1151件中 71 - 80件表示
  • 西川材

    西川材から見た火災火災

    西川材は江戸時代からの産業物であったが、主に地元界隈でふんだんに使用されていた。1629年荒川の瀬替えがされたのち、江戸では、火災が多発し、木材が足りなくなった。そこで、これらの地域を源流とする入間川や高麗川、越辺川から荒川を経て、大量の木材が運ばれた。又その木材を、江戸の西の川から運んだこともあり、いつしか「西川材」と呼ばれる様になった。西川材 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁造り

    真壁造りから見た火災火災

    真壁造り(しんかべづく-)は、木造建築の構造加構の一種で加構の柱を仕上げとして見せる工法である。関東大震災の際、地震後の火災によって大規模な二次災害が発生したことの反省から、建築基準法が施行される際、燃えにくい防火構造とすることが盛り込まれ、柱を燃えない材料で覆わなければならない(大壁造り)基準になっている。真壁造り フレッシュアイペディアより)

  • 機械警備

    機械警備から見た火災火災

    機械警備(きかいけいび)とは、警備員・守衛や用務員を置かず、代わりに警備対象施設にセンサーを設置して建造物侵入や火災等の異常を機械で察知し、その発報を遠隔地で受信し、警備員が現場へ急行し初期対応をとる形態の警備業務のことを指す。機械警備 フレッシュアイペディアより)

  • 火除地

    火除地から見た火災火災

    江戸の急速な発展により火災の危険が増大したとして、その延焼防止のために火除地を作る構想は早くから存在したとされているが、実際に実行されたのは明暦の大火による甚大な被害の後であった。同大火後に焼け跡5ヶ所を火除地に充てた他、以後も主として江戸城への類焼を防止する観点から江戸城の北西側を中心に少しずつ増やされて享保年間には13ヶ所にも増大された。火除地 フレッシュアイペディアより)

  • 等電位化

    等電位化から見た火災火災

    雷サージは電力、通信線のみならず、金属製の水道管やガス管などでも問題であり、これらを伝って建築物などに侵入、放電などによる火災を生じさせることもある。等電位化 フレッシュアイペディアより)

  • 明日もひまわり荘!

    明日もひまわり荘!から見た火事火災

    女子大生・みずきは大学入学2日目にして入居したばかりのアパートが火事で全焼するというハプニングに見舞われ、キャンパス内でテント暮らしをしていた。そんな状況を見かねた大学職員・笹井は彼女にキャンパスのすぐ裏にある「ひまわり荘」という下宿を斡旋することとなった。「管理人のお手伝い」をすることで格安の家賃で住めるというこの下宿には、女性管理人・はなを始め、強烈な個性の住人が住んでいた…。明日もひまわり荘! フレッシュアイペディアより)

  • 危険物安全週間

    危険物安全週間から見た火災火災

    1990年(平成2年)1月19日に消防庁により毎年6月の第2週の1週間(日曜日から土曜日まで)と定められた。これは気温が高くなり危険物の自然発火による火災が多くなる夏季を目前にした6月初旬に啓発活動を行うためである。危険物安全週間 フレッシュアイペディアより)

  • サマリウムコバルト磁石

    サマリウムコバルト磁石から見た火災火災

    水分が十分に飛んでいて表面が研磨されている状態であれば、低い温度で発火することがあるため火災に注意する必要がある。サマリウムコバルト磁石 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・バルレリエ

    ジャック・バルレリエから見た火事火災

    パリで生まれた。1634年に医師の資格を取った後、聖職者に任じられた。余暇に植物学の研究を行い、プロヴァンス、ラングドック、スペイン、イタリアを訪れた。23年間ローマに滞在し、ローマに植物園を作った。ローマで『世界の庭園』("Hortus Mundi" または "Orbis Botanicus")の執筆を行い、出版のために多数の銅版図を製作した。この本はバルレリエがパリに戻り病没することにより完成することはなかった。火事で原稿は失われ、銅版だけが残り、30年後、アントワーヌ・ド・ジュシューによって、『フランス、スペイン、イタリアの植物図』(Icones Plantarum per Galliam, Hispaniam et Italiam observatæ)として出版された。324のフランス、スペインの植物図と1932のイタリアの植物図にはそれまで知られていない数百種の植物が含まれていた。シャルル・プリュミエによってキツネノマゴ科の亜科(Barleria)に献名された他、多くの植物の学名にバルレリエの名(barrelieri)に献名されている。ジャック・バルレリエ フレッシュアイペディアより)

  • 第2海兵歩兵落下傘連隊

    第2海兵歩兵落下傘連隊から見た火災火災

    連隊は、フランスの海外県の主権確保、同地域の国民及び権益の保護(火災やサイクロン警戒など災害対策、住民対立に対する抑止力も含む)、軍の海外展開における拠点として一定の整備能力及び環境適応訓練が実施できるようにすることである。(特に、東南アジア、インド洋沿岸及び中部アフリカに対する緊急展開)第2海兵歩兵落下傘連隊 フレッシュアイペディアより)

1151件中 71 - 80件表示

「火災」のニューストピックワード