222件中 31 - 40件表示
  • 火災

    火災から見た北九州市

    7月29日から8月5日 - 新日本製鐵八幡製鐵所コークス炉設備・可燃性ガス火災(福岡県北九州市、死者は無し)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た歌舞伎町ビル火災

    2001年9月1日 - 歌舞伎町ビル火災(東京都新宿区、死者44名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た静岡市

    1979年7月11日 - 日本坂トンネル火災事故(静岡市及び焼津市、死者7名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た和歌山市

    1971年1月2日 - 寿司由楼火災(和歌山市、死者16名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たソウル市

    1971年12月25日 - 大然閣ホテル火災(韓国ソウル市火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た京都市

    火除けの札として、京都の愛宕神社のものなど。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た焜炉

    日本での主な出火原因は、上位から放火(放火と疑わしいものを含める)、煙草、焚き火、焜炉である。平成26年版消防白書に示される出火原因において、2013年中の総出火件数4万8,095件のうち、失火による火災は3万2,128件(全体の66.8%)であり、失火の多くは火気の取扱いの不注意や不始末から発生している。主な内訳は以下である。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た

    建物の屋根や壁に「」と書いておく、または、水に関連した魚、巴などを飾りとしておくと火災にならないとされる。日本の城の鯱もそのひとつ。逆に日本の木造建物には火を連想させる装飾は少ない。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た新宿西口バス放火事件

    8月19日 - 新宿西口バス放火事件(東京都新宿区、死者6名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た消火器

    初期消火は消火器や水に頼らなくとも、座布団でたたく、毛布をかぶせるなどの方法もある。しかし、天井などに燃え移り手に負えないと判断した場合は速やかに避難を開始しなければならない。避難を開始する際には火元の部屋のドアや窓は極力閉めて、空気を断ち火勢を弱め、煙を遮断しておく。火災では炎そのものも恐ろしいが、それ以上に煙が有害となることが多い。煙は視界を遮って避難の妨げやパニックを起こす他にも、有毒な一酸化炭素やシアン化水素を含み、吸い込むと命にかかわる。煙をいかに回避して避難するかがカギになるといえよう。そのためにはハンカチや服の袖口で口と鼻を覆いながら、姿勢を低くして壁伝いに水平方向か下方向へ逃げることである。これにはいくつか理由がある。火災 フレッシュアイペディアより)

222件中 31 - 40件表示

「火災」のニューストピックワード