222件中 21 - 30件表示
  • 火災

    火災から見たエレベーター

    エレベーター - 地震の時と同様止まったり閉じ込められる可能性があるので使ってはならないとされる。ただし、給電や配電に火事対策が取られた非常用エレベーターというものが存在し、高さ31m以上、もしくは11階建て以上の建築物には消防法で設置が義務付けられている。もっとも、これは高層建築での火災時に消防隊員が迅速に突入するためのものであり、設置場所も一般利用者には目につきにくい場所のことも多い。このため避難する際にはこれを積極的に使うことを考えるよりも、非常口から避難階段・外階段に出たほうが賢明である。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た東北地方

    火災による死者は、高齢者になるほど多くなる。年齢階層ごとに火災で死亡する確率を求めると、40歳を超えた辺りから、年齢に比例して死亡確率が高くなっている。これは、加齢するに従い、判断力や身体機能が衰えるからだと考えられている。ただし、直近の傾向として無職や独身住まいの男性熟年層(45〜64歳)の死亡者数が急増していることが、消防庁の調査で判明している。火災発生率の地域的な傾向を見ると、北陸地方では特に低く、東北地方では特に高くなっているが、その原因はよく判っていない。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た函館市

    1934年3月21日 - 函館大火(函館市、死者2,166名、焼損棟数11,105棟)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た長崎市

    2000年2月 - 長崎県池島炭鉱の坑内火災(長崎市火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た独身

    火災による死者は、高齢者になるほど多くなる。年齢階層ごとに火災で死亡する確率を求めると、40歳を超えた辺りから、年齢に比例して死亡確率が高くなっている。これは、加齢するに従い、判断力や身体機能が衰えるからだと考えられている。ただし、直近の傾向として無職や独身住まいの男性熟年層(45〜64歳)の死亡者数が急増していることが、消防庁の調査で判明している。火災発生率の地域的な傾向を見ると、北陸地方では特に低く、東北地方では特に高くなっているが、その原因はよく判っていない。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た熊本市

    1973年11月29日 - 大洋デパート火災(熊本市、死者104名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た大阪此花区パチンコ店放火殺人事件

    7月5日 - 大阪此花区パチンコ店放火殺人事件(大阪市此花区、死者4名、負傷者19名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た落雷

    火災の多くは放火やタバコの不始末などの犯罪や過失、電気コードのショートといった人工物の不具合などが原因で起こり、落雷や火山の噴火、乾燥した自然林が倒れる等の自然現象を原因とする場合もある。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たハンカチ

    初期消火は消火器や水に頼らなくとも、座布団でたたく、毛布をかぶせるなどの方法もある。しかし、天井などに燃え移り手に負えないと判断した場合は速やかに避難を開始しなければならない。避難を開始する際には火元の部屋のドアや窓は極力閉めて、空気を断ち火勢を弱め、煙を遮断しておく。火災では炎そのものも恐ろしいが、それ以上に煙が有害となることが多い。煙は視界を遮って避難の妨げやパニックを起こす他にも、有毒な一酸化炭素やシアン化水素を含み、吸い込むと命にかかわる。煙をいかに回避して避難するかがカギになるといえよう。そのためにはハンカチや服の袖口で口と鼻を覆いながら、姿勢を低くして壁伝いに水平方向か下方向へ逃げることである。これにはいくつか理由がある。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たヒガンバナ

    ヒガンバナの花を持って帰ると火事になると言われる。花の色形が炎のように見えることから。火災 フレッシュアイペディアより)

222件中 21 - 30件表示

「火災」のニューストピックワード