間車は車体修繕と主制御器の更新修繕、火災対策に対応した改修工事を実施した。これに合わせて車両番号は10-300番台に改番されている。東京都交通局10-300形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ろうそく

    ろうそくから見た火災火災

    「電気ろうそく」と称するものもある。家庭でのろうそく使用は火災の原因ともなっており、火災防止の観点から主に仏壇用に売られている。寺院用の大型の燭台に対応したものもある。これはヤブロチコフの電気ろうそく(アーク灯)ではなく、電球やLED照明を用い、交流電源や乾電池を用いた照明器具である。一部では炎の揺らめきを再現したムードランプ用の電気ろうそくも販売されている。ろうそく フレッシュアイペディアより)

  • タワーリング・インフェルノ

    タワーリング・インフェルノから見た火災火災

    アメリカ・サンフランシスコの新名所、138階建のグラスタワー落成式が催された。だがその真っ只中、ロジャー・シモンズ(リチャード・チェンバレン) が予算を着服するために行った電気系統の手抜き工事が原因となり、81階の備品室でボヤ火災が発生していた。タワーリング・インフェルノ フレッシュアイペディアより)

  • 高気圧酸素治療

    高気圧酸素治療から見た火災火災

    概ね10分?15分程度をかけて装置内の気圧を高め、その後に一定時間(多くの場合60分程度)安定した高気圧環境下に患者をおく。規定の加圧時間が経過した後に昇圧と同等またはやや長い時間をかけて減圧する。昇圧と減圧に時間を掛けるのは気圧の急変による患者の身体への負担をなくすためである。急減圧による重大な副作用としては減圧症が挙げられる。治療に使用される装置には、 1名の患者のみを収容する第1種装置と、2名以上の患者を同時に収容し、又は治療に従事する医療職員を患者とともに収容する第2種装置とがある。この治療の重大なリスクとしては、酸素中毒と火災が挙げられる。(後述)高気圧酸素治療 フレッシュアイペディアより)

  • 街路樹

    街路樹から見た火災火災

    街路樹は自然に、もしくは強風・病害などで落下物を落とすことがある。葉・枝・実・雪(サクラなどは花びらも)などの落下物は、人(特に交通弱者、高齢者・身体障害者・視覚障害者など)・車両・車いす等のスリップ・転倒、落下物の直撃などの事故や、冠水の原因になることがある。それら落下物は道路沿いの家屋の雨樋を詰まらせることもある。また、落ち葉に放火される事件も各地で起こっており、投げ捨てられたタバコの火などが原因で発火する場合もある。このようなことから、こまめに清掃することが望ましいが、それは道路沿いに住む人々への負担となってしまうことにもなる。しかし、自動車や自転車などが走る道路の清掃には危険が伴う。特に、ひっきりなしに車が通る幹線道路の場合、車道の掃除は危険である(車線の通行止めを必要とするので、個人では事実上不可能な場所も多い)。高所の雨樋の清掃は、業者に頼むと費用がかかり、自分で行うと危険を伴うことにもなる(雨樋の清掃を公費で行うには高額な費用などが問題になる)。街路樹 フレッシュアイペディアより)

870件中 31 - 40件表示

「火災」のニューストピックワード