870件中 51 - 60件表示
  • 塵旋風

    塵旋風から見た火災火災

    従って、暖候期の晴天時に強風の注意報や警報が出れば発生しやすい気象条件と言えるが、寒候期においても晴天時に強風が加われば発生する気象条件となり得る。また、地表だけでなく海面や湖面でも発生する可能性がある。なお、太陽光ではなく、建物の火災や山火事などで地表が熱せられて渦巻状の火柱が立ち上る現象は火災旋風と呼ばれる。塵旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 遷善館

    遷善館から見た火災火災

    この遷善館は1803年(享和3年)に代官の早川八郎左衛門により創始された郷学である。藩学と寺子屋の中間に位置する郷学という学問所であるため、武士のみでなく主に村民のための教育機関であった。所在地としては久喜本町とされているが、1876年(明治11年)の久喜の大火により資料が所在不明となっているため、詳細は不明である。遷善館 フレッシュアイペディアより)

  • 法科学鑑定研究所

    法科学鑑定研究所から見た火災火災

    法化学部門 = ・指紋鑑定 ・火災残渣分析 ・成分分析法科学鑑定研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ベランダ

    ベランダから見た火災火災

    ベランダは非常階段と連絡していたり、脱出口や避難ばしご等が設置されていることも多く、火災などの非常時には大きな役割を果たす。マンションやアパートなどのベランダは、各部屋ごとに珪酸カルシウム板(ケイカル板)やフレキシブル板(フレキ板)などで隔てられていることが多く、火災などの非常時にはこれらの板を突き破って非常階段や脱出口へと避難することになる。ベランダ フレッシュアイペディアより)

  • 万治の大火

    万治の大火から見た火災火災

    万治の大火(まんじのたいか)は、万治3年(1660年)に尾張国名古屋で発生した火災。左義長の行なわれる日の夕方に発生したことから「左義長火事」とも呼ばれる。万治の大火 フレッシュアイペディアより)

  • 寛文長崎大火

    寛文長崎大火から見た火災火災

    寛文長崎大火(かんぶんながさきたいか)は寛文3年に、長崎で発生した大火災である。寛文長崎大火 フレッシュアイペディアより)

  • 石黒家

    石黒家から見た火災火災

    母屋は茅葺きで、角館の武家屋敷のなかでは唯一、母屋の座敷に入って建物を主体に内部を見学でき、欄間の透かしにみえる工夫や特徴的な畳敷きなどを実見できる。庭には築山や巨石が置かれるが、池はなく、樹齢300年のモミの大木をはじめ各種の常緑樹やモミジなどの落葉樹があり、東屋をともなっている。なお、常緑樹は、火災発生時の緊急に備え、火の粉がかからないよう植えられたものである。石黒家 フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤー オン アイス

    ファイヤー オン アイスから見た火災火災

    火事で両親を亡くし、美唄の片田舎で祖父に育てられた。クラブには入っておらず、氷の張ったグラウンドや沼が練習場所だった。親友・みずもに教えられただけで滑れるようになった天才少女。足に火傷の痕があるためスカートははかない。ファイヤー オン アイス フレッシュアイペディアより)

  • 豚屋火事

    豚屋火事から見た火災火災

    豚屋火事(ぶたやかじ)は1866年11月26日に横浜の関内で発生した火災。豚肉屋から出火したためこう呼ばれ、横浜開港から7年目の関内を焼尽した。別名関内大火。豚屋火事 フレッシュアイペディアより)

  • パイロットランプ

    パイロットランプから見た火災火災

    こういった様式の発達した理由は、まず通電中であるため感電の危険があることを知らせること、あるいは動作中であるため扱いに注意を要することを利用者に知らせるためである。例えば通電中の電気アイロンはうかつに発熱部分を触れば火傷するし、また放置すれば火災の危険が伴う。また事故は無くとも通電して電力を消費している状態のまま放置すれば、その電力のコストだけ無駄になりやすいため、節電の意味からもこの機能は重要である。パイロットランプ フレッシュアイペディアより)

870件中 51 - 60件表示

「火災」のニューストピックワード