1151件中 41 - 50件表示
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション

    ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションから見た火災火災

    アトラクションは3つのステージに分かれており、ゲストは1つずつのステージを見て回る。1つのチームにクルー1名が同伴してくれる。1ステージは、映画「バックドラフト」の監督『ロン・ハワード(日本語吹替え:平田広明)』のインタビュー映像と映画撮影中時の『カート・ラッセル(日本語吹替え:石丸博也)』『スコット・グレン(日本語吹替え:納谷六朗)』のインタビュー映像が放映される。2ステージは、火災シーンの撮影が行われているスタジオに移り、火災シーンの撮影が行われている様子を見学する。そして最後の部屋、3ステージでは、映画「バックドラフト」のシーンを再現したセットがある部屋に移り、実際に「バックドラフト現象」を体験することが出来る。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション フレッシュアイペディアより)

  • 淀橋浄水場

    淀橋浄水場から見た火災火災

    前述の反対運動や不祥事など紆余曲折を経つつも、1898年(明治31年)12月1日に竣工、明治維新以来31年目にして近代水道が東京に誕生した。淀橋浄水工場は直ちに神田・日本橋方面に通水を開始、翌1899年(明治32年)1月からは各戸の給水工事に取り掛かって2月からろ過処理された浄水を給水開始。その後も給水区域を着々と拡大し、1901年(明治34年)には東京市内の旧上水を廃止した。この給水開始当時の水道は現在の一般家庭各戸に給水されるスタイルではなく、街路に設置された共用水栓を利用するものであったが、上水井戸の時代とは変わって雨天時の混濁がなく、多大な労力を要する事も無く、共用水栓まで出向いて蛇口をひねればいつでも清潔な水を大量に得る事が出来た。東京市民には非常に歓迎され、特に主婦にとっては炊事・洗濯・掃除といった家事の負担を著しく軽減した。また鉄管で密閉・圧送された浄水は清潔なだけではなく、消防用水としても効果的で、大火を防止する有効な手段とになった。本格的な給水開始以降は東京における伝染病や火災の発生数は激減し、近代水道の効果を示した。淀橋浄水場 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪100型電車

    京阪100型電車から見た火災火災

    一方、163 - 168および火災の被害にあった111の復旧車は京阪では初めての半鋼製車体を採用している。車体の長さがさらに1m長くなっている。京阪100型電車 フレッシュアイペディアより)

  • 高山市村

    高山市村から見た火災火災

    明治以降は、東城往来の経路変更(現: 岡山県道・広島県道9号芳井油木線)や、広島県道福山東城線の整備(現: 国道182号)といった道路網の変化により、物資輸送の中継地としての拠点性が徐々に失われ、1935年(昭和10年)に中町で発生した火災で大火に襲われ、繁栄の幕は閉じられることとなる。高山市村 フレッシュアイペディアより)

  • 消防士

    消防士から見た火災火災

    消防に所属する職員のうち火災が発生した際に火災現場へ赴く者である。消防士 フレッシュアイペディアより)

  • タワーリング・インフェルノ

    タワーリング・インフェルノから見た火災火災

    ハリーの報告を受けて地下に走ったロバーツは、配線工事が自分の設計通りに行われておらず、配線の規格も設計したものより細いことに気付き憤然となった。ダンカンの娘婿で、ビル建設の責任者のロジャー・シモンズ(リチャード・チェンバレン)が、予算を減らすために行った電気系統工事の手抜きと配線の規格落ちが原因となり、81階の物置室でボヤ火災が発生していたのである。危険を感じたロバーツは、急遽広報部長のダン・ビグロー(ロバート・ワグナー)に連絡したが、愛人と部屋にこもっている状態でラチがあかない。ロバーツはロジャーに工事の手抜きを責めたが、ロジャーは建築法の規定範囲内で問題ないと突っぱねた。ロジャーは、経費の切り詰めを義父のオーナーから迫られて、高層ビルでは大きな規格の配線でないと熱が生じることに配慮せず、電気配線で手抜きをしたのであった。ロバーツはダンカンに、火災の危険が迫っているので落成式を直ちに中止して避難するよう進言するが、ダンカンは全く耳を貸さなかった。タワーリング・インフェルノ フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ10000系電車

    東京メトロ10000系電車から見た火災火災

    車体は、2004年(平成16年)度に落成した東西線の05系13次車をベースにした日立製作所製のアルミ合金製オールダブルスキン構造車体 (A-train) で製造されたが、今までよりも軽量になっている。同系列同様に「快適性の向上」、「使いやすさの向上」、「リサイクル性の向上」、「火災対策の強化」、「車体強度の向上」、「コストダウンと省メンテナンス化」をコンセプトにしている。東京メトロ10000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • スプリンクラー設備

    スプリンクラー設備から見た火災火災

    火災発生時に大量の散水で消火を図ることによる初期消火を主な目的とする設備である。一部の設備を除き自動的に作動する。スプリンクラー設備 フレッシュアイペディアより)

  • ディーゼルエンジン

    ディーゼルエンジンから見た火災火災

    ディーゼル燃料の引火点はガソリンに比べて80℃ほど高いため、爆発・火災事故に対する余裕が大きい。特に被弾することを前提とした軍用車両で、このメリットが大きい。軍用車両のエンジンは航空燃料のJP-8等と併用することも考慮され、ディーゼル化を進めている。ガスタービン燃料は軽油よりも上質油であるが、燃料を共有することで有事の兵站が合理化される。ディーゼルエンジン フレッシュアイペディアより)

  • ろうそく

    ろうそくから見た火災火災

    「電気ろうそく」と称するものもある。家庭でのろうそく使用は火災の原因ともなっており、火災防止の観点から主に仏壇用に売られている。寺院用の大型の燭台に対応したものもある。これはヤブロチコフの電気ろうそく(アーク灯)ではなく、電球やLED照明を用い、交流電源や乾電池を用いた照明器具である。一部では炎の揺らめきを再現したムードランプ用の電気ろうそくも販売されている。ろうそく フレッシュアイペディアより)

1151件中 41 - 50件表示

「火災」のニューストピックワード