前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示
  • 火災

    火災から見た新日本製鐵

    2008年7月29日-8月5日-新日本製鐵八幡製鐵所コークス炉設備・可燃性ガス火災。(死者0人)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た出光興産

    2003年9月26日-28日-出光興産北海道製油所タンク火災(死者0名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た大阪市交通局

    地下施設-地下街や地下鉄は人が集まり、煙も地上施設に比べてたまりやすいためにパニックや将棋倒しになりやすい。従業員・係員の指示に従って冷静に避難することが大事である。特に列車乗車中に火災に遭遇した場合、安易なドアコックの操作は厳に慎まなければいけない。ドアコックを操作するとドアを手動であけることが出来るようになるが、これを作動させると運転士が異常を感知して列車を直ちに停止させてしまう。この場合、運転士・車掌は火災のために停車したということが分からず、迅速な対策がとれない。また停止場所がトンネル内や鉄橋上である場合には避難・消火の大きな妨げになるので、列車内での火災を発見した場合はまずは運転士もしくは車掌に連絡し指示を仰ぐことが大切である。近年、最前部・最後部まで行かなくとも連絡をつけられる対話式の車内非常通報装置(SOSボタン)が普及しつつある、この装置もボタンが押された場合は停止義務があるが、火災だとわかるとすぐに運転を再開でき、安全な場所まで運行したうえで避難できるのが大きな違いである。たとえば、大阪市交通局では地下鉄乗車中に火災に遭遇した場合には、安全な車両に移動したうえで、非常通報装置を使って乗務員に連絡を取り、車内に備え付けの消火器を用いて初期消火を行うべきだとの見解を示している。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た新潟市

    1955年10月1日-新潟大火(新潟市、行方不明者1名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た阪神・淡路大震災

    木造家屋が多い日本では江戸時代より大火が多く、明暦の大火など江戸市街の相当部分を焼失する火災がしばしば発生した。近代では函館市の大火(1907年、1934年)や、1923年の関東大震災、1945年の東京大空襲、1995年の阪神・淡路大震災による大火が有名である。地震や空襲による火災は複数箇所で火災が発生し、延焼地域が繋がって大火に至る場合が多い。プロパンガスを使用している場合や燃料など可燃物を設置している場合などは、ボンベの爆発等による危険を伴う。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た神戸市

    1968年11月2日-池之坊満月城火災(神戸市、死者30名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た横浜市

    1951年4月24日-桜木町事故(横浜市、死者106名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た地震

    木造家屋が多い日本では江戸時代より大火が多く、明暦の大火など江戸市街の相当部分を焼失する火災がしばしば発生した。近代では函館市の大火(1907年、1934年)や、1923年の関東大震災、1945年の東京大空襲、1995年の阪神・淡路大震災による大火が有名である。地震や空襲による火災は複数箇所で火災が発生し、延焼地域が繋がって大火に至る場合が多い。プロパンガスを使用している場合や燃料など可燃物を設置している場合などは、ボンベの爆発等による危険を伴う。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た函館市

    木造家屋が多い日本では江戸時代より大火が多く、明暦の大火など江戸市街の相当部分を焼失する火災がしばしば発生した。近代では函館市の大火(1907年、1934年)や、1923年の関東大震災、1945年の東京大空襲、1995年の阪神・淡路大震災による大火が有名である。地震や空襲による火災は複数箇所で火災が発生し、延焼地域が繋がって大火に至る場合が多い。プロパンガスを使用している場合や燃料など可燃物を設置している場合などは、ボンベの爆発等による危険を伴う。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たプロパンガス

    都市ガス、プロパンガスなどの可燃性ガスでの火災。火災 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
211件中 1 - 10件表示

「火災」のニューストピックワード