870件中 81 - 90件表示
  • 光明寺村女工焼死事件

    光明寺村女工焼死事件から見た火災火災

    1900年1月23日午前3時頃、光明寺村の織物工場で火災が発生した。工場の2階に寄宿していた女工49名のうち18名は脱出できたが、残りの31名が逃げ遅れて焼死した。女工たちの遺体は猛火に焼かれて完全に炭化しており、肉親でも見分けがつかないほどであったという。光明寺村女工焼死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 薬王寺 (東金市)

    薬王寺 (東金市)から見た火災火災

    江戸時代延享年間(1744年?1748年)に火災により古記録を失ってしまったことから創立年代等については不詳であるが、言い伝えによれば鎌倉時代の日蓮宗の僧日常(富木常忍)により創建されたという。薬王寺 (東金市) フレッシュアイペディアより)

  • 寅助火事

    寅助火事から見た火災火災

    文久2年(1862年)2月7日正午頃に、鍛冶屋町にある鉄砲鍛冶の恒松寅助の家から出火した火災で、空気の乾燥した時期であった事、西北から強風が吹いていた事も手伝い、火は忽ちの内に川北から更に球磨川を越えて人吉城内にまで飛び火、650年以上に及ぶ相良氏の人吉治世下に於いて未曾有の大火災となった。寅助火事 フレッシュアイペディアより)

  • 震災復興公園

    震災復興公園から見た火災火災

    大正12年(1923年)の関東大震災による被害状況を受けて、帝都復興院総裁となった後藤新平(内務大臣を兼務)を中心とする政府主導で計画された震災復興再開発事業は、東京市の防災都市化にその主眼を置いていた。特に地震によって発生した火災による被害は甚大であり、延焼を食い止める防火帯の設置が重要な課題となった。昭和通りなどの幅員の広い幹線道路の建設と並んで、公園の確保に重点が置かれ、復興局公園課の折下吉延らにより、東京に三大公園(隅田公園、浜町公園、錦糸公園)が設置された。中でも隅田公園は、近世以来の名所であった桜堤と旧水戸藩邸の日本庭園を取り込み、和洋折衷の大規模な公園となった。三大公園には含まないが、昭和5年(1930年)に完成した横網町公園には、関東大震災の身元不明遺骨を納める震災記念堂と復興事業に関する資料を保存・展示する復興記念館が建設され、メモリアルパークの役割を果たしている。また、井下清率いる東京市公園課は、小学校を不燃化、耐震化された鉄筋コンクリートの校舎にして、小公園を併設させることにより防火帯と避難施設の役割を持たせようとした。これにより、小学校とセットになった小公園が東京市内52箇所に設置され、各地域における防災都市としてのシンボルとした。小公園は、隣接する小学校の校庭を兼ねるとともに、地域コミュニティの中心的存在となっていく。震災復興公園 フレッシュアイペディアより)

  • 下田中城

    下田中城から見た火災火災

    その後、下田中城は再び北畠氏に復したようだが、天文年間に荒木村重によって滅ぼされ、下田中城も兵火により廃城となったと考えられている。永禄7年(1564年)に、下田中城の南側にある丘陵に菅原道真を祀っている天満神社があったが天文年間に下田中城と共に焼失した。しかし山崎垣政がその社殿を増築し城の鎮守としたとの伝承があるが、これは下田中城の再興ではなく、天満神社より更に南西にある三田市寺村町周辺の立石城の事であると考えられている。ちなみにこの天満神社は、後にこの地域を支配する九鬼氏の祈祷所として社域を改修した。この天満神社は近年火災で焼失している。下田中城 フレッシュアイペディアより)

  • 煙突化

    煙突化から見た火災火災

    煙突化(えんとつか)、または煙突化現象(えんとつかげんしょう)とは、建造物の構造上において、本来は煙突では無い場所が、火災による上昇気流の発生に拠って、煙突の様に機能してしまう現象を指す。煙突化 フレッシュアイペディアより)

  • 防災倉庫

    防災倉庫から見た火災火災

    いずれも火災・震災・洪水などが発生しても、その被害を受けにくい場所に設けられ、またはその被害を受けない構造をしており、これら防災倉庫が、災害発生時に被災者の生命や財産を守る物資を提供する。特に日本では古くより大規模火災や地震・水害により、多くの人命が失われた事もあり、全国各地にこのような設備が存在する。また関東から東海にかけての地域など、東海地震・東南海地震といった大地震が予想される地域では、企業などでも独自に防災倉庫を設置する所も多い。防災倉庫 フレッシュアイペディアより)

  • スイスファミリー・ツリーハウス

    スイスファミリー・ツリーハウスから見た小火火災

    2008年1月3日、小火が発生し、わらぶき屋根の部分、約17平方メートルを焼いた。この小火によるけが人はいなかった。1983年の開業以来、パーク内のアトラクション施設で営業中に火災があったのは初めてである。また、小火の原因については、公表されていない。スイスファミリー・ツリーハウス フレッシュアイペディアより)

  • BLEVE

    BLEVEから見た火災火災

    加圧容器に貯蔵されている液体物質は、その時の気液平衡状態にあるが、火災により容器が加熱されていると容器内の液体は、その物質の大気圧のもとでの沸点より十分に高い温度まで加熱され、圧力も高くなる。この状態で容器が破裂すると容器内部の圧力は瞬間的に大気圧にまで低下する。BLEVE フレッシュアイペディアより)

  • 第2海兵歩兵落下傘連隊

    第2海兵歩兵落下傘連隊から見た火災火災

    連隊は、フランスの海外県の主権確保、同地域の国民及び権益の保護(火災やサイクロン警戒など災害対策、住民対立に対する抑止力も含む)、軍の海外展開における拠点として一定の整備能力及び環境適応訓練が実施できるようにすることである。(特に、東南アジア、インド洋沿岸及び中部アフリカに対する緊急展開)第2海兵歩兵落下傘連隊 フレッシュアイペディアより)

870件中 81 - 90件表示

「火災」のニューストピックワード