211件中 21 - 30件表示
  • 火災

    火災から見た川崎市

    1966年1月9日-金井ビル火災(川崎市、死者12名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たハンカチ

    初期消火は消火器や水に頼らなくとも、座布団でたたく、毛布をかぶせるなどの方法もある。しかし、天井などに燃え移り手に負えないと判断した場合は速やかに避難を開始しなければならない。避難を開始する際には火元の部屋のドアや窓は極力閉めて、空気を断ち火勢を弱め、煙を遮断しておく。火災では炎そのものも恐ろしいが、それ以上に煙が有害となることが多い。煙は視界を遮って避難の妨げやパニックを起こす他にも、有毒な一酸化炭素やシアン化水素を含み、吸い込むと命にかかわる。煙をいかに回避して避難するかがカギになるといえよう。そのためにはハンカチや服の袖口で口と鼻を覆いながら、姿勢を低くして壁伝いに水平方向か下方向へ逃げることである。これにはいくつか理由がある。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た東京大空襲

    木造家屋が多い日本では江戸時代より大火が多く、明暦の大火など江戸市街の相当部分を焼失する火災がしばしば発生した。近代では函館市の大火(1907年、1934年)や、1923年の関東大震災、1945年の東京大空襲、1995年の阪神・淡路大震災による大火が有名である。地震や空襲による火災は複数箇所で火災が発生し、延焼地域が繋がって大火に至る場合が多い。プロパンガスを使用している場合や燃料など可燃物を設置している場合などは、ボンベの爆発等による危険を伴う。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たロンドン

    ロンドンやシカゴ、サンフランシスコなど、歴史上には大都市が大火に見舞われて甚大な被害に遭った事例が少なからず存在する。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た歌舞伎町ビル火災

    2001年9月1日-歌舞伎町ビル火災(東京都新宿区、死者44名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た静岡市

    1979年7月11日-日本坂トンネル火災事故(静岡市及び焼津市、死者7名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た大阪市

    2008年10月1日-大阪個室ビデオ店放火事件(大阪市浪速区、死者16名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た和歌山市

    1971年1月2日-寿司由楼火災(和歌山市、死者16名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た無職

    火災による死者は、高齢者になるほど多くなる。年齢階層ごとに火災で死亡する確率を求めると、40歳を超えた辺りから、年齢に比例して死亡確率が高くなっている。これは、加齢するに従い、判断力や身体機能が衰えるからだと考えられている。ただし、直近の傾向として無職や独身住まいの男性熟年層(45?64歳)の死亡者数が急増していることが、消防庁の調査で判明している。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た雲仙岳

    1991年6月3日-雲仙岳の火砕流(長崎県島原市、死者44名)火災 フレッシュアイペディアより)

211件中 21 - 30件表示

「火災」のニューストピックワード