1151件中 31 - 40件表示
  • ボディ (カリフォルニア州)

    ボディ (カリフォルニア州)から見た火事火災

    19世紀後半のゴールドラッシュで栄え、全盛期には10,000人近い人口を抱えた。しかし20世紀に入ると金が掘り尽くされ、また大火の影響もあって町は急速に衰え、やがて人の住まないゴーストタウンと化した。現在では、ボディは国定歴史建造物、および州立歴史公園に指定されている。ボディ (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • 街路樹

    街路樹から見た火災火災

    街路樹は自然に、もしくは強風・積雪・病害などで落下物を落とすことがある。葉・枝・実・雪(サクラなどは花びらも)などの落下物は、人(特に交通弱者、高齢者・身体障害者・視覚障害者など)・車両(自転車・オートバイなど)・車いす・ベビーカー等のスリップ・つまずき・転倒や、落下物の直撃などの事故の原因になることがある。それら落下物は、道路沿いの家屋の雨樋や排水口などを詰まらせたり、冠水の原因になることもある。また、枯れ葉は可燃物であり火災や延焼の原因になることがある。落ち葉に放火される事件も各地で起こっており、投げ捨てられたタバコの火などが原因で発火する場合もある。このようなことから、こまめに清掃することが望ましいが、それは道路沿いに住む人々への負担となってしまうことにもなる。落葉期に、住居の前や敷地内などに毎日飛んでくる落ち葉の掃除に苦労している人もいる。また、自動車や自転車などが走る道路の清掃には危険も伴う。特に、ひっきりなしに車が通る幹線道路の場合、車道の掃除は危険である(車線の通行止めを必要とするので、個人では事実上不可能な場所も多い)。高所の雨樋の清掃は、業者に頼むと費用がかかり、自分で行うと危険を伴うことにもなる(雨樋の清掃を公費で行うには高額な費用などが問題になる)。街路樹 フレッシュアイペディアより)

  • 発泡プラスチック

    発泡プラスチックから見た火災火災

    シリコーンフォーム(SIフォーム)の開発は、1975年にアメリカで起こったブラウンズフェリー原子力発電所の火災事故を契機に始まった。貫通孔のシールに難燃性硬質PURフォームを使用していた発電所は、気密性の確認にろうそくをかざして炎のゆれを目視する手段を取っていたが、この炎がフォームに引火して大火災となり、総額2億ドルに達する損害を被った。これを受けてアメリカ合衆国原子力規制委員会は使用材料に3年間の耐火性を備える指針ASTM-E119を設け、この規格を満足する材料としてダウ・コーニングが常温硬化(RTV)型SIフォームを開発した。発泡プラスチック フレッシュアイペディアより)

  • 地震保険

    地震保険から見た火災火災

    販売と保険金支払い業務は民間の保険会社が担当する。地震保険は必ず火災保険と合わせて加入する。地震・噴火・津波による被害規模や被害件数は、火災の場合より大きくなることが多いため、地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30%から50%の範囲内で加入時に設定する。地震保険 フレッシュアイペディアより)

  • 富田一色

    富田一色から見た火災火災

    1639年(寛永16年)-富田一色大火が発生する。その後山の神町を取り壊して広小路通りを創設する。富田一色 フレッシュアイペディアより)

  • 12月24日

    12月24日から見た火災火災

    2010年 - ニューヨークにある化学薬品工場、メトロテック社で大規模火災発生。(ゲーム『ザ・ファイヤーメン』)12月24日 フレッシュアイペディアより)

  • 焚き火

    焚き火から見た火災火災

    一方、乾燥した気候や地形では、安易な焚き火が周辺住居への火災や大規模な森林火災(山火事)の原因となる可能性があるため、気候条件や地形・地質に対しては十分な配慮を行う必要がある。焚き火 フレッシュアイペディアより)

  • 消防艇

    消防艇から見た火災火災

    消防艇(しょうぼうてい)とは、水上や沿岸において発生した火災の消火や災害への対応を行う船舶である。主に地方政府の消防組織や沿岸警備隊が保有している。消防艇 フレッシュアイペディアより)

  • 焼身自殺

    焼身自殺から見た火災火災

    火災などの事故や噴火(火砕流)などに巻き込まれた結果による焼死と同様、多くは肉体の焼損が直接の死因とはならない。探偵ファイルの取材によると、焼身自殺を図った場合の主要な死因は火災などによる焼死に多い直接死因(有毒ガスによる窒息)ではなく、全身の大部分の皮膚が火傷して喪失することで、人体から急激に水分(リンパ液や間質液)が流失していくことによる脱水症状による衰弱死であり、救急搬送の連絡を受けた医師の多くは火傷の範囲とその原因を聞いた時点で救命の可能性を概ね判定することが可能という。搬送された自殺未遂者は集中治療室で輸液などの対症療法を施される(火傷面積によっては救命の可能性が皆無であることが事前に分かる為、皮膚移植など積極治療を施す選択自体が放棄される)が、多くは臨終まで意識が明瞭なまま死亡していく為、近親者との今生の別れを済ませる時間的余裕が他の自殺法による未遂事例に比較して多い反面、未遂者は自らの行動を後悔しながら時間を掛けて逃れようのない死を迎えていくことから、肉体的苦痛以上に精神的苦痛が他の手段に比べ圧倒的に大きく、例え自殺を試みる場合でも手段として焼身は決して選択すべきではないと結論付けている。焼身自殺 フレッシュアイペディアより)

  • 焼夷弾

    焼夷弾から見た火災火災

    攻撃対象を焼き払うために使用する。そのため、発生する爆風や飛散する破片で対象物を破壊する通常の爆弾と違い、焼夷弾は中に入っているもの(焼夷剤)が燃焼することで対象物を火災に追い込む。焼夷弾 フレッシュアイペディアより)

1151件中 31 - 40件表示

「火災」のニューストピックワード