211件中 31 - 40件表示
  • 火災

    火災から見た夕張市

    1981年10月16日-北炭夕張新炭鉱ガス突出事故による坑内火災(北海道夕張市、死者93人)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たエレベーター

    エレベーター-地震の時と同様止まったり閉じ込められる可能性があるので使ってはならないとされる。ただし、給電や配電に防火対策が取られた非常用エレベーターというものが存在し、高さ31m以上、もしくは11階建て以上の建築物には消防法で設置が義務付けられている。もっとも、これは高層建築での火災時に消防隊員が迅速に突入するためのものであり、設置場所も一般利用者には目につきにくい場所のことも多い。このため避難する際にはこれを積極的に使うことを考えるよりも、非常口から避難階段・外階段に出たほうが賢明である。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た京都市

    火除けの札-京都の愛宕神社のものなど。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た東北地方

    火災発生率の地域的な傾向を見ると、北陸地方では特に低く、東北地方では特に高くなっているが、その原因はよく判っていない。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た新宿西口バス放火事件

    1980年8月19日-新宿西口バス放火事件(死者6名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た消火器

    初期消火は消火器や水に頼らなくとも、座布団でたたく、毛布をかぶせるなどの方法もある。しかし、天井などに燃え移り手に負えないと判断した場合は速やかに避難を開始しなければならない。避難を開始する際には火元の部屋のドアや窓は極力閉めて、空気を断ち火勢を弱め、煙を遮断しておく。火災では炎そのものも恐ろしいが、それ以上に煙が有害となることが多い。煙は視界を遮って避難の妨げやパニックを起こす他にも、有毒な一酸化炭素やシアン化水素を含み、吸い込むと命にかかわる。煙をいかに回避して避難するかがカギになるといえよう。そのためにはハンカチや服の袖口で口と鼻を覆いながら、姿勢を低くして壁伝いに水平方向か下方向へ逃げることである。これにはいくつか理由がある。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たストーブ

    まずは炎の発生を予防することが大事である。まずは直接的に炎を扱うこと(例:タバコ・ストーブ・料理)は、基本的に眼の届く範囲で行うということである。これに従えば、寝たばこや、子供に火遊びをさせない(保護者の目の届かない範囲である)ということになろう。この考えは予防以外にも役に立つ。というのは火災では初期消火の大切さが常々訴えられており、万が一出火してしまったときでも、目の届く範囲ならば迅速な消火活動により被害を軽微にすることが可能だからである。また、炎だけでなく、可燃物に対する意識も重要である。これは火災が放火や漏電などで引き起こされることがあるためである。生ゴミや灯油類は屋外に置かず、また配電設備は時々清掃(埃を拭き取るなど)を行うことが望ましい。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た長崎市

    2000年2月-長崎県池島炭鉱の坑内火災(長崎市火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た炭鉱

    1874年-新疆ウイグル自治区のリュウファンゴウ(硫黄溝炭田)炭鉱で起きた火災。130年間燃え続け2004年に鎮火火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た高齢者

    火災による死者は、高齢者になるほど多くなる。年齢階層ごとに火災で死亡する確率を求めると、40歳を超えた辺りから、年齢に比例して死亡確率が高くなっている。これは、加齢するに従い、判断力や身体機能が衰えるからだと考えられている。ただし、直近の傾向として無職や独身住まいの男性熟年層(45?64歳)の死亡者数が急増していることが、消防庁の調査で判明している。火災 フレッシュアイペディアより)

211件中 31 - 40件表示

「火災」のニューストピックワード