1151件中 51 - 60件表示
  • 消防用設備

    消防用設備から見た火災火災

    火災を常時監視し、感知時にはベル等で警報を鳴らす設備。非常放送設備と連動し、音声で火災を報知するものもある。消防用設備 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄

    地下鉄から見た火災火災

    素材には外板には燃えにくい金属材料を使用するのはもちろんのこと、内装材にも不燃性、難燃性の素材が推奨されている。これは避難経路の限られた地下空間での火災の発生が大惨事を招く可能性が高いためである。しかし内装材については、日本などの一部の国を除いては依然として可燃性の素材が用いられていることが多い。中には古い全木製の車両が使われている路線もある。なお、地下鉄の運転士は、運転室と客室間の仕切り部分はカーテン(遮光幕)を閉めて運行する。まれに地下鉄であるが、一部地上区間にも駅がある路線が存在する。地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の消防

    日本の消防から見た火災火災

    日本における消防(しょうぼう)は、消防法第1条において「火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、火災又は地震等の災害による被害を軽減するほか、災害等による傷病者の搬送を適切に行い、もつて安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資することを目的とする」とされている。日本の消防 フレッシュアイペディアより)

  • 火災調査

    火災調査から見た火災火災

    火災調査(かさいちょうさ)とは、発生した火災の原因と損害を調査することである。火災調査 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E231系電車

    JR東日本E231系電車から見た火災火災

    車体形状は、製造した車両メーカーにより細部に差異が生じている。これは各車両メーカーが得意とする加工方法で車両の製造を行えるように若干の仕様の相違を許容しているためで、前述の量産効果に加えて車両製造コストの低減に寄与している。具体的には、近郊タイプおよび800番台では車体妻面部の処理・縦雨樋の形状・ドア横の柱の処理・内装の素材などが異なっている(下写真参照)。また、長期間にわたって製造が行われたため、同一のタイプ・番台においても製造時期により細かな仕様の変更(各車両連結部分への貫通扉の設置、傾斜式戸閉機構の採用、7人かけ座席間枕木方向へのつり革増設、火災対策としての天井整風板の素材変更など)が行われている。JR東日本E231系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 消防団

    消防団から見た火災火災

    火災や風水害等の災害、有事の際には、自宅や職場から 消防団の詰所(屯所)に配備されている消防車に乗り、または直接火災などの現場に駆け付け、消火活動を行う。初期消火活動を行ったり、周辺住民の避難誘導、住民の安否確認などを行う。消防団 フレッシュアイペディアより)

  • 災害医療

    災害医療から見た火災火災

    災害医療(さいがいいりょう)とは、狭義的には、災害(地震、火災、津波、豪雨水害・豪雪、火山噴火、または航空機事故などの大規模な事故、その他)により、対応する側の医療能力を上回るほど多数の医療対象者が発生した際に行われる、災害時の急性期・初期医療のことを指す。災害医療 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局10-300形電車

    東京都交通局10-300形電車から見た火災火災

    ATCの更新に伴い10-300形が営業運転に就き、編成に余裕が出たため、暫定編成を解いて当初の通り経年の低い中間車を組み込む正規編成化が行われた。新たに組み込まれた中間車は車体修繕と主制御器の更新修繕、火災対策に対応した改修工事を実施した。これに合わせて車両番号は10-300番台に改番されている。東京都交通局10-300形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 水上機

    水上機から見た火災火災

    8発のエンジンを持ち、当時としては世界最大だったカプロニCa 60 トランスアエロはこの種の大型旅客飛行艇としては初の物だったが、試験飛行に失敗して損傷、さらに修理する前に火災で焼失してしまい試作1機のみであったために事実上の失敗作となった。12発のエンジンを持ち、建造当時世界最大の航空機だったドルニエ Do Xは、水陸双方を通じてこれを上回る最大離陸(水)重量を持つ飛行機が長らく登場しなかった程大型旅客飛行艇として群を抜く存在であり、デモフライトで当時としては桁外れの人数を乗せて飛び評判を呼びはしたものの問題点も多く、大西洋を往復して見せたにもかかわらず、どこからも注文を得られないままに終わってしまった。しかしそのあとを追って次々に製作されたボーイング314、マーチンM-130、ショート・エンパイア、九七式輸送飛行艇といった大型旅客飛行艇は非常に成功した機体となり、太平洋や大西洋などの世界中の大洋を駆け巡った。水上機 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神・淡路大震災

    阪神・淡路大震災から見た火災火災

    特に神戸市の長田区においては、木造住宅が密集していた地域を中心に火災の被害が甚大だった。全体で7,000棟近い建物が焼失している。また、火災旋風は発生しなかったとされている。消防庁の資料によると、地震後に計285件の火災が発生している。うち7割は地震発生当日の火災だが、6時までの出火件数が87件と、地震発生から一定時間が経過した後の発生が相当数ある。出火原因が判明したのは全体の約半数で、最も多かったのが電気による発熱体の85件で、ガス関係の13件、火種関係の12件と続く。地震翌日以降の出火では、送電の再開に伴うものがかなりあったとされている。阪神・淡路大震災 フレッシュアイペディアより)

1151件中 51 - 60件表示

「火災」のニューストピックワード